ラジオNIKKEI杯京都2歳S 2019年 予想

競馬予想ブログ JUST

ラジオNIKKEI杯京都2歳S 予想 – 武豊と欧州のトップ騎手を狙うのが基本戦略

読了までの目安時間:約 3分

 

2戦続けて圧勝のマイラプソディが、このレースが重賞昇格した14年のティルナノーグと似ていなくもないと思えた時点で、急に他の馬が怖く感じた。

その時は2勝馬のベルラップがシュヴァルグランらを封じたわけだが、まだ若かったビュイック騎手の巧みなリードも光った。

武豊と欧州のトップ騎手を狙うのが基本戦略。

今年もスミヨンとマーフィーがいるから安心だ。

ここはマーフィー騎手のミヤマザクラから。

藤原厩舎の良血馬で藤岡兄を配してきたのは意外だった札幌では、初戦が既に2勝のホウオウピースフルが、その他良血馬もろとも一刀両断。

うまく仕掛けていなかったのもあるが、クロフネの一族だけに、ズブの側面は皆が隠し持っている。

2戦目はタフな中1週でも、そうした面がフルに活きて、4角で勝負ありの手応え。直線は独走だった。

全兄マウントロブソン、甥のグリュイエールなどは早くから活躍したが、どういうわけだか、ミスパスカリのディープの牝馬はいなかった。

仔出しがいい割に…、とは馬でも失礼になるだろうが、なまくらな一面がクロフネの幻影となって成長を邪魔したとするなら、牝馬で、ミヤマザクラのように中型に出れば、少なくとも使うことへの躊躇は出てこない。

タフさを証明し、近年の傾向通りに、洋芝や道悪で結果を出してきた馬に有利な2回開催の最終週の馬場も大きな味方。

どちらかと言えば、アメリカンタイプに属する配合は合わないようで、2000Mという距離も影響してか、ダート適性のある血統の馬も荒れ馬場を好走要因としている。

タフな牝馬に持続力勝負歓迎の牡馬もかなりの強敵。

ここは牡牝の問題ではなく、真のスケール感が試されることだろう。

ただ、昔のOP特別時代と一緒で、負けている馬も出世する。

後のGⅠ馬が負け、ここを勝つとそれが勝てない。

マイラプソディの最低目標は、2か3の好走実績を作ることになる。

そんな結果を、陣営は望んでいないだろうが…。

◎ミヤマザクラ

○ロールオブサンダー

▲マイラプソディ

△トウカイデュエル、ヒシタイザン

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方