競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ユタカ、騎乗停止余波

読了までの目安時間:約 2分

 

問題の事象が発生したのは、日曜京都の芝1200M戦。

8レース、古馬500万下条件でのことであった。

平均よりやや緩めの展開から、最内枠スタートのサイモンゼーレがやや行きたがるところを、スムーズに外に出せればよかったのだが、流れもあって、武豊騎手も前と左方の各馬の動きを見ながら進出しようとする中、アドマイヤジャズとの間に挟まれてしまった鞍上加藤祥太騎手のシアンの進路を塞いでしまい、その際に、かなり加藤騎手が手綱を引いたことにより、直後にいた和田騎手騎乗のプレシャスロードが煽りを受け、結果的に一番大きな不利を受け、レースにならず…、というのが、このレースの概要。

7位入線のサイモンゼーレ号は降着にこそならなかったが、鞍上の判断、御法に関し、アンフェアな騎乗をしたとして、武豊騎手には4月28日からの9日間、中央開催分では実効4日間の騎乗停止処分が下された。

これにより、春の天皇賞で人気になることが予想されたクリンチャー、NHKマイルCで初コンビを組む予定だったケイアイノーテックら、GⅠでの参戦予定だった各馬への騎乗は不可能となり、ケイアイノーテックには藤岡佑介騎手が騎乗することが決まったようだ。

平成初期の4連覇以来の春天3連覇も懸かっていただけに、記録の面でも大変残念な騎乗停止となった。

まだ1kgもらいの加藤騎手とすれば、まさか天下の武豊があんな乗り方をするとは…、というところだろう。

春天の有力馬陣営の差し金では、という意見に乗るつもりはないが、主催者の裁定に関しては、少々厳しすぎる気もしないではない。

 

ニュース   コメント:0

マイラーズC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

想定されたペースを考えたら、モズアスコットに乗ったルメール騎手の判断に誤りはなかったはずだ。

ただ、こういう競馬をやったことにない馬が、レコード決着に持ち込むときには、無傷であるとか少なくとも連勝中であるとか、もちろん、キャリアの面で他のライバルより上でないといけないという要素が加わった条件ではないと、案外苦しいものだ。

最後はちょっと伸びきれなかったか。いや、よく頑張っているとすべきだろう。

初めて、オープンのかなりのレベルの競馬を自分で作っていっての2着なのだから。

納得の結果だったように思う。

そういう展開で、これまで上々の青春取り戻し作戦を遂行していたロジクライが、自分の持ち味を出そうとして、そういう形には持ち込んでいる。

差し馬人気ながら、エアスピネルに極限の決め手があるわけではない。

ベテランの伏兵も多く、あと勝負になりそうだったのは、ダッシングブレイズとサングレーザー。

ただし、ダッシングブレイズが今年は詰めて使えている分、いい頃の大物感溢れる走りには程遠い状況で、これも勝負には加われず。

1400ベースのディープ的差し脚をこれまで追求してきた福永騎手のサングレーザーが、最後は凄まじい決め手で前を呑み込み、見事に重賞2勝目を挙げることになった。

口惜しくてたまらないだろう福永騎手が、前日の東京では元気になって、しっかりと結果を残した。

馬にしても、本来使うべきレースをいくつもパスして、恐らくは、この春は最初から安田記念一本に絞ったローテで行こうと決めていたように、秋には使い込んだ分をしっかりとと立て直し、フレッシュな状態で好メンバーを打ち負かしたのだ。

レコード決着に関しては、最近の天候の影響もあるのだろうから、真に受ける必要はないか。

この手の勝負は、1400得意の勝ち馬には向いたのだろうけど、いい武器を持っている馬である。

 

レース回顧   コメント:0

フローラS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

一頭だけ別の競馬、また他とは違うローテでトライアルに挑み、かなりの後傾ラップの中で直線勝負での快勝。

思われているより、サトノワルキューレという馬は、自力勝負に向く本格派のディープ産駒であったということだろう。

スタート抜群で、いつどこからでも抜け出せそうなオハナが、揉まれたのが良くないのか、単に仕上がっていなかったのか、馬体を見る限りは言うことなしのように映ったライバルは、そのようにして勝手に負けていったわけで、サラキアの内枠もあまりプラスにならず、返って、スローに流れて外枠の伏兵が伸びのに走れたことで、非ディープの最上位人気馬であるノームコアも力を出し切れる展開。

ただ、条件が合っていたかどうかはともかく、大きく体を使えるように位置取りを無視したような策で無理な追走を序盤からせずに、しかし、直線ではあっさりの一気の脚を使ってしまったサトノワルキューレは、あまり全体のレースのリズムとは関係のないところで、素晴らしい末脚を繰り出したという結果しか、どうも印象に残らなかった。

父は言わずもがなのディープインパクト。

母系は南米、それもあまり日本に輸入されることのないブラジル経由の変わった血統で、レイズアネイティヴ系とリファールのラインが入っているから、何となくイメージはつくものの、リファールのクロスが入っていたり、父のロワノルマンはリュティエやカルヴァンといったフランスの血が入った系統で、詰まるところは、北半球の主要生産国っでは役に立たないけれども、独自の発展を遂げた南半球の馬産には有益な血が、日本にもお裾分けされたような印象で、生産者からするとありがたい話なのだろうが、血統に一定の予想のファクターを求めるファンには、まだまだ未知なる戦いが待っていそうな雰囲気を醸し出している。

軽いヨーロピアンだから、レースレコードの流れにも適応できた可能性を求める一方で、こういう配合の馬が、いざ距離が伸びたGⅠレースで、このような馬場の中で時計勝負になって、日本に馴染みのある配合だとイメージできるものがあっても、これだと読み切れない。

アーモンドアイに屈したラッキーライラックのような構図…、と比喩すればよいのだろうか。

アーモンドアイにとって、この未知なる刺客は、かなりの脅威になる。

何せ、鞍上同様、どういう競馬をするか見えないのだから。

少なくとも、完成するにまだそれなりの時間が必要でも、父と同じような体のサイズながら、しなやかさと力強さを併せ持った素晴らしい馬体に、サトノワルキューレの才能は、パドックの段階からすでに、異彩を放っていたということだけは断言できる。

違いがそのまま、結果として現れた一戦。

超伏兵、ルーラーシップ×アニメイトバイオという配合の力だけで、やや距離不安を秘めていたノームコアでねじ伏せたパイオニアバイオ以下とは、使うべき物差しが違うようだ。

ワルキューレにとって本当は、こちらの距離の方が適性があるような気もしないではないが…。

ここまでの段階では、強敵出現ということでいいだろう。

 

レース回顧   コメント:0

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!