血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

今日のアーモンドアイ

読了までの目安時間:約 2分

 


トライアルシーズンを迎え、新人騎手たちが続々勝ち上がるなど、若手の活躍が意外なほど目立っている状況で、もはや、日本競馬のためだけに走るわけではないという立場になった我らがアーモンドアイの、ドバイ遠征前最終調整が、美浦のウッドチップコースで行われた。

 

「(早朝で)暗くて気を使っている感じはあったけど、よかったですよ」

国枝栄調教師も、順調さをアピールする。

4F56.2秒はいささか軽めにも映るが、

「順調に調教できているし、概ねいいんじゃないかな」

と、出国検疫と現地調整まで見据えた作りであることを、暗に示した。

20日の水曜日に出国の予定で、30日のドバイターフに向け、ここまでは大きなアクシデントなく、臨戦態勢は順調に整っているようだ。

 

かつての小回りだったドバイデューティフリー<ナドアルシバ1777M>では、ウオッカが散々苦しめられ、東京での彼女の姿とはまるで別の馬にも見えることがあった。

ところが、メイダン競馬場に移ってからの10年。

欧州や南半球の猛者が集うハイレベルレースであることに変化はないものの、ダートの外に敷設される、日本と同じ芝コースの作りに変化し、1800Mのワンターンの競馬になってからというもの、日本から年々、当たり前のように上位好走馬を送り込むようになっていった。

 

ジャスタウェイの衝撃的圧勝から数えること3つの勝利は、各馬の前後の実績から見ても、誰も疑う余地のない必然の結果であった。

もちろん、ワンターン専門家の出番となったからこその好相性とも言えるわけだが、今は日本馬のターンである。

ジャスタウェイ級かそれ以上のスケール感を誇るアーモンドアイならば…。

 

ニュース

新馬回顧<3/16>

読了までの目安時間:約 3分

 


<牡馬クラシック裏展望>

この世代最後の新馬戦も、また対照的な展開に。

力勝負で小柄な2頭が叩き合った阪神1800戦は、わずかに外から来たキャノンバローズが先着。

2着のダイワメジャーの女の子がどうこうということはないが、勝ち馬に関しては、エンパイアメーカー×ディープで、伯父がオリエンタルロックという背景も含めて、ダート馬と決めつける段階ではないだろう。

一方、中山では今週も圧勝馬が登場も、伏兵のルーラーシップ・ブラックヘイローの快勝で、断然人気馬が馬券外。

芝デビューからオープン連続好走後、ダートに転じて、道営札幌時代の北海道スプリントCを制したハリーズコメットの近親だから、こちらは専門家に育つだろう。

 

さて、2月辺りとは一変、コース特性もあってか、牡馬の注目馬が急増の3歳路線。

ただ、伏兵候補が多すぎて、昔取った杵柄で偉そうにしている輩が、本番でひどい目に遭いそうな展開は織り込み済みという状況に、まだ変化はなし。

 

早い段階での期待よりは、ブラストワンピースタイプの選別が、この時期に目立つ馬では吉と出るはずだ。

まずは、中山で2勝目を挙げたフォッサマグナ。

掛け値なしでも期待の大きかった共同通信杯組ではあるが、それを差し引いても、ポテンシャル同格のタニノミッションに自由をさせなかった勝ち方は、評価できる。

バランスラップで適当に時計がいいというのも、血統背景からすると、むしろ条件問わずの箔がついた。

 

アルメリア賞勝ちのランスオブプラーナは、きさらぎ賞の3着馬でもある。

1800で連続好走。ケープブランコで渋いエスサーディ系では人気馬にはならないが、平坦巧者に転ずるのが遅れただけでも、価値ある勝利だ。負かした相手も、今後伸びてきそうな血統馬だった。

また、ホエールキャプチャの近親で中京マイル連勝のピースワンパラディも面白い。

 

あとは、トーセンラー産駒の2勝馬ザダルと、2戦目で楽勝のトーセンスカイは魅力がある。

前者はワグネリアンに似た配合、後者もステイインシアトルの下と、追いかける価値が出そう。

トライアル組では、猛ペースでの激走追い込みはありそうな若葉Sのワールドプレミアを挙げる。

 

レース回顧

スプリングS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


パドック気配から、ファンタジストの武豊騎手が前に行かせる策は見えなかった。

そして、筆者が期待したような競馬にはならなかっただけではなく、逃げ馬がそれなりにいた中でのクリノガウディーの逃げが、誰にも読めなかった。

ペースは作ったが、筆者の考えた通りに道中の抑え込み方が重要で、溜めを利かせた逃げという策は、今の彼にはまだ合わなかった。

 

だから、ペース云々ではなく、ミナリクがペースというところに主眼を置かず、やや作りすぎた感も否めないヒシイグアスに対するアプローチが優しすぎたから、これも直線では見せ場を作るところまでいかず。

結果的に、どの馬が差してくるかという大方の見立てが正しかったという展開になり、溜めて距離適性の幅を何とか広げたいという展望のあったファンタジストは、さすがの武豊という追い込みで連絡みまで持ち込むも、もう一頭踏ん張った馬がいて…。

 

何となく、最近は芦毛の馬が強いという印象が強いこのレースを、伏兵のクロフネ産駒・エメラルファイトが、うまく溜めを利かせた末脚で勝ち切った。

前日のフラワーCが派手だったので、タイムも内容も牡馬としては大分見劣るものの、若い関東馬にしては積極的な連続関西輸送を課された後の、中山での勝利。

クリノガウディーの2戦目東京遠征のような策と同じように、早めに将来性を見極めた輸送慣れの自助努力は、ガウディーが既に実績馬になり、試走の雰囲気漂う作りだった時点で、チャンス拡大の潮目があったということだろう。

 

自厩舎の馬で、それもクラシックトライアルを制す。

石川騎手はずっとこのエメラルファイトに乗っているようだ。

それも毎日だという。思いも一入、とはまさにこのこと。

 

最初から混戦模様の最終トライアルだっただけに、前述の遠征の際には、石川騎手が乗っていないということで、その勝負に対する意欲も負けていなかった。

勝ち切れなかった、石川騎手と挑んでオープン2戦で好走止まりだった中で、前走の2勝目をしっかりと景気づけとして、確実なトライアル出走のお膳立てで、しっかりと持ち味の渋とい末脚を引き出したのだから、文句なしである。

 

それぞれに陣営には、クラシック出走に懸ける思いがあっただろうが、ヒシイグアスのようにうまくいかないこともあれば、同じ関東馬でも他との違いを見出すことで、結果に繋げることもできたりするのだ。

国枝厩舎のディキシーナイトもその一頭か。

中山の2000Mで初勝利後、マイルに止まらず、前走は1400のクロッカスSで人気に応えた後の、あわやの3着。

伏兵として大いに価値ある3着だった父ダイワメジャーの出た04年もそうだった。

みんなが弥生賞だとか、そのほかのレースに目がいっているところで、地味でも何かいい結果を残すことで、本番で爪痕を残せるようなチャンスを得るということ。

 

血統以上の魅力を感じさせた急進勢力のニシノカツナリ以外、大体人気の通りの結果だったから、僅かな間隙をついた面々の頭と首の差の勝負に、勝ち組の争いという副題を与えることはしてもいいのかもしれない。

ただし、ヒシイグアスがうまくいかなかったように、好走馬に本番での可能性の詮索は、ここ以上に難しいことが明らかになった。

あれとここでいい勝負で、ここでは格上…。そういう論理は、本番前までの屁理屈にしかならない。

 

やけに大物感を見せながら、人気の通りにしか走らなかったリバーシブルレーンの将来性に期待しつつ、プラス10kgに、実はNHKマイルCへの展望を覗かせたファンタジストの、テレグノシス的快走も望める感じはしないではない。

いずれにせよ、皐月賞云々というメンバーではないだろう。

 

レース回顧

フラワーC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


<土曜メイン回顧>

スタートが全てという競馬。おかげで60秒台の5F通過。

勝負はあっさり決してしまった。

これもルメールさんの功績である。

 

勝ったコントラチェックは、姉のバウンスシャッセというよりは、ルメール騎手が乗って重賞を制した兄のムーンクエイクに、気性的にはよく似ている面があるだろう。

しかし、それはあくまでサイドの話。

コントラチェックの才覚を2戦目で見抜き、3戦目の中山マイルで、負けながらも特性を全て把握したルメール騎手が、前回作った厳しいラップでの押し切りから、同じような冬から春への休み明けで参戦となったエールヴォアと、スタートの安定感からして、違うスタイルを生み出した。

 

乗っているだけでよかった丸山騎手も、この日ようやく春の訪れを実感しただろうミルコ騎手も、今回が初騎乗。

しかし、作り上げるタイプの馬か、できるだけ才能で勝負すべき馬かの差で、丸山騎手の無駄のない合理的積極策により、その他12頭は何もさせてもらえなかったのだ。

元来、常識にかかってくるというフレーズが飛び出すまで時間を要することの多いサッカーボーイ一族のエールヴォアは、今回はのんびりしすぎていた。

彼女は相手に関係なく走るから、連対できた価値を今後は噛み締めるクラシック戦としたい。

それに対し、ランブリングアレーは完璧だったのに…。3歳春はこの繰り返しである。

 

ファルコンSに関しては、ハッピーアワーがタガノグランパのような、キャリアで他を制した姿が印象的。

期待のダノンジャスティスには、時計的限界を問われる展開への対応力がまだなかったか。

若葉Sのヴェロックスは、ある意味、もっとストレスの掛かる競馬をしたかったはずだが、自分の不器用さがまるで気にならない総合力の違いを見せつけた。

彼はきっと、3角からうまくエンジンをかけていく、ハロン棒を基準にどこでも同じ競馬をしたい馬になるのだと思う。

 

レース回顧

スプリングS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


先週の激闘を経て、ルメール騎手の2週に及ぶ騎乗停止に加え、今週はフィリーズレビューで初重賞制覇を果たした坂井瑠星騎手ら3人の若手も、そこに仲間入りとなってしまった。

うち、森裕太朗騎手が乗って新馬戦を制したクリノガウディーが、日曜メインの主役候補になっている。

 

苦しいところから最後に抜け出し、人馬とも若さ残る競馬で制したその新馬戦から、直後に使われた東京スポーツ杯で、戸崎騎手で勝負気配だった好位付けがうまくいかず、直線勝負で一旦先頭から、最後は後続に飲み込まれるようにして敗れたことで、前走の朝日杯では単勝80倍近い低評価になるも、インからうまく有力馬を捉えにかかり、スピードに勝るアドマイヤマーズには突き放されたが、当面の目標だったグランアレグリアには先着した。

 

その時の鞍上と同じく、今回は自身初となる継続騎乗で藤岡佑介騎手と参戦。

3レースをもう一度見返してみた中で、ヨーイドンに向いていないなら、東スポ杯も朝日杯ももっと違う結果だったろうと考えて、左回りとちょい溜めくらいの絶妙なエスコートが、この馬には求められる気がする。

佑介騎手は最近、よくわからないレベルの追い込みを決めてしまうことが目立っているが、スタートが悪いというタイプでもないから、いくら賞金に余裕があると言っても、極端な手には出ないだろう。

 

一方、その他15頭の面々には、有力であるなしに関わらず、かなりの課題がある。

武豊人気など久々に体感する今日この頃だが、ファンタジストもきっと人気になる。

先週は人気を裏切ったが、人気を分けたアウィルアウェイと東京で大接戦。

朝日杯好走には至らなかったが、距離の壁をどう乗り越えるかによって、ガウディーとの立場は入れ替わる。

 

スピードで勝負したいのは、ヒシイグアスや先行タイプのロジャーバローズも同じか。

まあ、こちらは距離実績があるから、ある種、真の意味でのスピード能力やスケール感が求められる。

時計が足らないのは間違いないが。

 

とまあ、中山実績ではコスモカレンドゥラもシークレットランもいて、ここは軸の選定に決め手を欠くメンバーだから、言うほど盛り上がるようなトライアルではない。

その点、GⅠ2着の実績に血統背景を活用できるクリノガウディーは、地味でも頼りがいがある

 

父スクリーンヒーローは、3歳時はパッとしなかったが、一応ここでは超人気薄で5着の実績がある。

これが血統馬であり、その父グラスワンダーの種牡馬としての価値を世に広める功労者になるわけだが、母系の扱いの方が実は大事なガウディー。

超A級小岩井牝系のアストニシメント系の中でも傑出した優駿であるクリフジ<血統名・年藤>の姉・鶴藤から続く一族は、近年ではパッとしないが、母父としてグァンチャーレが活躍するディアブロが、父も共通であり、彼がシンザン記念を勝った後に種付けが行われた日高の馬となれば、魅力的な血の持ち主だろう。

 

ヘイローのクロスがあり、ノーザンダンサーのクロスも多数存在するが、母母父は弥生賞勝ちのメジロライアン。

純和風の配合というほど国内生産で凝縮されたような血統構成ではないにせよ、大変に身近な存在であることに違いはない。

東の藤沢和雄調教師は何度もこのレースを制している。西の則雄調教師にもチャンス…。

いや、雰囲気的にはここを勝って、今年は被災地になってしまった日高を再び盛り上げる存在として、クリノガウディーの評価がより高まる結果を期待する。

何となく、右回りの1800戦など、彼のベストステージに思える。

 

◎クリノガウディー

○シークレットラン

▲ロジャーバローズ

注リーガルメイン

△ヒシイグアス、ユニコーンライオン、リバーシブルレーン

 

レース予想

フラワーC<3歳主要戦展望> -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 


まず、フラワーCの快速2頭から。

エールヴォアの前走・エリカ賞のラップは、

62.2-59.2→2:01.4

<24.8→3F目の12.7秒から6ラップ連続で加速して12.5で締め>

 

一方のコントラチェックの菜の花賞は、

46.1-47.7→1:33.8

<テンの12.6秒以外、全てのラップが12.2以内で、終いは12.1秒>

 

コントラチェックは未勝利勝ちの時に、スロー逃げからラスト2Fで札幌では驚異的な11秒台中盤のラップ2連続で後続に7馬身差つけている。

次に中山のマイルを使って、スタートが良すぎて、外から追い上げたレッドアネモスに行かせたのが裏目に出て、チグハグな2着に終わったのとは、前走はまるで違う。

兄弟それぞれに味が違うことを、大体のところまで理解しているルメール騎手が乗れないのは残念だが、前走のチューニングで、テンのラップの違いで、デムーロのエールヴォア相手に機先を制すことは、今の丸山騎手ならできるだろう。

 

互いに、厳しい立場からの前を追いあげる競馬を経験しているが、コントラは純粋なヨーロピアン配合の変わり種なのに対し、格下でも格上でも同じくらいのパフォーマンスを見せるサッカーボーイ一族のエールは、つつかれるのもついていくのも、適性が同じでもキャラが違う分、必ずしも有利な立場とは、ラップ上からは言えない。

駆け引きをどう考えるか。同じテン乗りなら、スピード型の方が有利だろう。

 

◎コントラチェック

○エールヴォア

▲シャドウディーヴァ

注エフティイーリス

△アイリスフィール、メイショウハナグシ、ランブリングアレー

 

ファルコンSは、小崎騎手&ダノンジャスティスのヤングコンビに重賞制覇を期待する。

快速キングマンの仔ながら、距離を求めたり、日本方式で失敗しているが、インティに似たネイティヴD偏重配合で、リファールのクロスもあるから、大胆に乗った方がいいか。格上挑戦で一変する。

若葉Sも中内田厩舎のヴェロックス。相手も不器用だから、普通に考えて、動ける方が有利だ。

 

未分類

平成の出世レース・皐月賞馬はスプリングSから

読了までの目安時間:約 3分

 


ファルコンS

16②ブレイブスマッシュ

09①ジョーカプチーノ

 

フラワーC

16⑫ヴィブロス

15⑯ホワイトフーガ

14⑤ショウナンパンドラ

10③サンテミリオン

 

☆スプリングS

二冠以上

11①オルフェーヴル

06①メイショウサムソン

03①ネオユニヴァース

94①ナリタブライアン

92①ミホノブルボン

皐月賞馬

18②エポカドーロ

<13①ロゴタイプ>

09①アンライバルド

17年以外、GⅠ馬輩出。

 

阪神大賞典

春天優勝

18①レインボーライン

<15①ゴールドシップ(13、14①)>

12⑩ビートブラック

08①アドマイヤジュピタ

91・92①、97~00①、03⑫、06①

 

16①17②シュヴァルグラン

15⑥ラブリーデイ

14②アドマイヤラクティ

 

報知杯とフジTV賞の冠がついた、日本競馬における重要戦の価値は、その場で即座に見出されるものではないにせよ、直後の皐月賞において、厳然たるステータスの差が出てくる。

平成期・皐月賞馬前走ローテ。

弥生賞(8頭・~10)

93、96、98

00、01、05、08

10

スプリングS(9頭・~18)

89、92、94<共通→スプ>

04、06

09、11<阪神→東京>、13、18

共同通信杯(4頭・~16)

12、14、15、16

若葉S(5頭・~07)

91、95、97<弥生→若葉>(中山時代)

02、07

毎日杯(2頭・~17)

99

17

きさらぎ賞(1頭・90のみ)

90

 

簡単に言うと、前走は1800Mがいいということ。

ナリタブライアンやオルフェーヴル、キタサンブラックという面々と、阪2000M時代に毎日杯から連勝したテイエムオペラオーとディープインパクトに、比較の意味合いはないだろう。

スプリングSと共同通信杯から、

三冠馬

94、11<前者はその前に共通、後者はきさ出走>

二冠馬

92、94、03、06、11、12、15

<弥生、若葉>

91、97、98、00、05

<変則二冠・毎日>

04、08

 

タケホープくらいしかダービー・菊の二冠馬は登場しないから、二冠馬=皐月賞優勝馬となる。

本番で問われる2000以上の能力を事前に証明するよりは、1800で地力を示した方が得策なのだろう。

 

コラム

皐月賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 


まずは主要メンバーから。

 

サートゥルナーリア

ホープフルS①からの直行 3戦3勝

ルメール騎手とのコンビで、レイデオロ作戦をとってきた超良血馬というところまで考えると、意識的なローテを組んできたことが伺える。

今回はついに、一生懸命に走らせることになるだろうから、その反応がディープやドゥラメンテのクラスであるのか、まずは注目したい。この世代で強いと断言できる牡馬は、現状では彼だけである。

 

アドマイヤマーズ

前走共同通信杯② 5戦4勝

いい負け方とも言えるし、限界点のようなものも見えた共同通信杯が、ある意味でのポイント。

朝日杯組で共同通信杯負けの皐月賞馬は存在しない。

データ上は不利であり、距離延長も死角となるが、快速型は少ないから有力には違いない。

 

ダノンキングリー

前走共同通信杯① 3戦3勝

キレが違う馬が、皐月賞でロクな結果を残したことがないのは、皆が知るところだろう。

ただ、死角の見せた方次第で、本番での伸びしろが生まれるという歴史に逆らえるのは、彼のような無敗馬だったりする。

中山でも東京でも末が伸びる馬は、やはり強い。

 

その他明けの主要レース勝ち馬

ラストドラフト 京成杯① 弥生賞⑦

ダノンチェイサー きさらぎ賞①

サトノルークス すみれS①

重たい血が入った、荒れ馬場の皐月賞向きのように思わせる面々。

しかし、どれも重馬場で負けているという不穏な共通項がある。

砂埃の上がるような馬場で、という狙い目がいいか。

 

ジョーカー

ヴェロックス 若駒S

メイショウテンゲン 弥生賞

ランフォザローゼス 京成杯②

ちゃんと出てくるかわからない方々だが、ジョーカーなのだからそれでいい。

ヴェロックスは若葉Sで、ワールドプレミアやミッキーブラックと当たるが、怖いのは自滅の方。

スプリングSでは、1800ギリギリの馬が多いから、クリノガウディ―先生にはちゃんと中身のある競馬を期待したい。

 

何なら牝馬も

コントラチェック

フラワーCでファンディーナ的な内容ならば、のバッティングする脚質の死角が、穴馬の出番を演出するかもしれないが、能力はピカイチだ。

力差がある時ほど、伏兵が出てくるのが皐月賞、ではあるが。

 

コラム レース予想

地元勢から新星誕生

読了までの目安時間:約 2分

 


日本時間の30日深夜に開催のドバイワールドCデー。

芝のメインであるターフ<芝1800>には、日本の女傑軍団が大挙参戦。

中でも、ワールドレコードホルダーとして最初のレースを迎えるアーモンドアイに対する関心は、既に全世界レベルのものがある。

日本馬はこれまで、アドマイヤムーンの快勝に始まり、ジャスタウェイなどが胸のすくような勝ち方を見せてきた、比較的お得意のレース。

1777Mという園田競馬でも刻み込めなかった距離で、長く芝中距離路線の欧州馬などの始動戦に使われてきたデューティフリーから、ナドアルシバ→メイダンの開催場所とレイアウトの大幅変更に伴い、ターフに改称されて1800戦になったこのレースは、今まで以上に日本馬に馴染みのある重要戦に位置づけられるようになった。

ただ、はっきりとワンターンでスピード競馬をすることが見えている以上、目先を変えてきた他国の候補も、案外侮れない存在になったりする。

その一頭が、地元で重賞連勝を決めたドリームキャッスルだ。

日本でよく知られたスミヨン騎手を背に、ターフ前哨戦のジェベルハッタでは、明らかに敵を見定めたような後方からの競馬で、大外一気を決めている。

当地では戒律が厳しいので、馬券の発売はないものの、世界の主要戦におけるオッズの指標となるブックメーカーでは、アーモンドアイのオッズが少し上がって2.25倍で1番人気をキープする一方、所謂スーパーサタデーを経て、4.5倍の2番人気に推されているのがドリームキャッスルなのだ。

フランケル×ドバウィの5歳騸馬が迎え撃つドバイターフは、アーモンドアイの世界初戦としては、かなりタフな競馬になる。

 

ニュース

新馬回顧<3/9>

読了までの目安時間:約 3分

 


土曜にダートの新馬戦が2鞍。

1800戦のみで、いよいよ未勝利戦の方に未出走馬が続々登場するようになった。

そんな感じだから、阪神で人気のカナロア×キャトルフィーユはあっさり飛び、藤井勘一郎騎手に初勝利をプレゼントしたシュッドヴァデルは、単勝76倍の馬だった。

最後に印象的な抜け出しをしたこのトーセンホマレボシ産駒は、由緒正しきアメリカの名牝系であるミスカーミー系であり、評価が低すぎたきらいがある。

一方、同じ伏兵でも中山のアルカイクスマイルは、クロフネの女馬で完成度もなかなか。

こちらも日本に数多く輸入されているアメリカ牝系であり、先行しての新馬勝ちは印象通り。

<牝馬路線裏展望>

さて、今週は牝馬戦線について、裏ルートの検証をちょっとしてみようと思う。

まず、スプリントオープン3連勝中のディアンドルから。

ルーラーシップにスペシャルウィーク、その次がエリシオという順に重厚さを増す配合ながら、祖母は2歳小倉で2勝しただけのシェーンクライト。

案外癖が強い配合ともいえ、得意ゾーンに好走例が集中するところがある。

配合的にも脚質を見ても、マイルの方が良さそうなのだが、鞍上はそれに首肯しない。

初週名物の中山1800の牝馬戦は、こちらもルメールのウィクトーリア。

新馬の内容を絶賛し、札幌2歳Sで筆者も馬もプライドズタズタの結果に終わったが、改めて、逃げることで自分を取り戻した。

2着以下も才能豊かな印象で、例年以上にレベルが高い。

トライアルの負け組からは、フィリーズレビュー3着のジュランビルに魅力を感じる。

派手な仕事をすることの多いディナーパートナー系も、ダンシングキーを経ていない組にはニジンスキーが入っていないので、スタミナ型には出ない。明らかに乱戦向きである。

フラワーCでは、エールヴォア、コントラチェックの肉弾戦を希望。

配合は違うが、雰囲気がよく似ている。

ウィクトーリアとどこかで当たれば、勢力図に変化が出るかもしれない。

あと、父似の群れることを嫌う走りで驀進スタートとなったブッチーニにも期待。

 

レース回顧