血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

狙うべきは本番型

読了までの目安時間:約 3分

 

チューリップ賞勝ち馬前走

09111718JF①

16紅梅S①

15<重>JF③

1314JF②

12500万下①<東1400>

10<重>未勝利①<京1600>

うち、クラシックレースの勝者になったのが、

09 ブエナビスタ<春二冠>

14 ハープスター<桜花賞>

16 シンハライト<優駿牝馬>

17 ソウルスターリング<優駿牝馬>

*全てオークス連対馬。

弥生賞勝ち馬前走

18FS①

17京2歳①

1416若駒S①

15<稍>東スポ①

13500万下①<東1800>

12<稍>共通杯⑤

11FS④

09<稍>10<重>ラジN①

うち、クラシックホースになったのは、

09 ロジユニヴァース<東京優駿>

10 ヴィクトワールピサ<皐月賞>

16 マカヒキ<東京優駿>

*父は春二冠か三冠馬、2000M無敗で皐月賞へ。

大一番で信用に足る馬を探りたい。

ここ10年だけでも、

チューリップ賞

②101416

③1315

④12

⑤ -

弥生賞

②1418

③ -

④13

⑤13

と、人気に推されて敗れた面々の本番での巻き返しがあったわけだが、弥生賞はヴィクトワールピサしか近年では皐月賞馬を送り込めていないので、なかなか難儀。

皐月賞馬になれそうな馬を、まずはここで頭から、というのがいい。

チューリップ賞だと、負けた馬は10、13、15、16と、マイル重賞連対馬が本番で巻き返し。だから、人気のある方を押さえた方が、こちらはトライアルとしての見解としてあり。

また、弥生賞よりは当該距離での重賞実績が重要ではないことの証明になるから、ブエナビスタ以来阪マイル3重賞コンプリートがない点からも、2勝で上がりという捉え方が正解。

やはり、阪マイルは姫君には厳しい舞台設定なのだ。

参考:日本ダービー予想 特集ページ

 

コラム

平成の出世レース・意外な特性を持つ桜花賞TR

読了までの目安時間:約 3分

 

オーシャンS

17④ブレイブスマッシュ

<14⑧リアルインパクト>

<12④カレンチャン>

09⑩10①<11②>キンシャサノキセキ

 
チューリップ賞☆

三冠馬

12④ジェンティルドンナ

10②アパパネ

桜花賞馬

16②ジュエラー

15③レッツゴードンキ

14①ハープスター

13③アユサン

11、18年以外、クラシックホース輩出。

 
弥生賞

二冠以上

05①ディープインパクト

00②エアシャカール

98②セイウンスカイ<①スペシャルウィーク>

97③サニーブライアン

皐月賞馬

10①ヴィクトワールピサ

ダービー馬 5頭

菊花賞馬 1頭

17年以外、GⅠ馬輩出。

 
中山牝馬S

12⑤ホエールキャプチャ

 
金鯱賞<過去6年のみ>

18①スワーヴリチャード

13②14④ラブリーデイ

12③アドマイヤラクティ

 
フィリーズレビュー☆

17②レーヌミノル⑬アンジュデジール

15①クイーンズリング

13①メイショウマンボ

10⑧カレンチャン

 
桜花賞を勝つためには、トライアルは負けた方が良い。

07年にダイワスカーレットがウオッカとのチューリップ賞での着順を入れ替えて、桜の女王になってからというもの、

09ブエナビスタ

14ハープスター

らが、断然人気に応えて、トライアル→本番連勝を決めただけ。

 
11マルセリーナ<エルフィンS>

18アーモンドアイ<シンザン記念>

この2頭は、シンザン記念で男馬に揉まれていた。

クイーンC、アネモネS、フラワーCから来た組のラストウイナーは、

平成期なし(76テイタニヤ)、02アローキャリー、04ダンスインザムード

と、ほとんどご無沙汰。

 
外回りコースで行われるようになって、

チューリップ賞組 9頭

フィリーズレビュー組 2頭

それでも、人気になりすぎるトライアル勝ち馬の取捨は、今もって悩ましい。

 
07ウオッカ 1.4

09ブエナビスタ 1.2

13クロフネサプライズ 2.8

14ハープスター 1.2

17ソウルスターリング 1.4

18ラッキーライラック 1.8

【2211】

これをどう捉えるかは、ファンの考え方によるところが大きい。

クイーンC、フラワーC組の1番人気馬は、必ずトライアル組に敗れるということの方が、重要なのかもしれない。

 

コラム

2019年 大阪杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

さて、今年も悩ましい選択となりそうなメンバーが集うことだろうこのレース。

 
4歳世代<ダービー以降の出走数・臨戦過程>

ダノンプレミアム<0・ひと叩きして参戦へ>

ワグネリアン<1・6か月ぶり直行>

ブラストワンピース<3・3か月ぶり直行>

その他GⅠ馬

エポカドーロ<中山記念⑤>

ステルヴィオ< 〃 ③>

ラッキーライラック< 〃 ②>

これに加えて、フィエールマンも入ってくる予定ではあったのだが、また例によって順調に使えることを証明するような、通常のローテを組めずに、春の天皇賞以降の登場に現状ではなりそうだ。

話題の通り、唸るような調教を結果に繋げられるかどうかが焦点のダノンプレミアム登場となれば、弥生賞時点での力関係が再構築される。

ブラストワンピースはコーナー4つの中距離カテゴリーで、本領発揮とはならないだろうが、十分に古馬トップレベルにある能力は証明済みだ。

個性はマイルなどのギニーグループ優勢も、実力勝負では底力型の三者だろうか。

ワグネリアンだって、力勝負でこそのあの決め手がある。

 
有力古馬陣

キセキ

サングレーザー

マカヒキ

アルアイン

これらにミッキースワローとダンビュライトという、昨年のAJCC好走組が加わるかどうか。

この方々、何となく頭打ちで勝ち切れないキャラがほぼ確定的なメンツである。

軽いレースも取りこぼし、底力を示すべき場面で競り負ける。

レイデオロやアーモンドアイにコテンパンにやられてしまってきた以上、オープンキャリアとGⅠ消耗の軽い順から、末脚自慢のサングレーザー、ミッキースワローしか、頭は狙えないと見る。

ここに中山記念短評を加えると、ウインブライトは有力、スワーヴはドバイに行っておいで、4歳馬は下の順から買いという感じ。

ウインブライトは好位付けできなくなってる可能性もあり、動くとかえって危険な気もする。

エポカドーロは叩き台での時計勝負は出番なし。あとの2頭はマイルGⅠ馬らしい競馬だったのが減点材料。

 

レース予想

2019年 新馬回顧<2/23・24>

読了までの目安時間:約 3分

 

もはや、この開催の雰囲気は、阪神大賞典やスプリングSの行われる週の気候になっているせいか、春めいてきたという感じでもなくなっている。

同時に、そういう季節は寒暖の差が日々激しくなるから、天気の読みも難しくなる。

トライアルの時季は、どこかしらで雨に祟られるものだが、初週のその予測は大きく外れ、土曜中山は朝から芝・ダートとも良であった。

そして、東西とも風がやけに強かった。

その中山の2000M戦が土曜の芝の新馬戦。

ここ数年、かつての勢いを取り戻したシルクレーシングの人気馬・パラダイスリーフが、恐らくは、あまり追い詰めず仕上げたことによる余裕残しが影響した面が多分にある、道中の石橋騎手の叱咤にめげず、後続の追い上げでこそ底力を発揮するようにして、最後は楽に抜け出し、人気に応えた。

全兄にゼーヴィントがいる、例の最強兄弟の一族。

あの時代から四半世紀を経て、いまだ健在とは恐れ入る。

武豊のスロー逃げがまたしても決まるかと思われた刹那、外から一気に捉え切ったケプラー登場の阪神ダ1200戦は稍重。

池添騎手のゴーサインに素直に反応したこのロードカナロア産駒は、渋いダイナフラッグ系統で、これからの成長を期待できる。

幾らか穏やかになった日曜日は、阪神で芝の2000M戦。

人気のディープ産駒・アモレッタが、ロスの大きかった道中の諸問題を正攻法の抜け出しで封じ、しっかりと勝ち上がった。

母の一つ上の姉の娘が、パイロ産駒でダート2勝のオルトグラフという血縁もあり、これからが気になる系統なのかもしれない。

中山ダート1200も、人気の牝馬・アッシャムスの好位抜け出し。

エンパイアメーカー産駒はダートの安定株だが、100年以上前に輸入されたシルバーバットンの末裔でもあり、時折大一番で一発花火を打ち上げる底力を秘める。

母はウオッカと同期で長く活躍したアドマイヤプルート。先は長い。

近年のトレントから見ても、この辺りからデビューする第三グループの新馬戦の注目馬は、かなりの大物もいるから注視していきたい。

 

レース回顧

3kg減の重み

読了までの目安時間:約 2分

 

藤田菜七子騎手への注目が、再び集まっている。

既に発表されている通り、3月から適用の騎手に対するセックスアドヴァンテージの実施により、その時点で2kgもらい、ここまで通算勝利数も100勝に達していない見習い騎手の扱いも手伝って、これまでの主戦場であるローカル戦では特に有利な1kg減と合わせ、合計3kgの減量が可能となるからだ。

騎乗数やそのパートナーの質は、確実に上がるだろう。

加えて、師匠である根本調教師は語る。

「3kg減から2kg減になっても、そこまで影響はない。(中略)1kg減(になると)は堪える」

「暫く菜七子も勝てなくて苦しんでいたね」

ダービージョッキーの言葉は重い。

続けて、

「手綱の持ち方とかを色々工夫して、ようやく1キロ減の乗り方に対応できるようになってきた」

「そうして培った技術で3キロ減になったら、絶対に成績は上がる」

即ち、今までより重要な役割を果たすべき立場に、特別な経験をせずとも、自然となっていくだろうというのだ。

現在では珍しく、内弟子のような所属騎手を多く抱える根本厩舎にあって、これまた説得力のある論理だ。

当の本人は、日々精進というスタンスを曲げず、第三場でコツコツと経験を積んでいるわけだが、一気にワープしたかのようなビッグステージでの騎乗経験は、同年代の男子が武者修行を経て評価を一変させたようなスキルアップの証明と、明らかに同質の意味合いを持つように思う。

フェブラリーSで騎乗を依頼した小林オーナーは、3kg減の需要まで見込んだキャンペーンに一肌脱いだことは間違いない。

しかし、結果としてまずまずのものをそこで残した藤田騎手だから、皆が期待を寄せるのである。

 

ニュース

1 2 3 7