ダイヤモンドステークス(2020年)予想

競馬予想ブログ JUST

ダイヤモンドS 予想【左利き?メイショウテンゲン】ダービーで見せた豪快な決め手

読了までの目安時間:約 3分

 

フェブラリーSとは違い、絶妙な長距離実績がある4歳馬が人気になりそう。

ただ、前走のステイヤーズSで4角逃避ではなく、しっかりと接触等の不利を受け吹っ飛ばされたメイショウテンゲンは、これまでの戦績の不安定さから、過剰に支持を集めることはなさそう。

何しろ、菊花賞惨敗でクラシック皆勤賞だったのに、高齢馬救済レースと化しつつあるステイヤーズSでは伏兵評価。

毎度出遅れるのでは、輪をかけて勝負をかけづらくなる。

 

しかし、豪快な重の弥生賞劇的勝利を経て、皐月賞は良馬場だったから見せ場はなかったのだが、連続乗り替わりで母メイショウベルーガにも騎乗して勝ったことのある武豊騎手と挑んだダービーで、伏兵の競馬に徹しながら、直線で素晴らしい伸びを見せた。

あの豪快な決め手は確かに母譲りなのだが、実はサウスポーなのかと思いつつ、母の現役時に学習した極めて重要なポイントをすっかり忘れていた。

4代母オルメカは、天下の優駿・ダンシングブレーヴの祖母なのである。

ダービーとルドルフもハマったサンタアニタのBCターフ以外、ほぼ無傷というのはディープと似ている感じで、重要な凱旋門賞の勲章に濃厚なコントラストを生んでいる。

そのどちらでもないメイショウテンゲンはしかし、向こうっ気の強さを部分的に発揮し、追い込み戦法を極めんとしつつある。

前向きさを脚質に反映するようなタイプではないのは確か。

必殺の寝業師となりつつある主戦の池添騎手は、今年も早速、モズベッロという厄介な案件を無事に処理し、その名をさらに高めている。

目立ちたがり屋のイケメンも今や不惑を迎え、その味わいは二世騎手らしい天性の馬乗りといった趣。

時に攻撃的な手段も辞さない背景の似た武豊や横山典とは違い、馬の癖に柔らかなアプローチをするテクニックはもはや名人芸の域に達してきた。

今回もこのコンビに色々と楽しませてもらいたい。

◎メイショウテンゲン

○タイセイトレイル

▲ポポカテペトル

注オセアグレイト

△アドマイヤジャスタ、バレリオ、ロサグラウカ

↓【注目】セントライト記念&オーバルスプリントの予想公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方