シルクロードS 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

シルクロードS 2020【回顧】大外強襲もOKなトラックバイアスが生んだ豪快決着

読了までの目安時間:約 3分

 

想像されていたような差し競馬になり、残り200を切ってからは、完全に外を見た方が待ち望んだ答えがよく見える展開となった。

前走で驚きの決め手を発揮した上り馬の4歳馬エイティーンガールとナランフレグは、申し合わせたような直線一気で、きっちりと力を示した。

 

決して大外強襲も無理ではないトラックバイアスの状態だから、豪快さではかつてのティーハーフとも双璧に思えるナランフレグと丸田騎手は、いい競馬だったろう。

 

それより枠も内で、真ん中に進路をとったエイティーンガールも、オープンクラスでほとんど初めてという競馬であるから、四位騎手の決め打ちも見事にハマったという感じ。

 

この2頭の今後は、道悪とか荒れ馬場とかそういう場面だけの好走機会とはならないはずだ。

 

荒れ馬場で期待のベテランは、ことごとく惨敗である。

若い馬だけに、未来は明るい。

 

しかし、同期のアウィルアウェイはかつてのクラシック候補。

役者が違った上に、展開もピタリ。

若い時にデムーロ騎手が仕込んだ決め手を、ようやく発揮できるようになった。

 

ヨハネスブルグにゴールドアリュールというのがライバルとなった面々の父。

でも、こちらはかつてワールドクラスのワンダーホースになったジャスタウェイが父という血統背景が武器。

母系も高齢まで渋といリアルインパクトの一族だ。

 

川田騎手がなかなかGⅠで勝てずに、暮れになってから軌道に再度乗ってきたようで、今週で騎乗は一旦休止となるマーフィー騎手に代わって、来週にはリーディングになる状況。

 

4歳牝馬で55をこなしたから、実績では少し逆転されたディアンドルより、有意義な秋を経ることで、この結果に繋げられたという幸運も、しっかりと活かしていきたい。

 

モズスーパーフレアは見た目はタレているが、外が伸びる馬場だから、良の1分9秒台の決着で惨敗ではなかったのは素晴らしい。

藤沢勢の当面のライバルは、やはり彼女であろう。

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方