葵ステークス 2020 回顧(京都競馬場 3歳 重賞 芝1200M)

競馬予想ブログ JUST

葵ステークス 2020 回顧 ~ ダービー馬・キズナの初年度産駒がワン・ツー

読了までの目安時間:約 3分

 

メンバー中ぶっちぎりの馬体重、558kgという巨漢馬に育ったビアンフェが、1200M、直線平坦の京都で復活した。

時計メンバー中最速のレジェーロは、それと反対に、なんと398kgという牝馬らしいというにも小さすぎる馬体で、それを追い詰めた。

この2頭が何を隠そう、第80代ダービー馬・キズナの初年度産駒。

 

あまりにも変化に富んだミラクルサイアーである。

従兄弟のビワハヤヒデ、早逝のナリタブライアンだけでなく、とても年の離れた姉のファレノプシスなどがなかなかステークスウイナーさえ出せないでいる内に、あっという間に時が経ってしまったのとは正反対。

これもディープインパクトの血の成せる業なのか。

もう重賞は6勝目である。

 

ほとんどサイレントウィットネスになりかけているビアンフェは、実力もさることながら、ここまで戦ってきた相手が違ったというのも事実。

何度も対戦したタイセイビジョンだけでなく、朝日杯ではサリオス、ファルコンSでもラウダシオンと走っている。

気が付けば、断然の支持に限りなく近づいた3倍ちょいの単勝オッズ。

 

終わってみればあっさり…。

好馬体を誇ったビップウインク、アルムブラストなど、中山で素晴らしいパフォーマンスを誇った本格派と期待された面々にも、このタフな経験がいつか役に立つ日がやってくるだろう。

外と内で、それなりのロスがあった2頭。

この中ではまだ、自分で時計を作っていける能力を持っているグループだろうし、まだ見限ってはならない。

大幅時計更新の3、5着馬も面白い。

 

日本のファンにはまだ定着していない概念かもしれないが、こういう国際格付けというのは、案外、あっという間にはく奪されてしまうことが多い。

ここ2年の好走馬は、古馬のスプリント戦における上級重賞で、しっかりと結果を残しているのも忘れてはならないこと。

今年の好走馬の今後が担保されたと共に、来年は無事、GⅢ・葵Sの誕生となる。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方