クイーンカップ 2020年 予想

競馬予想ブログ JUST

クイーンC 予想【ミヤマザクラ】このレースと因縁があるクロフネの血は見逃せない

読了までの目安時間:約 3分

 

翌日行われる京都2歳S覇者マイラプソディが出走する共同通信杯の展望において、このレースの結果がオッズに与える影響は大きいのかもしれない。

2着馬ミヤマザクラは完封されているからだ。

 

彼女がデビューした札幌1800の新馬を制したのは、その日のメインである札幌記念を制することになるブラストワンピースの半妹であるホウオウピースフル。

そこで1番人気だったミヤマザクラは、最終週に勝ち上がって、今度はクラシック候補のマイラプソディを真っ向負かしに、わざわざ京都2歳Sという格のあるレースを選択し、距離に不安を感じさせる内容の2着に終わった。

 

その間にホウオウピースフルは、東京で2勝目を挙げた。

レース間隔は似たようなもので、東京の経験の差と、ルナシオンが気になりすぎる存在であるがために、ミヤマザクラはそこまで過剰に支持を集めることはないだろう。

本質的な決め手はともかく、上の牡馬陣のほとんどが1800M以上に向く、軽快さを欠く馬ばかりなのに対し、札幌の対照的な2戦の内容ともまた違い、やはり牝馬らしさが武器のように見えたミヤマザクラは、より伯父のクロフネに適性が似ているところがありそうだ。

 

馬格がまるで違うし、こちらはサンデーサイレンスの血が入った牝馬。

そもそも、母父がミスプロ系とデピュティミニスターの流れとでは、性質も大分違う。

それでも、早い段階で2000M戦を連続好走。

特段早熟ではない系統だから、軽いレースに向かないことはあっても、近年の高速化の冬の東京は、底力勝負を希望する彼女にはフィットするかもしれない。

 

雨の影響が残っても不思議はない予報でも、それに関係なく、クロフネの血がこのレースで何度となく活躍馬を生んだ歴史は見逃せない。

重厚な配合や見た目より軽くは見せない血統馬がライバルであり、ミヤマザクラは、福永騎手以外の武器も有しているように思う。

 

◎ミヤマザクラ

○ホウオウピースフル

▲ルナシオン

注マジックキャッスル

△シャンドフルール、アールクインダム、チアチアクラシカ

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方