中山金杯2022の予想 過去10年のデータ傾向と有利な枠/出走予定馬の最終追い切り

競馬予想ブログ JUST – 血統と追い切りで的中率アップ

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム

中山金杯2022の予想 過去10年のデータ傾向と有利な枠/出走予定馬の最終追い切り

読了までの目安時間:約 14分

 

中山金杯の予想と出走予定馬の最終追い切り評価を行っていきます。
過去結果を見ても荒れる傾向のある中、有力な登録馬の中から鉄板軸馬とされる外厩仕上げの本命馬や消去法で消すべき馬、本命をも超える可能性のある穴馬をデータ分析!

歴代勝ち馬のサインを見逃さず、予想オッズを見ながら過去配当を超える払い戻しを狙っていきましょう。

 

レース名第71回 日刊スポーツ賞中山金杯
グレード重賞(G3)
日程2022年1月5日(水)
発走時間15時35分
開催場所中山競馬場
距離芝2000m
コース右回り
賞金4100万円
レコードタイム1:57.8

 

中山金杯予想2021 - 過去10年のデータ傾向

前走G1というタイプで馬券になったものはこちら。

 

  • ウインブライト<2019年1着/ マイルチャンピオンシップ>
  • ロゴタイプ<2015年2着/ マイルチャンピオンシップ>
  • ジャスタウェイ<2013年3着/ 天皇賞・秋>

 

前走G1の馬は斤量が軽くなっても、重くなっても買いづらいので妙味に乏しいわけだが…

 

 

主流路線から来るというようなことは滅多にないわけだが、要するに、斤量が確実にアップするか据え置きで妙味のない中長距離路線からの転戦は、決まって勢いを失った古馬である可能性が大いにあるから、基本的には狙えないというのが真実であろう。

秋天から直行のジャスタウェイは、明け4歳で1番人気の支持。

その年の秋以降の活躍は、国内のレベルに止まらないスケール感であったことは皆が知るところ。

 

こういう馬が絡む時は、相手も年齢の割に軽くない重めの馬や単純に金杯だから登場の重賞上位組であるから、拾えなかった方の問題ということが圧倒的に多い。

全体的なハンディキャップの傾向からして、軽めの馬が少ないという年ほどこういう馬は多いが、今年のG1組は、絶妙に厳しい57.5のトーセンスーリヤ<ロゴタイプと同じローエングリンの産駒で父ともどもに中山巧者>に加え、全くアテにならない菊花賞組・昔から来ないタイプのローテの馬 であるヴィクティファルスなど、どうも、中山での実績から人気になりそうな馬が多く、この点では波乱含みの雰囲気もある。

 

前3者は、いずれもがタイトルを得る素晴らしい中距離型であったことを踏まえると、斤量面の恩恵があるエリザベス女王杯惨敗組であるシャムロックヒル、ロザムールといった先行タイプを押さえた方が賢明とも思える。

 

 

その他重賞組は、阪神、中京、福島の各名物競走を使ってきた面々をとりあえず押さえることから始まる

 

当然主力になるのが、ここ3カ月以内に行われた前年秋の重賞で好走ないし、人気に推されていた馬となる。

阪神ではチャレンジC、同時期の中日新聞杯も同じ距離であり、また性質が極めて酷似する福島記念も、完成期に入った古馬でも若い4歳世代でもちょうどいいローテを形成する前走に含まれる。

 

要するに、これらの組は絡まなかった年はどれくらいあるか、という話なのだが、昨年が10年に一度レベルの全くかすりもしない年、であったことで、それでも困ったら最後はディセンバーS<中山のリステッド>とすれば、例外なしにどこかから誰かが来るという状況。

 

わざわざディセンバーSを外したのは、何かは必ず押さえるというのがハンデ重賞だから当然だと思うのと、それを踏まえずとも、軸は例の2000M重賞からしか登場しないという傾向がほぼ確定的であることが挙げられる。

いちいち、金杯占いのディセンバーSを振り返るまでもなく、拾うべき馬は拾うしかないのが金杯。

西のそれはリゲルS組ということになる。

 

今年はどれもまずまずのレースレベルだったが、面白いほどに買えそうな馬が出てこないから、わざわざエリザベス女王杯組を買うようなことをしたわけで、強い馬が登場のチャレンジCで2着であった5歳になったばかりの良血・ヒートオンビートをとりあえず買っておけばいいだろう。

長い距離の実績もあり、本質中距離向きの血統通りの傾向もまた買い材料。

56で消すこともないが、ディープボンドを撫で切ったエフフォーリアの構図を思い起こすと、今年もこの世代は苦戦傾向では…、という論法で手控えるのはアリかもしれない。

 

東京の準オープン以外は、どの非重賞戦組も買って妙味はあまりない

 

昔はもうちょっと中山の条件戦組が絡んできていたはずなのだが、恐らくは、条件戦は最大4勝までという降級廃止の影響があって、妙味ある穴馬などは、路線上にオープン級の少ないダイヤモンドSやローカル重賞に流れるという傾向もあるのだろう。

 

だから、いかにも堂々参上のオープン初戦、少なくとも古馬になって初めての重賞というような馬は、そう簡単に勝てない。

ただ、近10年で2度勝っている東京のジャパンCデー開催であるウェルカムS勝ち馬については、鞍上継続騎乗で明け6歳未満なら通用の傾向は、きっとこれからも続きそうだから、ちょっと頭の片隅に入れておきたい。

 

昔はよく来ていた、中山の条件戦で負けていたような馬や準オープンパスの飛び級挑戦の馬は、そもそも、登録時点で除外確定の年がほとんどであるから、今年もそうだし、出てきても苦しい。

斤量が軽い馬は当然減るのだから、好走確率も従ってかなり低下する。

その逆張りとして、重賞好走歴のある牝馬から押さえたわけだが、吉と出るか凶と出るか。

流れが年も替わって、すっかり一変しているかを確かめる意味で、東の金杯は挑戦的にいってみたい。

 

中山金杯予想2021 - 出走予定馬の血統/成績/タイム

 

○か×か、はっきりとした傾向が血統のイメージ通りであるシャムロックヒルは、前走凡走後一息入った時が狙い目!

 

シャムロックヒルの血統

 

姉は自身と同じくマーメイドSを制したサラスであるが、父はオルフェーヴルであり、飛び級の準オープンクラスの身での勝利は同じでも、ゴール前強襲とゴールまで渋とく粘った逃げ切りとの差はかなり大きい。

ただ、いかにも母父タピット・シアトルスルー系の不器用さが現れていて、どちらも極端な策でしか結果が出せていない。

 

若い時に、サラスの全妹であるセラピアがフローラSでかなり売れて、見事に自滅していたが、気持ちよく走らせないと危険な性質は、シャムロックヒルの父・キズナの産駒たちの性質としてはやや極端。

どうやってもG1を勝てないような性質とは一線を画し、トライアルなどでとても強いタイプでは全くないので、牝系の特性を見極めていくと、分かりやすくその個性が見えるエビデンスのようなものが明らかとなった。

 

走る馬を特定の系統に絞って出す一族なのか、近親ではなかなか活躍馬は見つからないが、母のララアは西海岸の2歳タイトルである旧ハリウッドスターレットS<ダート8.5F>の勝ち馬で、つい最近見たと思ったら、あのキラーアビリティの母であるキラーグレイシスも制しているレース。

 

社台系としてはどうしても手に入れたいところが見えるファミリーだったようで、どうもその元となる理由が、同族にブロードアピール→孫・ワグネリアン、サクセスビューティ→直仔・サクセスブロッケンというスターのラインを持つHillbrookを基軸としたファミリーに、この活躍馬の多いララアの姉妹たちが入っているということのように感じる。

どこかにダートのスターが混ざる特性も持ちながら、極めて欧州圏の芝向きであるノーザンダンサー系が配されており、サドラーズウェルズ系のEl Pradoは北米に主軸を置く中距離血統で、少しトレンドを芝向きにシフトさせたララア自身はダート馬だが、サンデー系に溢れる日本では、しっかりと芝向きのワイルドすぎる戦績のトップホースで出てくる可能性くらいは拡大させている。

 

どっちに振れるかわからないブロードアピールとサクセスビューティの共通祖先・ヒルブルックの直仔であるWater Cressは、いかにも北米テーストの気配を醸すが、お馴染みヘイルトゥリーズンの産駒だから、漏れなくどこかの代で日本の種牡馬とはクロスが発生する。

ワグネリアンはブロードアピールの代でその父のターントゥのクロスを作っていて、直接は入らないが2本入る。

サクセスブロッケンは母の代でヘイルトゥリーズン3×4で、父シンボリクリスエスも同系だから4×4×5。

それよりもかなり明快に、サンデーが入れば芝のスピード型が出るシャムロックヒルのラインではヘイルトゥリーズンはどこかの種牡馬の母系にしか入っていないので、サンデーサイレンス系の強みはそのまま出る。

芝向きのヘイルトゥリーズンを直系に入れれば、柔軟なタイプではないボールドルーラー系を母父に持った時、硬質に一本調子な面も合わせ持つことになるから、不安定に芝の中距離以下のレースで勝ち負けを繰り返すのは当然なのかもしれない。

 

 

シャムロックヒルにとって、ここは取りこぼせない条件が勢ぞろいである。

何しろ、【4・0・0・13】というスイートスポットにハマるレースと無用のレースとが明確に存在する、パワーの使いどころが限定されるタイプなのだから、走れる条件で酷い競馬はできない。

 

とはいえ、G3格にはやや似つかわしくない年も多い中山金杯のこと。

牝馬のハンディキャップホースが簡単に勝てるようなところはない。

ただし、この中に古馬の重賞を勝ってすぐ後に参戦という馬は限られ、勝ち切れない印象の馬が大半。

こちらに回って不思議はない距離適性であるザダルなど、西の金杯の方が盛り上がりそうな組み合わせであることで、間口は広がった。

 

中山金杯予想2021 - レース展開と最終予想

 

逃げるタイプ同士の牝馬・ロザムールとはやり合ったようで、勝負所の手応えは上手に運んで折り合ったロザムールの方が上であった前走のエリザベス女王杯は、底が見えるというか、死角の多い右回り・平坦向きの中距離型特有の限界も手伝ったような惨敗だった。

何しろ、行く一手と考えた馬が多く、その中で人気のレイパパレを制しつつ、逃げるしかないとまず考えそうな伏兵のロザムールが常に首を狙っているような展開。

 

それが今回は、牡馬に速いタイプが少なく、むしろ、捲られないようにするための先行策はあっても、強引に前へ行こうという意思を示すことまでは必要のない展開が予想され、両者にメリットのあるレースが可能となっている。

しかし、それよりは勝てる条件がほぼワンパターンのシャムロックヒルのこと。

勝負所ではいつも渋い彼女に、52で主戦の団野騎手が乗れる条件では、死角が多いからこそ譲れぬ一線を絶対にライバルに超えられてはならない。

 

速さは武器だが、直線入り口でのアドヴァンテージが重要なタイプ。

じっくり動かすしかない4角終盤の仕掛けの時に、周りがまとめて襲い掛かってくる展開を、ロザムールがじわっと進出で防いでくれれば、ハイペースはなさそうなメンバー構成で、逃げ残りの目も十分ある。

ただし、パーと言えるような負けパターンは自滅の出負けだってあり得るから、その点だけを気をつけたい。

 

初勝利の際も番手抜け出しで、3勝目も阪神2200で好位抜け出しだったが、後続を離すような瞬発力を後半のゴール前では繰り出せない。

差す手はないから、行くしかない。

それでも、柔軟な対応力を示せる可能性としては、やはり、あまり4コーナーで外から被されないという絶対条件を乗り越えることが重要。

 

初めて古牡馬出てくる重賞に登場したが、牝馬限定戦で活躍してきたヤワな牝馬ではなく、条件戦3勝全て牡馬を相手に勝ったもの。

勝負所でズブくなるくらいだから、斤量面に少しでも優位性のある牡馬混合重賞が主戦場になって不思議ない。

陣営は安定を求めるだろうが、最初からキャラは確定しているようなところがあるシャムロックヒルに、そもそも、相手関係は関係ない。走れる条件であるかどうか。

 

洋芝も梅雨時の阪神でやや速いくらいの馬場も寒い時期の勝ち星もある馬。

まだ減量があった頃の団野騎手で2勝した時と同じ52以下のハンディキャップをモノにした時、初めて次をモノにできる。

ちなみに、このレースの牝馬の優勝は大波乱の2001年・カリスマサンオペラ以来20年以上ご無沙汰。

オークス馬・ユーバーレーベンの母母に登場のマイネヌーヴェルが2着になって以降、冬季の中距離牝馬重賞が復活したので、まずここに有力馬は出てこないから、好走馬も当然出てこない。

牝馬重賞の愛知杯では、見込まれるハンディキャップで魅力が乏しく、また条件馬が出やすいからこそ、大いにこちらで勝負というのが、今年のシャムロックヒルとロザムール。

ポカばかりの馬を買うのは、ローカル重賞が相場というものだが、たまには解釈難解な金杯で始まるシーズンでも面白い。

大いに荒れて欲しい。




↓【注目】今週の無料買い目はこちらで公開します!
人気ブログランキングへ



* * * * *

馬券名人考案!誰でも簡単に【少点数で万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使うことにより、点数を絞りながら誰でも同じように300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETしていける最強の競馬予想サイト。

>>2ヵ月間におよぶ実力検証記事を公開中。

こちらの指数を使うことにより、4月18日(日)は中山12Rにて3連単94.4倍がまたも的中しており、2ヵ月検証の間にトータル収支は197万円を超えました。

 


タグ :  

G3 中山金杯

G3の関連ページ一覧

競馬予想サイトの正しい探し方

最近の予想サイトは試したことがある方ならお分かりの通り悪徳なところがほとんとですが、中にはスゴイ実力のあるサイトも実際に存在しているのが事実です。
ここでは無料で登録出来て尚且つ、無料予想だけでもコンスタントに的中するサイトを年間トータルでプラス回収の実績を持つサイトを厳選しました。


私自身の格付けだけではなく、実際の利用者の方の直近の評判を見ながら本当に稼げるサイトと稼げないサイトの判別にご利用下さい。

馬券名人クチコミ検証で本当に稼げる競馬予想サイトを見つけよう