ダイヤモンドS 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

ダイヤモンドS(2020)回顧 ~人気タガノDはステイゴールド系独特の事情か?

読了までの目安時間:約 3分

 

人気のタガノディアマンテは捲るところまではできたが、オルフェーヴルらしいというかステイゴールド系独特の事情があるのだろう、連続して長い距離を好走できないという死角が出てしまった。

きっと、それに加えてまだ線が細く、長距離輸送にも課題があるのだろうと思えた。

 

過剰人気の気がしていた大本命に対し、外枠に並んだ芦毛軍団は何とも不気味。

直前の京都牝馬Sとは違い、その芦毛の3頭のお尻が仲良く横並びの画が見えたと思えた刹那、やはり、差しタイプの2頭が後方からというスタートも、バレリオが前に…。

 

一方、一番人気薄でも競馬は自在のミライヘノツバサが、少し前までは実績のここでも人気になったのだろうけど、休養もその後の不振などもあり、鞍上の木幡巧也騎手の実績なども含め、メンバー中ぶっちぎりの殿人気ながら、日頃から叩き合いで見せ場を作る競馬一家らしい、実に男らしいタイトな進路取りから、残り100辺りで堂々抜け出してきたのだから、想定を超えた展開である。

 

これがドリームジャーニー産駒。言わずもがな、オルフェーヴルの兄貴の仔だ。

筆者は自信を持ってメイショウテンゲンを推していたから、直線の入り方なども含め、池添騎手がまたやってくれたと思ったのだが、条件は未知ではないが、好走実績はない長距離重賞の事。

馬自身が軽やかに差せるようなスマートさをまだ会得していないから、真っ直ぐミライヘノツバサを追い詰められなかった。

叩き合いにはなったが、これも馬が慣れていない。

 

思えば、古馬重賞2着と3着の実績がある古馬が相手で仕方のないこととなるが、それに加え、少し前にかつて大穴快走のケイアイドウソジンと同じくダートを使っていたのも、ミライヘノツバサのアドヴァンテージになったか。

それで斤量は少しだけ勝ち馬が軽かった。

巧也騎手おめでとうと共に、4歳馬頑張れ、と思ったゴールシーンだった。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方