福島牝馬ステークス 2020年 レース回顧(福島競馬場 4歳上 G3 芝1800M)

競馬予想ブログ JUST

福島牝馬S 2020 回顧【フェアリーポルカ、クラシックトライアルで示した総合力が本物であることを証明】

読了までの目安時間:約 3分

 

またしてもフェアリーポルカ。

フロックではないことを証明すると同時に、クラシックトライアルで示した総合力が本物であることも見せつけた。

重馬場の愛知杯も休み明けとすれば上々の内容。

 

外枠の馬でありながら、前走と同じように直線は前回の中山牝馬Sよりも内をついて、しかし、グイグイ伸びてくる姿はそっくりそのまま。

良馬場でややタイトな展開ということもあって、その時よりもずっと加速力がついた伸び脚は、昨年この時期から連戦連勝で豪GⅠまで楽勝した同父のメールドグラースとよく似た傾向を示したことになる。

 

しかし、それにしても期待されたエスポワールがあまりにも案外だった。

池添騎手はスタート一歩でも、1角からスムーズに外へ持ち出し、差し馬に有利な展開を正攻法で抜け出す準備はすべて整っていたように見えたのだが、勝負所で、結果2着に快走するリープフラウミルヒの方が、ロスなく立ち回ったとはいえ、遥かに手応えが良かったから、その時点でアウト。

 

今回の主役となったもう一頭のランドネも、昨年はスムーズに流れを作ることができずに脆かった6着とは違い、自分のリズムを守り通した20分の長期戦を、タフな展開を2番手追走から自ら演出した末に、力を出し切って3着。

3年振りのフルゲートで、むしろ、そういう時の方が荒れないということも多かったが、福島の重賞なのに、変に各馬斤量差がなかったことが、こういう結果を生んだ要因にもなったか。

 

目方の大きい2頭の間に、馬体重が下から2番目の馬が挟まる組み合わせ。

フェアリーポルカの独走は十分に想定された展開だが、そういう結果になった時ほど、相手の選定で最初に切り捨てた馬が来るというのが、ここの競馬の最大の特性である。

その辺の塩梅を知り尽くした福島ファンには、何とも痛快な結果であった。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方