武蔵野S(2019) レース回顧

競馬予想ブログ JUST

武蔵野S 回顧 – 横典の普通に乗っても巧いんですキャンペーン炸裂

読了までの目安時間:約 3分

 

前々走の東京で弾けて見せたワンダーリーデルが、鮮やかに差し切って見せた。

対抗馬がいないと知って、やってしまったと後悔する筆者に追い打ちをかけた、横山典弘の普通に乗っても巧いんですキャンペーンが、このレースでも炸裂。

これまでは晩春にそこそこ走る馬というイメージだったのが、スタチューオブリバティ産駒がたまに発揮する意外性の成長力を見せ、秋も重要重賞で突き抜けて見せた。

タイムフライヤーも丁寧なアシストで、藤岡騎手は理想の決め手を発揮させたが、そのすぐ後ろでスムーズに立ち回り、見事にそれを利用して競り落としたのが勝ち馬だった。

どう考えても、人気馬総崩れの影響が出たレースだが、明らかにエアアルマスはダート重賞向きのタフさが身についていないので、いつもなら再度の追い上げが可能だったノングレードレースの時の反応とは、全く違った。

気持ちの持続性に難点があるボールドルーラー系の死角そのものだった。

変なオッズの付き方だったので、人気に関わらず、スムーズに立ち回った馬がいい競馬をしたレースとなったが、1年振りに爆発的に走ったダノンフェイス以下、良馬場のレコードにも近い1:34.6というタイムに、中距離ベースでは対応不能だった馬も多かった。

だからこそ、昨年の勝ちタイムより上回って、今年は先行して5着の59サンライズノヴァを超えられなかった馬に、中央のマイル以下の重賞で用のありそうな者はいないと思う。

ちなみに西の一戦も、ベテランの味が活きたイン強襲。マーフィーはフォルスストレートにハマったみたいな感じで、2歳戦でこれはいただけない。

勝負のポイントをあまりも理解している名手のスマートな騎乗が、鮮やかすぎたのは、ある意味では残念なことなのかもしれない。

生きた教材を実戦で活用してこそ、名手への道は、次のステージへとステップアップできるのだ。

いるいないの差が、これではあまりに大きすぎる。

---

当ブログの武蔵野S予想

▲ワンダーリーデル - ◎タイムフライヤー  で

馬連 21,070円的中

---

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方