京都金杯 2020 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

京都金杯 2020 回顧 – 京都巧者だらけの上位争い、サウンドキアラはこれで5勝目

読了までの目安時間:約 2分

 

なんてことはない、京都巧者だらけの上位争い。

とりわけ、京都内回りの1400戦をデビューウインした後、何度か負けてはいるものの、ここ2戦完勝のサウンドキアラは、その全勝利が京都という馬。

これで5勝目となった。

前々走のヴィクトリアマイル参戦後、最初の実戦となった同距離の長岡京Sで、一度乗っている福永騎手が改めて好位抜け出しを実践し、何も不安のないという内容で完勝。

主戦級の武豊騎手で、そろそろ阪神でもとリゲルSに挑むも、ここでは大外枠で、オープンでの戦略である前崩れ待ちのような格好で3着に止まるも、雨馬場要員のキョウヘイまで突っ込んでくるような、ディープ的な決め手が活かせない展開での3着と考えると、今回は枠順が3番枠で、マイル以下の競馬で無類の勝負強さを見せる松山騎手へのスイッチ。

それでいて牝馬でオープン実績がなかったから53である。

カテドラルや実力者・ダイアトニックと同等の評価でも、京都巧者ということ以外の魅力が乏しかったことが、人気を集められなかった要素だったか。

しかし、そんなに気楽ならば、位置取りも楽ちん。

誰よりも巧みに流れに乗り、誰よりも早く勝負を決める瞬発力を発揮し、牡馬勢を完封して見せた。

思えば、マイル短縮最初の年がキョウエイマーチ復活勝利のレースになった京都金杯リスタートの歴史がある。

少し前には似たような戦歴のウインプリメーラが勝利。

牡馬相手に1分32秒台以上の決着になるタフな、中央場所でのハイレベル重賞を勝ち切ることは、真のエース級である必要があるが、ここではそこまでの力はいらない。

母サウンドバリアーよりは安定して走る娘の未来に、ここ3年続く34秒台の決着の流れが味方した。

決め手は長続きしない。また内枠を引いたら、その時が勝負だ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方