東京新聞杯 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

東京新聞杯 2020 回顧【超出世レース化の流れ】に乗って存在感を示した人馬

読了までの目安時間:約 3分

 

出たなりで好位の外を狙える位置につけたプリモシーンと、最初から間隙をついて内の方が脚を使わせる狙いが横山騎手にあったように思えたクリノガウディーの好位のイン獲り成功で、筆者、左団扇のゴールシーンを期待したが、気持ち、理想の展開を狂わせてくれた岩田騎手のシャドウディーヴァの追撃には痺れた。

いや、切ないなとも思うゴール前強襲であった。やはり、前には誰かがいた。

 

大半の馬が33秒台の脚を使えるとわかっていたからこそ、人気馬のほとんどが差し馬の動きや位置取りに注目が集まる中、こういうときこその江田照男を示すべく強かな逃げの手に出たモルフェオルフェを、まるで先入観のないテン乗りフォーリー騎手のクルーガーが楽をさせなかったことで、異様なスローの展開にはならなかった。

 

強烈な上がり勝負が懸念されたから、クリノガウディーの使える脚を考慮した横山騎手の策は、これでボチボチの成功に留まる展望が見えた。

一方、人気のレッドヴェイロンや相変わらずの危険性を秘めるヴァンドギャルドは、厳しい競馬の経験が若いなりにもたくさんある面々に、全く太刀打ちできずに惨敗。

 

そんな中、ゴール前の手応えが一頭抜けていたようなところのあるプリモシーンの快勝は、デムーロ騎手としても会心の騎乗と言えよう。

アドマイヤマーズにも乗れなくなり、オメガパフュームも今後どうなるかわからない状況で、筆者の思ったように、相手が形を作ろうとしないのなら、僕が行ってしまうよと思わせただけでも、伏兵陣にはプレッシャーになったはずだ。

 

結果的に、自分の前にクリノガウディーが入ったから、いつもの外からの差しに転じたが、今までならそれではダラダラと脚を使ってしまって持ち味が活きなかった戦法で、勝ち切ったのだ。

言わずもがな、実力と実績通りの結果。

近年の超出世レース化の流れに乗って、再度存在感を示したこの人馬の実力は、やはり侮れない。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方