ターコイズS 2019 予想

競馬予想ブログ JUST

ターコイズS 予想 – 何故、横山典は中山マイルで強いのか?トロワゼトワルから

読了までの目安時間:約 3分

 

ヘイロー系×ロベルト系しか勝っていない、「重賞」ターコイズS。

ただ、ここではマイル戦に元々強いキングマンボの系統から、実質的なトップハンディに近い55のトロワゼトワルを狙う。

別に、前走の内容にばかり目が行くという単純な理由ではない。

もっと短絡的である。(笑)

何故、横山典弘騎手は中山マイルで強いのか、ということ。

このレースも連覇中。

京成杯AHも同じことはあるし、ダービー卿CTとNZTを2週続けて制したこともある。

特に、スピード競馬になる京成杯AHは、ゼンノエルシドに始まり、レオアクティブと今年のトロワゼトワルと、もちろん他にも勝っているわけだが、ただ勝つのではなく、様々な戦法を用いて、何か時計のターゲットを作ってそこを目指すという勝ち方で、歴史的レコードを三度樹立している。

長距離戦の戦法に関しては、あの武豊騎手を翻弄したことも一度や二度ではないこの生ける伝説は、その武騎手同様、

「ハロン別ラップの入れ替え」

ができる稀有な騎手なのだ。

もしも、普通ではない条件下で競馬をしたのなら、その普通ではない展開予測を逆手に取り、後ろ倒しにするか前倒しにするかを的確に読み取り、あの名騎乗は…、という伝説のシーンを演出してきた。

マイルとはいえ、10秒台のラップを2F目から3連続も異常だが、時計は出るから、44.2の猛ペースから46.1秒で上がれるのは、ハイラップを前に置いたから可能という理屈。

ユタカマジックはその逆のパターンが通例。

まあ、話が長くなるのは仕方ないとして、トロワゼトワルは元よりスピード型だったことをより強調して、もっと巧みに競馬を作ることが可能が状況にあると考える。

それもまた、ラップの入れ替え。逃げない可能性も大いにある。

でも、残ると思う。何せ、相手がビビッて突っかかってこないと予測されるからだ。

インで溜められた日には、手も脚も出ない。

◎トロワゼトワル

○エスポワール

▲ディメンシオン

注フィリアプーラ

△コントラチェック、モアナ、リバティハイツ



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
誰でもカンタンに1000倍超の配当をGETできる方法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を当サイト特集ページで完全無料公開しております。
10/20 東京12R 279,520円 的中
10/05 東京05R 128,270円 的中
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 特集ページ

  

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方