愛知杯 2020 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

愛知杯 2020 回顧 – 驚きのイン強襲、デンコウアンジュ&善臣マジック

読了までの目安時間:約 3分

 

今年はイン強襲。驚きのデンコウアンジュ&善臣マジックであった。

開幕週とはいえ、かなりタフな馬場コンディション。

7歳の熟女・デンコウアンジュ様の前半がどうにもなかなか流れに乗れないという作戦があってのものも含めた直線勝負型としてのスタンスを確立している状況で、小回りで上がりが掛かるなんて好条件は、牝馬限定戦という狭い括りではまず生涯に何度かしか出会えない。

良馬場以外の戦績は【0105】だったが、2着はあの波乱だったヴィクトリアマイルでの追い込みの結果であり、重馬場のローズS4着の記録もあった。

柴田善臣騎手と最初のコンビがハイペースでうまくインをついたターコイズSでの3着。

次があの福島牝馬Sの直線ぶち抜きであった。

何度とないチャンスで、際どく似たような乱戦向きに育ったドリームジャーニー産駒のアルメリアブルームとの争いになった時点で、クラシックを使ってきた馬や、どちらかというと中央場所の方が適鞍の多い人気勢に、いかに望み薄の展開だったがよくわかる。

筆者はそれなりに自信を持って推したアルメリアブルームであったが、その後ろにいたのがデンコウアンジュ。

武豊騎手がゴール板のところで内を見やった時に、ああ善臣さんか…、という感じの嘆きが聞こえてきそうな後ろ姿が画面で捉えられた時に、想像を超えた難解重賞らしいローカルの面白みが凝縮されたレースだったと、皆が感じ取った。

ようやく好走したという感じのレイホーロマンスやいつも仲良しのパッシングスルーがいなくて寂しそう?に見えたフェアリーポルカなど、いかにも道悪巧者が集ったゴールシーン。

中距離重賞でノーザンダンサー系やそのクロス持ちが上位独占なんて、00有馬記念の時代ならあり得たのだろうが、その時の勝ち馬と同じ父を持つメイショウサムソンの産駒が今回勝ったのだから、馬場読みを間違えたらもうどうにも立ち行かなかったのは仕方のないところだろう。

---
当ブログの予想
馬連◎△で12,500円的中
3連単◎▲△で91,350円的中
---

↓【注目】セントライト記念&オーバルスプリントの予想公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方