京王杯2歳ステークス2020【予想】|有利な枠とリフレイムの刺客は?

競馬予想ブログ JUST – 血統と追い切りで的中率アップ

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム

京王杯2歳ステークス2020【予想】|有利な枠とリフレイムの刺客は?

読了までの目安時間:約 10分

 

京王杯2歳ステークス予想の特徴と激走が想定される出走予定馬を分析!
予想オッズや過去結果、歴代優勝馬のコメントや外厩成績を見ながら登録馬の中から軸馬や穴馬を選定していきます。

 

レース名第56回 京王杯2歳ステークス(JRA)
グレード重賞(gii)
日程2020年11月7日(土)
発走時間15時35分
開催場所東京競馬場
距離芝1400m
コース左回り
賞金3800万円
レコード1:20.8

 

京王杯2歳ステークス2020の出馬表(馬柱)- 出走予定馬の馬体診断と想定騎手(枠順確定)

 

枠順出走予定馬騎手斤量(負担重量)馬体重(前走)
1リメス三浦 皇成55kg450 kg

1ロンギングバース石橋 脩55kg452 kg

2マツリダスティール内田 博幸55kg487 kg

2リンゴアメ丹内 祐次54kg420 kg

3ニシノガブリヨリ松山 弘平55kg470 kg

3モントライゼC.ルメール55kg482 kg

4オリアメンディ杉原 誠人54kg450 kg

4プルスウルトラ江田 照男55kg500 kg

5ジャガードM.デムーロ55kg422 kg

5ファルヴォーレ横山 武史55kg430 kg

6タマダイヤモンド津村 明秀54kg484 kg

6リフレイム木幡 巧也54kg496 kg

7クムシラコ嶋田 純次55kg454 kg

7ストライプ斎藤 新54kg504 kg

7レガトゥス戸崎 圭太55kg562 kg

8ブルーシンフォニー田辺 裕信55kg468 kg

8ユングヴィ柴田 善臣55kg448 kg

8ロードマックス岩田 望来55kg450 kg

 

京王杯2歳ステークス2020 - 過去10年のデータから想定(一部ピックアップ)

 

新馬勝ちから連勝はほとんどない
 1着馬騎手人気前走父名 2着馬人気前走 3着馬人気前走
2015年ボールライトニング
蛯名正義
2新馬①
ダイワメジャー
アドマイヤモラール
6未勝利<1>
シャドウアプローチ
1ききょうS①
2016年モンドキャンノ
C.ルメール
3函館2歳S②
キンシャサノキセキ
レーヌミノル
1小倉2歳S①
ディバインコード
41勝①
2017年タワーオブロンドン
C.ルメール
1ききょうS①
レイヴンズパス
カシアス
5函館2歳S①
アサクサゲンキ
4小倉2歳S①
2018年ファンタジスト
武豊
2小倉2歳S①
ロードカナロア
アウィルアウェイ
1ダリア賞①
カルリーノ
6函館2歳S③
2019年タイセイビジョン
C.ルメール
1函館2歳S②
タートルボウル
ビアンフェ
3函館2歳S①
ヴァルナ
4未勝利①

 

そもそもが短距離重賞のカテゴリーなので、2歳重賞の大半がマイル以下の競馬であるからこそ、フレッシュさにアドヴァンテージは出しづらい。

 

未勝利勝ちも同様で、軽い競馬の後に重賞の流れやリズムというのに乗れずに敗れる馬は、いつの時代も登場する。
オープン未勝利のオルフェーヴル、新馬レコード勝ちのモーリスらも、競馬にならなかった。

 

いつも妙味のある1200m重賞の特注馬がいない
 1着2着3着4着以下
函館2歳S勝ち馬
0回2回0回3回
小倉2歳S勝ち馬
1回1回1回3回
1200mのG3の2着馬
2回0回0回4回
ききょうS勝ち馬
1回0回1回2回

 

面白いのは函館の2着馬と小倉の勝ち馬という2歳Sの法則がありながら、2歳戦も例外なく牝馬が強いから、必ずしも東京に来る必要がないので、面白味は小倉2着のモントライゼでも、勝ち切るという感じまではない。

だからこその本命馬の指名であるから、オープン実績が重要ではないだろう。

 

特に、リフレイムが飛んだ時ほどそうなりそうだ。

 

京王杯2歳ステークス2020 - 過去データと追い切り評価

 

時代は牝馬である。

 

アーモンドアイがちょっと危ないようなゴールシーンも、最後の手前のスイッチで乗り切ったことで、日本における芝の古馬混合G1での牝馬の勝利の連続記録は、有馬記念大楽勝のリスグラシューから延々続いて、ワンシーズン押し切る勢いとなっている。

次は阪神で史上初の開催となるマイルチャンピオンシップ<CS>だが、グランアレグリアが出てくれば確勝級で、サウンドキアラが大いに怪しい出だしとなったが、これもまだ有力。レシステンシアもレースを盛り上げてくれるはずだ。

 

実は、連対記録の継続性では、そのマイルCSでは牡馬が上位独占だったものの、翌週のジャパンCでは3歳のカレンブーケドールが2着に頑張っているから、もうその記録ではとっくに1年を超えそうな勢いである。

 

そもそも、牝馬の機動性や速力のアドヴァンテージは、短距離でこそ活かさせるともされてきたし、恐らく、芝でもダートでも、短距離GⅠに牝馬専用のカテゴリーが登場することは、金目のことには目敏いJRAの主催である以上慎重になるから、最後の最後。

 

きっと、競馬の中身が大きく変質しようとしている状況に至った際に、仕方なく作るという形になるだろう。
今世紀中という保証はない。

 

京王杯2歳Sは2歳GⅠにも直結しづらく、後の発展性でもやや怪しい分野の重賞レースと区分されて、特殊なポジションを成している。

牝馬の流れにも我関せずで、同時進行のレースとなったファンタジーSが全く同じ距離であるからこそなのだろう、牝馬の勝利はオークス馬になった1998年のウメノファイバー以来なし。

つい最近、目覚めそうな気配を大舞台で魅せたアウィルアウェイが僅差の2着だったのは2年前の話だが、それ以前となると、

 

  • レーヌミノル <2017>

 

  • アニメイトバイオ <2009>

 

  • コイウタ <2005>

 

 

これら全て、後にGⅠを勝つかクラシック戦線で活躍する牝馬のトップホースである。

 

もっと上を目指すために、敢えて厳しい戦いに挑む牝馬たちは、早熟牡馬を苦しめた刹那、もう未来を占うカードに負の側面を孕むものは排することができると、歴史が物語っている

 

ちゃんとレースをできる保証はないが、2013年にここで惨敗する1番人気馬は、堀厩舎に所属する遥か前のモーリスだった。
人気に推されるだけでも名誉なわけではなく、実力を認められた証。

 

ウメノファイバー以降の好走牝馬は全て、上位人気であり、結果を出せなかったエフティマイアも、惨敗を繰り返した後、春に生き返った。

リフレイムにもう、死角はない。勝ちたいが、勝たなくてもいい。

変な推挙理由だが、飛びぬけた人気薄での重賞勝利しかない木幡巧也騎手の耳に、きっと届かないこのデータは、何となく味方しそうな気がする。

 

京王杯2歳ステークス2020 - 勝ち時計は?ラップタイムを判断

 

先々週の東京では、2歳条件戦の1400Mながら、3コーナー辺りから緩んだ12秒台連チャンのラップから、終いは11.5−11.4−11.7の厳しいラップを後方一気。

 

おまけに、ラップが落ちた最後の1Fについては、一気に抜け出した後、あのディープインパクトのダービーを思い出すような独走時の華麗なフォームで、抜け出してから更に伸び続けた結果の数字なので、これはラップそのものを改造したくらいのインパクトがある。

 

本当なら、12秒ちょうどだったはずだ。

 

その前の新馬戦で、圧倒的に強烈なパフォーマンスで、鐙はおろか、新潟競馬場には大切な安全装置になる外ラチまでも破壊しつくそうとしたリフレイムのこと。

 

意味が分からないスケール感を誇るこのアメリカンフェイロー産駒は、事実上、同産駒日本初の芝のトップホースになろうとしている。

 

このレース。
長い歴史はあるが、芝専門に育つ可能性がある馬たちだけのために作られたレースではない。

 

リアルインパクトが2010年の2着馬で、その時勝ったグランプリボスと長く活躍して見せたわけだが、その母父のメドウレイクは、到底芝向きではない性質を誇った馬鹿っ速いアメリカン野郎だったのに、日本で唯一に等しい活躍馬がこのレースを制したシベリアンメドウだった。

 

インテント直系のオフィサー産駒であるアポロドルチェも、結果早熟で陣営はレース選択に後々困り果てたわけだが、唯一の重賞勝ちはこのレース。

 

タワーオブロンドンやタイセイビジョンのような芝のスピード型に出そうな配合の馬も、好時計決着に乗じて力を示してきたが、何もそれだけがレースの本質ではない。

 

京王杯2歳ステークス2020 - 血統予想で消去法

 

その昔、ヒシアマゾンという後の大出世牝馬も、ダートのレースを2つ使われた末に、ここで芝に目途を立て、2度とダートに脚を向けることはなかった。

 

何もかもが規格外の馬も数多く登場の2歳の名物競走から、また新たな怪物が登場しそうな現状。

 

牝馬の流れにも三冠馬の流れにも乗った上に、血統面の不安がないスピードスターに阻むものなど存在しないはずだ。
問題は半端にいいスタートを切った時か。

 

まともな競馬はしていないので、3角までの位置取りはマイペースでないと苦しい。

多少出しても問題はないが、外に馬がいて、それを弾かないで動いていける保証はない。

 

また、ドキマギするようなレース振りを目撃することになるのだろうけども、どんなに苦しいところにいても、最後に伸びてくるのは牝馬と3歳のあの2頭の牡馬しかいない日本の芝競馬で、リフレイムが苦しむというより、他のライバルが圧倒される結果が出そうな予感しかしない。

 

ストームキャットのクロスに加え、アンブライドルドも同じ代でクロスさせているのは、明らかに意図したものがありそう。

パワー全開を狙ったものであると同時に、母父に当たるタピットの属するボールドルーラー系にはない機敏さは、少しはある芝向きの可能性も秘める系統だけに、日本では初めてでも、すでに欧州圏の芝でもそれなりに走る馬が出ているくらいで、コントレイルとの共通項ではあっても、そういう要素だけで芝向きとは言えず、現状は決め手が若々しくて繰り出せるからこなしている段階ではあるだろう。

 

しかしながら、ダート10Fの牝馬G1圧勝歴のある母ケアレスジュエルの仔らしく、強い時はとことんのタイプだから、ソダシといきなりの好勝負でもおかくないし、並ばない時は圧勝か惨敗だろうから、そうした魅力や若さという武器を活かせる今は、まだ負けられないところだろう。

 

ダートでも強いだろうが、それでは国内で評価は上がらない。

 

 

 

 




↓【注目】今週の無料買い目はこちらで公開します!
人気ブログランキングへ



* * * * *

馬券名人考案!誰でも簡単に【少点数で万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使うことにより、点数を絞りながら誰でも同じように300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETしていける最強の競馬予想サイト。

>>2ヵ月間におよぶ実力検証記事を公開中。

こちらの指数を使うことにより、4月18日(日)は中山12Rにて3連単94.4倍がまたも的中しており、2ヵ月検証の間にトータル収支は197万円を超えました。

 


タグ :  

G2 京王杯2歳ステークス 京王杯2歳ステークス2020

G2の関連ページ一覧

競馬予想サイトの正しい探し方

最近の予想サイトは試したことがある方ならお分かりの通り悪徳なところがほとんとですが、中にはスゴイ実力のあるサイトも実際に存在しているのが事実です。
ここでは無料で登録出来て尚且つ、無料予想だけでもコンスタントに的中するサイトを年間トータルでプラス回収の実績を持つサイトを厳選しました。


私自身の格付けだけではなく、実際の利用者の方の直近の評判を見ながら本当に稼げるサイトと稼げないサイトの判別にご利用下さい。

馬券名人クチコミ検証で本当に稼げる競馬予想サイトを見つけよう