スプリンターズS ファインニードル

JUST競馬予想ブログ

ファインニードルの鞍上決定

読了までの目安時間:約 2分

 

先日のセントウルSを制し、スプリンターズS参戦が決まっていたファインニードルの鞍上が、ベテラン・内田博幸騎手に決定し、態勢が整った。
これまで騎乗していたM.デムーロ騎手は、同レースの前年覇者で主戦を務めるレッドファルクスとのコンビで参戦することが既定路線だったため、有力馬の一頭ながら、鞍上探しの行方が関心事となっていたわけだが、これで一段落した形だ。

阪神コースが得意なファインニードルだけに、ここ数年よりは時計が速いように思われる中山でのレースでは、否応なしに期待が集まる。
10月最初の重賞レースであるスプリンターズSは、夏から続くやや不穏な空気漂う本命苦戦の流れを変える、一つのきっかけになるのだろうか。
重要前哨戦の勝ち馬の走りは、この秋のGⅠ路線の雰囲気にも大きな影響を与えそうだ。

有力と目されるGⅠ馬が皆休み明けという状況は、最近のスプリンターズSでは意外と珍しい。
ここを休み明けで制したレッドファルクスやウルトラファンタジーは、その年に初重賞制覇を果たしたような新興勢力で、人気馬の案外の凡走で台頭した部分もある。
実績のある馬こそ、しっかりと使われてから信頼に応えられる状況を作れるという傾向。
ファインニードルは実についているように思うが、果たして。

混戦を断つために必要な条件は整った。
キレるラインミーティアやレッドファルクス、正攻法のビッグアーサー、ファインニードルらの攻防は、見応えのあるものになりそうだ。

 

タグ :    

ニュース   コメント:0

海外遠征で明暗

読了までの目安時間:約 2分

 

今年はロンドンタウン
韓国・ソウル競馬場で行われたコリアCは、想定された通りに日本馬同士の争いとなり、今年は昨年優勝のクリソライトを後ろに回して、充実一途の4歳馬・ロンドンタウンが重賞連勝、初のGⅠ制覇を成し遂げた。
同日、カップの前に行われたスプリントも、武豊騎手騎乗のグレイスフルリープが好位から抜け出し快勝。こちらも初GⅠ制覇を果たした。

日本馬はパーフェクトの結果。
今や、JBC競走の前哨戦は、中央のレースには止まらないということなのだろう。

重馬場に苦しむ
さっと流しながら勝って、いつものように勇躍本番へ…、の青写真通りには今年はいかなかった。
凱旋門賞のスーパー前哨戦デーの掉尾を飾る古馬の一戦・フォア賞は、軒並み2分30秒台の決着が続くソフトコンディションの中行われ、人気の中心であり本番での好走も期待されたサトノダイヤモンドが、リードホースとして帯同するノブレスともども、終始レースの主導権を握りながら、終いは完全に失速し、ダイヤモンドが4着、ノブレスは殿6着と惨敗を喫した。
勝ったのは、それらを見る位置から追走したドイツのチンギスシークレット。

「軟らかい馬場だけが心配」
名手ルメールの不安は的中し、この程度のハードルは乗り越えられると思っていた指揮官の顔からは血の気が引いてしまい…。

当初はロンシャンで行える予定だった今年の凱旋門賞は、ほぼ1年前の時点でシャンティイ連続開催が既定路線となっていたようだが、こういう展開はまず日本ではあり得ない。
コース形態そのものが、日本馬には合わない可能性もある。

 

タグ :          

ニュース   コメント:0

勢力図は変わるか

読了までの目安時間:約 2分

 

歴史的活躍を見せた08年生の2大巨頭が、この夏、既存勢力を苦しめ、関係者も驚いているという。
期待馬2頭を札幌2歳Sに送り込み、1番人気に推されたロックディスタウンが見事優勝することとなったオルフェーヴルの産駒は、大きな期待にしっかり応えられるだけの基本能力の高さに加えて、その場所に応じて違う顔を見せられる引き出しの多さも同時に示すことになった。
コースレコード馬と上がり32秒中盤という究極の産駒を早速出世レースに登場させたのである。
今のところ、オルフェの仔には父が悩み続けた自身の中にある弱みしか、主だった死角が見当たらない。
そもそも、今の時期は期待されていなかった種牡馬だ。

世界のロードカナロアが完成されたのは、むしろ、同期のオルフェよりずっと後ではあったが、産駒は天才的な快速型が多いと思われていた面はいい意味で裏切られ、トゥザヴィクトリーの仔・トゥザフロンティアなどに見られるような、伸びしろをたっぷり残した単なるスピード血統にならないことを早くも証明しつつあり、フレッシュサイアーランキングでは常に最上位につけているから、サンデーの血が入っていない強みを最大限活かしていることが窺える活躍となっている。

ただ今年はこれだけに止まらない。
輸入された産駒も活躍していたヘニーヒューズや、ノヴェリスト・エイシンフラッシュといった重厚なドイツ血統の種牡馬が、非サンデー系の未来を切り開こうと躍動している。
2歳トップサイアーの20位以内にはストロングリターンまでいて、どうもクラシックのイメージそのものが、来春から一変しそうな予感さえしてきた。

 

タグ :

ニュース   コメント:0

大逆転勝利・WASJ

読了までの目安時間:約 2分

 

今年も2回札幌3、4日は、ワールドオールスタージョッキーズを開催。
8月26、27という日取りは、どの国の騎手にとっても万全の状態で戦える条件であり、日程変更はここまでは当たりという雰囲気が醸し出されている。

初戦の1200Mは、前のやり合いを見やって仕掛けを待った船橋・中野騎手と福永騎手の一騎打ち。
豪快に差し切った福永・パラダイスガーデンに凱歌は上がったものの、地方選抜の選定レースで活躍した勢いそのままに、人気馬を駆った中野騎手に、芝適性を感じさせる内容も素晴らしかった。
2000M戦は勝った戸崎騎手のクロコスミアのレースになりそうなことが見えていたので、13人が何を仕掛けるかというのが焦点になっていたが、今年もやってきたモデル級美女騎手・K.マリヨンがゲッカコウを駆り、内枠を活かした粘り込みがあったのみ。

混戦模様のダ1700Mは、1角での位置取りで勝負が決し、モレイラ騎手のメイショウバッハが逃げ切った。
武騎手のディープオーパスも逃げたい口だったが、番手で折り合ったので…、という感じで離された2着。
で、最終の1800戦も武騎手は2着だったのだが…。
ルグランフリソンを駆ったベテラン・ダシルヴァ騎手をハナ差まで追い詰めたギブアンドテイクは、単勝40倍の超低評価の6歳騸馬。
ここまであまり出番のなかった騎手の意地が出たレースで、ある意味、今大会のベストバウトであった。

結果、南米の出身、北米で活躍する最終レース覇者・E.ダシルヴァ騎手が47ptまで得点を伸ばし、僅差でJRA勢を差し切り。
2、3位が福永、戸崎騎手で、チーム対抗戦はJRA選抜が制した。

 

ニュース   コメント:0

サマーシリーズ中間経過

読了までの目安時間:約 3分

 

スプリント 10pt
ジューヌエコール
シャイニングレイ
ラインミーティア
ダイアナヘイロー
勝った馬でさえ2戦目に挑めない状況にあって、波乱の連続ではちょっと低調過ぎる気もする。
消極的な理由でセントウルSの勝者に軍配が上がりそうな状況は、路線の再整備後では初めてである。
勝ち馬は結構見どころがあるのだが、2着以下の馬が専門家のような走りで好走していて掴みづらい。

2000
①サクラアンプルール 13pt
ただ、実質的には11ptのタツゴウゲキとそれに僅差のルミナスウォリアーの新潟記念の内容次第だろう。
これがどちらも広々コースの2000Mに向いていなさそうな勝ち方を前走でしていた渋めの血統の馬なので、サクラにチャンスがあるのはもちろんのこと、マイネルフロストやサンマルティン辺りも集合すれば、例年通りの最終戦決着になるのは間違いなし。
個人的には、本州戦フル出場のタツゴウゲキに優勝してもらいたいところだが。

マイル
①ウインガニオン 15pt
ライバル候補
マルターズアポジー
中山にはある程度実績があるマルターズアポジーは、一応、斤量面での死角は生じても、京成杯AHに登録してくる見込み。
久々に自分より前の馬に先着を許したウインガニオンの充実ぶりは、史上初の中京-関屋記念の連続好走にも表れているが、同時に重賞でガッツを見せても、マルターズアポジーのような必殺技がないことが判明した。
どちらもマイルで頂点を極める馬ではないのかもしれない。

騎手
①北村友一 29pt
②戸崎圭太 17pt
もう3週しかないから、大ベテランが札幌・北九州記念を制したとはいえ、先手を取って押し切りたい北村友騎手と戸崎騎手の追撃という構図になりそうだ。
というのも、今年は馬も騎手も連チャンがあまり期待できない状況なので、名手であっても、なかなか出番がない状況。
中堅以上の相応の実績のある騎手による争いだから、一番の見どころはこの部門だろう。
でも…、ユタカ騎手は普通だが、エビショーさんはちょっと乗れてきた印象がある。

 

ニュース   コメント:0

海外名馬情報

読了までの目安時間:約 2分

 

豪女傑・ウィンクスが18連勝達成
6歳シーズン初戦は、スリリングなものになった。
4月のクイーンエリザベスS以来の実戦に挑んだウィンクスは、芝1400MのGⅡワーウィックSで1.1倍の支持を受けたものの、ゴールドシップ級の逆噴射で大出遅れ。
ボウマン騎手は落ち着いて進出し、早めの競馬で逃げ込みを図ったフォックスプレイを、推定上がり3F31.88秒の急追で、最後に捉えきった。
次はマイルのGⅡに挑む予定のウィンクス。
6歳牝馬でもっと大事に使えばいいのに…、という北半球の競馬観は通用しないようである。

アロゲート連敗
デルマー・ダ2000Mで行われたパシフィッククラシックは、今度はちゃんと好位につけていたアロゲートが、同じB.バファート厩舎所属のコレクテッドの逃げを半馬身捉えきれず、生涯初の連敗を喫した。
これで4連勝とした僚馬と共に、同じくデルマー競馬場で行われるBCクラシックに向かう見込みとのことだが、先行きは不透明と言わざるを得ない。

サトノダイヤモンド・ノブレス、シャンティイに到着
池江厩舎のサトノダイヤモンドとノブレスが、無事シャンティイで滞在予定の小林智厩舎に到着した。
「20時間以上の長距離輸送でしたが、2頭とも異状なく無事に到着してホッとしています」<池江調教師>
2頭は予定通り、現地時間の20日には曳き運動をこなし、陣営も順調さをアピールしている。

三者三様、似たような距離適性を示しつつ、各地で次のタイトルを目指しているが、競馬は難しいものだと思い知らされる結果が続いている。
アロゲートに起こったことは、誰にでも起こり得るということを肝に銘じておきたい。

 

ニュース   コメント:0

課題山積の堅実派

読了までの目安時間:約 2分

 

「いいレースができなかった」
なかなか勝ち切れない馬の切なさが全て詰め込まれた、安田記念後の武豊騎手のコメントである。
八方塞がりのレースと言えば、8年前のウオッカの奇跡を思い起こすわけだが、エアスピネルはまだGⅠには縁がない。唯一最初に挑んだ舞台が最大のチャンスであったわけだが、それを逃したこのコンビもこれで見納めとなってしまうのだろうか。

「折り合いは少し難しいが2000Mは大丈夫」
元主戦が手こずってきた部分に、ルメール騎手は慎重な言い回しでも、素直に課題はあるということを認めている。
函館での調整もうまくいき、昨年大物斬りを成した鞍上に勝ち気を注入してもらわんと、否、勝利への渇望を馬自身から感じさせるものがないといけないから、陣営が逡巡した上での乗り替わりなのは、誰の目にも明らかだ。

「徐々に大人になってきている」
陣営の青写真は、ここを勝った後に秋の天皇賞とマイルCSを両獲りしようというもの。
そこで問題になってくるのが、セイウンコウセイが異常な人気になった原因を作った賞金半減問題の克服である。
3歳時に賞金加算はついにできずじまいで、今年も上半期に加算した分がそっくり半減だから、馬肥ゆる秋を前にして貰えるものをしっかり貰っておかないと、そんな最低限のハードルさえもクリアできない。

同じ馬に何度も負けたのは、距離を超えたところで戦ったクラシック戦線でのことであり、今期敗れた8頭は全て別の馬。
ただ、目標がずっとこの中距離路線にあった馬との対決で、騎手が替わったことがそのまま勝因に繋がるほど単純ではない。
己が設けた壁をどう乗り越えていくのか。
ラストチャンスである。

 

ニュース   コメント:0

秋は古馬王道3戦<キタサンブラックのローテーション決定>

読了までの目安時間:約 2分

 

宝塚記念で9着大敗の後、凱旋門賞挑戦が白紙撤回され、今後のローテーションが注目されていたキタサンブラックに関して、清水久詞調教師から、秋の古馬GⅠ3連戦にフル参戦、10月29日の秋の天皇賞を始動戦とする予定であるとの発表があった。

しかし、具体的な帰厩の時期に関して、

「未定です」

という表現に止めた辺りは、春の失敗を繰り返さないための慎重な姿勢が見て取れる。

大阪杯で完封したマカヒキ、3歳を代表して毎日王冠から挑むソウルスターリングが、まず初めの強敵となる天皇賞では、昨年パスした分も、今年は期待することができる半面、間隔が詰まることを嫌った、結果的に長距離戦を中心としたローテーションを組んだ点と大阪杯でのパフォーマンスとで、ファンの支持は大きく分かれる可能性がある。

連覇を目指すジャパンCと通算【0121】と相性の悪いグランプリレースの有馬記念では、春の天皇賞で見せつけた圧倒的な総合力で、もしかすると凱旋門賞組とレイデオロら、相手に不足なしの好敵手を迎え撃つことになるが、この辺りの期待度は、何はともあれ、秋の天皇賞のレース内容如何で大きく変化することだろう。

一時は今季限りの引退を発表しながら、春にはそれを撤回し、しかし凱旋門賞というボーナスステージを、自らの意思で辞退することにより、実は行き先に迷いが出ているだろう陣営の判断については、もうフラフラしてはいられない状況にある。

本当に使いたいレースは一体どれなのか。

このGⅠ5勝馬の引き際を巡る葛藤は、これからもっと深まることだろう。

それが見えない戦いは、もう無意味は存在である。

 

ニュース   コメント:0

英愛オークス馬、古馬を圧倒<英キングジョージ>

読了までの目安時間:約 2分

 

イネーブル<Enable>強し。
現地時間の29日、アスコット競馬場で行われたキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSは、L.デットーリ騎手騎乗のイネーブル(J.ゴスデン厩舎)が、4歳牡馬ユリシーズに4馬身半差をつけ、圧勝した。
ハイランドリール以下、欧州の強力牡馬陣を屈服させたあたり、桁違いのポテンシャルの高さを誇る真の天才少女が、今後の時代を切り開いていくことになりそうだ。

父はガリレオを父に持つナサニエルで、その初年度産駒がいきなり春の古馬勢の大目標であるキングジョージを親仔制覇とは、いやはや、末恐ろしいものである。
同時に、この超名牝は、血の袋小路との争いに身を捧げる、己との戦いを宿命づけられた馬でもある。

ガリレオの父は、欧州競馬の近20年を根幹部分から支えた大種牡馬・サドラーズウェルズ。
母コンセントリックの父がまたそのサドラーズウェルズで、近年はデインヒルとその父ダンチヒのクロス濃厚さが問題になっている中で、日本でいうところのサンデーサイレンスのような存在である彼の底力が、極端な形で、ここまではその競走能力にプラスの効果を与えているように思う。

3×2という世界。
2×4のラムタラ、同じクロスを持つアグネスワールド。
3×3となると、日本ではフサイチコンコルドやスティルインラブが活躍して以降、4代目以降とクロスする馬は枚挙に暇がないが、ヨーロッパではそんなものはリスクも何も承知で、どんどん気にせず配合されている。

ミスプロもヘイルトゥリーズンも入ったこの馬が、母となった時に、どんな配合の産駒を産むのか。
これもまた、末恐ろしくなる。

 

ニュース   コメント:0

どうした最強馬?

読了までの目安時間:約 2分

 

日本時間の23日朝行われたアメリカ・デルマー競馬場に行われたGⅡサンディエゴH<ダ1700M>に参戦した、目下世界最強馬の評価がなされているアロゲートが、まさかの惨敗を喫するという、予期せぬニュースが飛び込んできた。

故障か、はたまた体調不良だったのか。
単勝支持1.05倍という実質元返しの評価を受けた同馬は、ドバイワールドCの時のように後方からの競馬となり、126ポンド(斤量57相当)は当たり前のようにこなせるだろうと思っていたファンをまたもやヤキモキさせたが、この日は追い上げる力がなかったか、絶対的な信頼関係を築くマイク・スミス騎手も直線ではお手上げというアクションに終始し、結局、勝ったアクセラレートから15馬身差離された5頭立ての4着と大敗。

次戦も同競馬場で行われるGⅠ・パシフィッククラシック(ダ2000M)を予定しており、今後連覇を目指す大舞台に向け、まず出走するのかどうか、ファンも頭を抱える結果となってしまった。

ここ数年では、圧倒的なパフォーマンスで凱旋門賞を制したトレヴが、丸々1年勝ち星から見放された後、再び凱旋門賞で不死鳥のごとく蘇ったことがあったことは、記憶に新しいところ。
リボーやマルゼンスキー、フランケルが伝説となったのとは対照的に、負けるという経験が、その馬の持つ底力を増させることがあるということは、皆目撃したことがあるはず。
生涯2度目の敗戦は、アロゲートの場合、どんなドラマを巻き起こすターニングポイントとなっていくのだろうか。

 

ニュース   コメント:0

1 2 3 11