フェアリーS 2020 回顧

競馬予想ブログ JUST

フェアリーS 2020 回顧【ラップが証明】勝つごとに強くなっているスマイルカナ

読了までの目安時間:約 3分

 

あまりハイペースを刻んだわけではないが、小柄で機動性に富んだ馬体のスマイルカナがポンと出て、正しい人気グループの逃げ馬としては理想の展開に持ち込んだことで、案外器用なシャインガーネットも好位付けで少し脚を使わされたのか、思ったように瞬発力を使えず、アヌラーダプラは持ち前のスピードを凝縮させて爆発させる戦法がハマらずに、共に坂の辺りでギブアップ。

スマイルカナに真っ向挑ん組ではなく、ハーツクライ産駒のチェーンオブラブや穴人気で休み明けだったポレンティアらが続いた結果からも、スマイルカナの独壇場であった。

期待された良血のダイワクンナナも、決して不器用にスマイルカナを追い上げていったわけではないが、何だが420kgの馬体に秘める極限の我慢強さのようなものが、中型以上の馬格で勝負できるはずの人気勢などより、ずっと勝ち馬の方が上だったということだろう。

スマイルカナは新潟マイルの新馬を逃げ切った際が、47.7-47.6というラップ。

前走の中山のひいらぎ賞も、48.3-46.5で極端に上がりが速かったわけではないが、今回は、

47.0-47.0

で1:34.0だから、ひとつ勝つごとに強くなっている。

母エーシンクールディが、中央で5勝してオープンになったのに、その後東海公営の女傑と化した戦歴に目が行く変わり種だったから、それとディープの交配でどういう馬が生まれるのかと思ったら、誰にも似ていない芝で逃げる小柄なステークスウイナーになったくれた。

実に面白い才能の登場である。

中山マイルは牝馬にとってはイレギュラーな舞台設定。

人気になった外国人騎手の2頭にも、次のチャンスはあるだろうけど、彼女たちの武器であるスピードを勝ち馬に誇られるような立つ瀬のない負け方では、立て直しの方が重要か。

いずれにせよ、この組は距離延長で結果を求めたいタイプではない。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
誰でもカンタンに1000倍超の配当をGETできる方法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を当サイト特集ページで完全無料公開しております。
10/20 東京12R 279,520円 的中
10/05 東京05R 128,270円 的中
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 特集ページ

  

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方