競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

7歳ミツバが初タイトル

読了までの目安時間:約 2分

 

例年にも増してタフなコンディションになっている東日本地区のダート競馬ではあったが、ベテランの揃った川崎記念では、それはあまり影響はなかったようだ。

ただ一点、断然の支持を集めたケイティブレイブは、持ち味を出したものの、伸びきれなかったというのは残念ではあった。

30日に川崎競馬場で行われた第68回川崎記念は、3番人気のミツバが直線で先行する人気2頭の間をこじ開けるように伸び、最後は自慢の末脚で置き去りにし、このレースで差しタイプの馬がつける着差としては限界に近い2馬身半の完勝で、GⅠ初制覇を達成した。

勝ちタイムは2:15.0。

重賞は盛岡のマーキュリーCを連覇しているくらいで、実績ほどは多く勝っていないが、3勝目で大金星を挙げた。

レースは、好発を決めたサルサディオーネをコパノチャーリーが追いかけるも、快速自慢ではないので、最初から掛かっていたオールブラッシュが押し上げるように前をつつき、サルサディオーネらには厳しい展開に。

2番枠からいつものリラックスしたリズムで好位抜け出しを狙ったケイティブレイブだが、3角辺りでオールブラッシュが先頭に立ち、やや離されかけた時に動かざるを得なくなったところを、不気味にインからミツバが追いかけてきた段階で、どうも勝負があった気もする。

和田竜二騎手は4年ぶりに騎乗したにも拘らず、味な競馬で、馬のいいところだけを引き出した辺りなど、さすがはベテラン、ファイタータイプの騎手らしいベストライドではなかっただろうか。

先行型の2頭を差し合いに誘ったような進路取りは、若い騎手には、是非見習ってほしいものである。

 

ニュース

平成の出世レース・超A級馬のための関門

読了までの目安時間:約 3分

 

東京新聞杯

'18①リスグラシュー

<'14⑪ヴィルシーナ>

<'13⑪リアルインパクト>

'12⑤ダノンシャーク⑬サダムパテック

'10③エーシンフォワード

'08①ローレルゲレイロ

 
きさらぎ賞

'16①サトノダイヤモンド

'14①トーセンスターダム

'12④ジャスタウェイ

'11①トーセンラー③オルフェーヴル

'99①ナリタトップロード

 
クイーンC

'17②アエロリット

<'16①メジャーエンブレム>

'15②ミッキークイーン

'12①ヴィルシーナ

'11①ホエールキャプチャ

'04①ダイワエルシエーロ

3歳重賞も素晴らしいが、東京新聞杯で負けた組の活躍も目覚ましい。

負けていたのに、その後すぐに立て直してという馬は、ほぼ例外なくマイルのビッグレースで結果を出しているということでも、東京マイルの格が確かなものだと再確認できた。

さて、サトノダイヤモンド、オルフェーヴル、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、スペシャルウィークなどなど、厳しい場面でのビッグマッチで真価を発揮した優駿たちの前哨戦となってきたきさらぎ賞を、改めて、解析してみる。

ジャスタウェイはまだ本格化まで1年余の時間を要したが、それは2戦目のここで3着だった父ハーツクライとまるでそっくり。

トーセンラーが走りすぎた時に、オルフェーヴルは何かを体得したかのように、次戦以降連戦連勝で有馬制覇まで突き進んだこともある。

トーセンスターダムは日本に適鞍があまりなかっただけであり、実力は早くから評価されていた。

サトノダイヤモンドは世紀のスター誕生かと、ここでは騒がれた。

アエロリットが快時計決着の2着。

ミッキークイーンは著しい細化により極限状態の中で、猛烈な追い込みで2着。

これはレースレコードであったから、ここ4年続けて、昨年のテトラドラクマの1:33.7を再評価するまでもなく、時計に裏打ちされたスケール感というファクターが、はっきりと結果の分析を直接的に決定づけている面は否めない。

同時に、超スロー勝ちのヴィルシーナや道悪快勝のホエールキャプチャは、即戦力の評価を得つつ、長い時間の活躍に繋げる安定感をここで証明している。

 

コラム

平成の出世レース / 快速馬の鈍速力

読了までの目安時間:約 3分

 

アメリカジョッキークラブC

<'15⑦ゴールドシップ>

'13③アドマイヤラクティ

'12①ルーラーシップ<'11新春杯①>

'11①トーセンジョーダン

'09マイネルキッツ④

'98①メジロブライト07①マツリダゴッホ

 
東海S<'13~>

'17⑦ロンドンタウン

<'15①コパノリッキー>

'13<①グレープブランデー>③ホッコータルマエ

 
愛知杯

<'04年に牝馬限定戦になってからはなし>

'97②グルメフロンティア(父内国産馬限定重賞)

 
根岸S

<'18①ノンコノユメ>

'17⑤ニシケンモノノフ

'16①モーニン

<'15⑧ロゴタイプ>

'14<⑦テスタマッタ>⑧ドリームバレンチノ

'01①ノボトゥルー

 
シルクロードS

'18①ファインニードル

'17②セイウンコウセイ

'16⑤ビッグアーサー

'14①ストレイトガール

'12①ロードカナロア

'01①トロットスター

 
季節もあってか、個性派やスペシャリストの名が勝ち馬に多く刻まれ、GⅠと一定の距離が置かれた重賞は、愛知杯が最も純粋な性質を示している一方、中央場所開催もあり、余裕のローテで春最初のタイトルを狙う馬や、海外戦に向けた足がかりにすることも可能な、意外と大きな意味を持つレースが多い。

中でも、阪急杯やオーシャンSを前にして、ここでもうある程度のところまで仕上げてしまおうという狙いがあるのか、シルクロードSの精鋭らは、高松宮記念に直行し、人気に推されるか、好走をしている。

その勝ち馬はトロットと08年のファイングレインも含めると、この時期の開催になってからは実に5頭いる。

ただし、高速化も著しいこの路線にあって、ビッグアーサーは外枠と道悪で惨敗も、高速馬場で激走の変わり身。

例外はいても、その他も似たようなもの。

トロットスター 1:08.7→1:08.4

ファイングレイン 1:09.1→1:07.1

ビッグアーサー 1:08.5→1:06.7

セイウンコウセイ 1:07.8→1:08.7

ファインニードル 1:08.3→1:08.5

マイルCS3着のファイングレインは評価しづらいが、春に一発花火を打ち上げてからは掲示板に載ることもほとんどなしなので、異例の快走とすべきだろう。

ここを経たら、GⅠで走るのみだ。

 

コラム

主要競走短評~クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

主な勝ち馬条件戦勝ち馬から。

中2000
エングレーバー<オルフェーヴル>

福寿草
ロジャーバローズ<ディープインパクト>
前走紫菊賞、アドマイヤジャスタの2着だった勝ち馬なら信用できそうな、否、今年は線の細い馬が多すぎるような…。

白梅賞
エメラルファイト<クロフネ>

若竹賞
ヒシイグアス<ハーツクライ>
普通のハーツクライと違って、末のキレ味が出たら本格化のような…。

菜の花賞
コントラチェック<ディープインパクト>
メジャーエンブレム級だろう。

 
<主要競走短評>

シンザン記念 ヴァルディゼール
ロードカナロアイン強襲は、マイルCSのステルヴィオとそっくり。前崩れも似ているし、タイム平凡まで共通。
一見窮屈なようで、少頭数の一戦でのイン抜け出し成功は過信禁物ながら、アーモンドアイと同じセックスアピール系は強調点。

フェアリーS フィリアプーラ
鋭すぎずに持続力を武器にした末脚がフィリアプーラの特長だと、中山マイル連勝で証明。ライジングリーズンよりは迫力もあるし、プリモシーンより破壊力がある。
恒例・菊沢厩舎の新星誕生。

京成杯 ラストドラフト
人気の良血馬がそれぞれ見せ場を作ったが、スタートからゴールまで、ルメールのラストドラフトがレースをコントロール。底力はランフォザローゼスだろうが、母マルセリーナと息仔ではタイプが違うようだ。

ジュニアC
ヴァッシュモンが、重賞実績馬や人気馬を制したわけだが、時計評価は全体的な血統の印象より素軽いくらいの認識に止めたい。

紅梅S
京都で2勝目を挙げた2頭の競馬になるも、スムーズに運んだメイショウケイメイが勝利。プールヴィルは、自分より小さい馬に差し負けは痛い。

若駒S
個人的には、人気馬同士の争いというより、勝ったヴェロックスがサトノウィザードよりポテンシャルが上だったという印象。
平坦適性は証明済みも、重厚な配合なので、単純に差し負けしないような強気の競馬を続けるのみ。

ヴェロックスとラストドラフト、いいディープが少ないので、2000M2勝のロジャーバローズに可能性は残るが、しかし、完成度やここまで余裕のレース内容などを考えると、ここの期待馬の出番は5月以降か。

 

コラム レース予想

競馬人の未来・新陳代謝

読了までの目安時間:約 3分

 

競馬小噺三つをつらつらと。

 
ユタカ世代の終焉

蛯名 GⅠ天皇賞(春)3勝 マンハッタンカフェ、フェノーメノ 中央GⅠ26勝

横山典 GⅠ東京優駿2勝 ロジユニヴァース、ワンアンドオンリー 中央GⅠ27勝<18JBCLC含む>

柴田善 GⅠ天皇賞(秋)2勝 ヤマニンゼファー、オフサイドトラップ 中央GⅠ9勝

四位15勝<東京優駿>、内田12勝<東京優駿>、田中勝2勝<皐月賞>*星GⅠ1勝、等々。

現役という括りを外すと、岡部、的場、田原、兄弟子河内元騎手らも、武豊からすればライバルだった。

当の武豊は、クラシック戦を、

桜花賞<89シャダイカグラ、93、94、98、04>5勝

優駿牝馬<93ベガ、95、96>3勝

皐月賞<93ナリタタイシン、00、05>3勝

東京優駿<98スペシャルウィーク、99、02、05、13>5勝

菊花賞<88スーパークリーク(初GⅠ制覇)、96、00、05>4勝

と、この5レースだけで20勝。

ただ、押し並べて齢50のおじさんである。

蛯名の調教師転身など、本当は遅いくらいで…。

 
女性騎手の落馬

藤田菜七子だけではない。

馬鹿なジジイどもが、女子学生の方が優秀だと、暗に証明してしまったのだから、学校に入ってくる人数は増えるはず。

まあ、出口まで辿り着けるかどうかはともかく、斤量利を得られることが分かった以上、需要があるのだから、供給も一定程度比例して増加するだろう。

女のやる競技ではないと言いつつ、馬はよくて人がダメな理由もない。

同時に、馬も死ねば人もレース中の事故で死んでしまう可能性はある。

あの菜七子ちゃんでも…、いつかは骨折する日がやってくる。

顔だけは…、と皆思っていても、体幹を支える部分の骨折をしてしまっては、元も子もない。

イメージを作って、その時に臨みたい。

 
調教師の国際化

池添マジックにまんまと一杯食わされた有馬記念の外国人騎手の敗者の弁を読み重ねているうちに、ふと思った。

騎手がよくて、調教師がダメな理由もまた、本質的には有り得ないのだ。

まあ、調教師の方が頭はいいに決まっているし、もっと流暢な日本語を話す外国人が、今度調教師になる日がやってくると思う。
 

 

コラム

サンデー系の最高点と現在位置

読了までの目安時間:約 3分

 

東京優駿

'12①ディープブリランテ②フェノーメノ③トーセンホマレボシ-サンデー系のみで5頭のGⅠ馬が一堂に会した一戦

以降の活躍馬<ゴールドシップ ジャスタウェイ スピルバーグ>

'16①マカヒキ②サトノダイヤモンド③ディーマジェスティ-皐月賞と続けてディープ産駒の上位独占

<レインボーライン>

天皇賞(秋)

非ディープ独占<2400以上のビッグレース優勝馬で決着>

'17不 ブラックタイド マルジュ ステイゴールド

サンデー独占<牝馬が強い時代の予兆>

'04稍 ゼンノロブロイ ダンスインザムード アドマイヤグルーヴ

'05 ヘヴンリーロマンス ゼンノロブロイ ダンスインザムード

ジャパンC

父が連対馬<血脈の重要性の再確認>

'17 シュヴァルグラン<ハーツクライ>

'15 ショウナンパンドラ<ディープインパクト>

'12'13 ジェンティルドンナ< 〃 >

'11 ブエナビスタ<スペシャルウィーク>

SS系上位独占 なし

同父ワンツー

ディープインパクト '13、'15

サンデーサイレンス なし

海外GⅠ

ジャスタウェイ '13ドバイデューティフリー

デルタブルース '05メルボルンC

ジェンティルドンナ '14ドバイシーマクラシック

キングカメハメハの脅威

ロードカナロアとアーモンドアイ

ダービー馬2頭 ドゥラメンテとレイデオロ

サンデー融合の混在体 ワグネリアンとブラストワンピース

母系に入っていいタイプが先に目立つようになるのかと思いきや、アパパネから8年の時を経て、もう孫の世代のアーモンドアイの時代になった。

直系の勢いでサンデー系は数での勝負に挑むも、

速い馬であるという武器が、キングカメハメハインGⅠ馬の平均的水準であるのに対し、ワグネリアンやブラストワンピースは、ブレーキをかけなければ、素晴らしく勝負強いサンデーらしさを持ち合わせている。

が、泥臭さも多少は求めれるようになったのか、時計の水準に対し、ディープ産駒の底力がクラシックで削り取られるからか、どちらにせよ、クラシックには無縁の晩成型サンデーしか古馬戦での出番はない。

キングカメハメハは決してそんなことはないから、時計勝負クラシック戦で好走のサンデー系は、今後も危険分子になるのだろう。

 

コラム

砂が好きな馬

読了までの目安時間:約 2分

 

変則3日間開催の中日、1回中山4日の日曜日開催の特別一番手、3歳500万クラスの黒竹賞を快勝したのは、断然の支持で、新馬から中山ダート1800Mを連戦連勝としたデアフルーグであった。

中団後方から、勝負所で豪快に押し上げ、直線は完全なワンサイドゲーム。

良馬場のタフな中山ダートで1:54.3ならば、文句なしで3歳オープン級の証明と言える。

父はベーカバド。フランスのGⅠ1勝も、シーザスターズ、ウィジャボードなどを出したケープクロスの産駒ということもあって、一定の期待をもって導入された種牡馬だ。

当然、自身は芝しか走ったことはなく、では、デアフルーグの母バイクーニャン<父フレンチデピュティ>も、ダートの新馬大敗後の芝1400戦が唯一の勝ち鞍。

その母がセントウルSで、ビリーヴが独走のレコードで駆け抜けた際に、強烈に追い込んできた外国産馬のパイアン。

彼女もダートは走ったことはあるが、全5勝全てが芝の1200Mでのものだった。

誰に似たのか、この仔は。

しかし、不思議なもので彼の兄弟は皆、フレンチデピュティの影響を受け、ダート専門の馬ばかり。

ファルブラヴの産駒であるパイメイメイ、ナカヤマフェスタの仔・パイルーチェら姉たちも、活躍の場はダートだった。

似たように、母父シンボリクリスエスで現オープンのタイセイエクレールもダ1400の鬼として活躍中だが、総じて、芝で出世する馬が多いベーカバド産駒。

思えば、ダイタクリーヴァが引退後にカネヒキリという天才的な砂巧者を出した後、産駒が芝の中距離戦で活躍したフジキセキのような例もある。

面白い才能との出会いは、いつの時代も刺激的なものだ。

 

タグ :

ニュース

平成の出世レース

読了までの目安時間:約 3分

 

フェアリーS

'17②アエロリット

*<2歳重賞・1200M時代>

'05①ダイワパッション→エポカドーロ<父オルフェーヴル・'18皐月賞>

'02②ソルティビット→アパパネ<父キングカメハメハ・'10牝馬三冠等>

京成杯

'10①エイシンフラッシュ<同年東京優駿・'12天皇賞(秋)>

'09②ナカヤマフェスタ<'10宝塚記念>('10凱旋門賞②)

'08④リトルアマポーラ<同年エリザベス女王杯>

'04③キングカメハメハ<同年東京優駿・NHKマイルC>

日経新春杯

'17①18④ミッキーロケット

'16②シュヴァルグラン

'11⑩12④ビートブラック

'11①ルーラーシップ

'01①ステイゴールド

マイルになってからのフェアリーSが、中山の金杯に代わって、怪しいレースの一番手になっているのに対し、昨年もジェネラーレウーノが厳しい流れからの押し切り勝ちを決め、後の活躍に繋げたように、厳しい戦いをしてきたメンツが、距離延長で結果を残しているのは、一つの特長だろう。

ちなみに、例年同日開催の日経新春杯は、昔から、コンスタントにGⅠ好走馬を送り込む名物重賞。

たまに事件が起こるのも、それはこの時期だから仕方ないと皆が納得することも多く、AJCCよりレース水準は安定している。

さて、古くはTT対決に水を差して、鬼神・加賀武見をダービージョッキーにしたパートナー・クライムカイザーが制した京成杯に注目してみたい。

あくまでGⅢである上に、今は直前にホープフルSがGⅠとして開催されるようになったから、重要度はかなり低下の様相も、より先鋭化したスペシャリストの輩出が、今後も期待される。

初遠征と時計勝負に敗れたキングカメハメハは、自身の活躍より、現状の競馬界に与える血統力の影響に驚くことばかりなのだが、ここに挙げた4頭だけでも、サイドストーリーも含めた濃厚なドラマが作り出されている。

勝った馬の活躍は限定的なものに止まるが、ここで評価を得るきっかけさえ手にできたなら、その後は自由に走ることができる。

若馬の消耗が少ないことが、プラスに働いていることの何よりの証左ではなかろうか。

 

コラム

キレるか、バテないか

読了までの目安時間:約 3分

 

<レースラップ>(自身の上がり3F)/秒

 
上がり勝負

共同通信杯 ①オウケンムーン<60.2-12.4-34.8>(33.5)/②サトノソルタス(33.3)

秋華賞 ①アーモンドアイ<59.6-23.7-35.4>(33.6)

チャレンジC ①エアウィンザー<59.7-23.4-35.2>(33.7)

 
レースレコード

桜花賞 ①アーモンドアイ<46.6-12.1-34.4→1:33.1/RRに-0.2>(33.2)

マイラーズC ①サングレーザー<45.8-11.4-34.1→1:31.3/CRに-0.1>(33.2)

フローラS ①サトノワルキューレ<61.1-24.0-34.5→1:59.5/RRに-0.2>(33.4)

鳴尾記念 ①ストロングタイタン<58.2-23.7-35.3→1:57.2/CRに-0.4>(34.8)

安田記念 ②アエロリット<45.5-11.3-34.5→1:31.3/CRに±0.0>(34.0)

中京記念 ①グレーターロンドン<45.3-11.7-35.3→1:32.3/CRに-0.4>(34.1)

小倉記念 ①トリオンフ<60.0-23.4-33.5→1:56.9/CRに-0.2>(4角先頭)

富士S ①ロジクライ<45.9-11.5-34.3→1:31.7/CRに+0.4>(33.9)

ジャパンC ①アーモンドアイ<59.9-46.3-34.4→2:20.6/WRに-1.3>(34.1)

 
芝マイル以上の全重賞と芝の全GⅠについて、小回りでキレる馬、大回りでバテなかった馬を、GⅡ、Ⅲでは連対馬、GⅠは3着以内に限って、列挙していった。

スローの重賞に関しては、レース上がりに対して1秒を超えた末脚でキレた楽勝馬など。

前年の場合は、トップスリーを掲載。

レースレコード戦は、平均ラップ以上の展開を前に行って粘り込み、先行型ならば、逃げ馬以外はレース上がりに半秒程度上回った馬、逃げ切りはコースレコード、差し切り勝ちは後傾ラップの快時計決着で終いが伸びた馬をピックアップした。

総じて、当該コースがその距離でのチャンピオンになった馬は少なく、特殊な条件ではその後が続かないケースもまま見られた。

 

コラム

サートゥルナーリアほか クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

サートゥルナーリア、ダノンファンタジーらの将来性、アドマイヤマーズとそれに敗れたグランアレグリアらの距離適性とクラシックディスタンスへの順応性の伸びしろのようなものが、ある程度把握できた暮れのビッグマッチで明らかになったことは、

「既に、これはトライアルであった」

ということ。

何しろ、6月デビューの馬がこの4頭の中で3頭、夏の中京開幕週でビューのアドマイヤマーズに至っては、返す刀で同開催のオープン特別を快勝し、世代最初のオープン馬になっている。

だから、クラシックなりNHKマイルCの前哨戦群の一つとして、かつては本番ではない、東京スポーツ杯やら旧ラジオNIKKEI杯、牝馬で言うところのファンタジーSがそういう機能を持っていたのだが、さらにそれがグレードアップした形で、今はGⅠがはっきりと来春を展望する鏡になったと言えるのだ。

朝日杯が阪神に移って以降、ジュベナイルFが桜花賞に直結したように、クラリティスカイ、ボンセルヴィーソ、一昨年の上位3頭がトライアル総なめ、4着ケイアイノーテックがマイルC優勝というように、皐月賞だともっと成長力を示さないといけないのに対し、マイルCでは十分に上位争いの根拠となる底力が反映される結果になることが、わかりやすく明示されてきた。

11月以降デビューの馬でも、春の内に間に合うことはなくても、有馬記念で活躍のブラストワンピース、キセキはそういうグループに入ってくるし、その前の年の優勝馬は有馬3年連続好走で菊花賞馬でもあるキタサンブラックで、これが明けて東京のデビュー。

両極端である一方、最初から才能のあるタイプに向く春のタイトル戦に、秋デビューの馬では対応しきれないことが見えてきた。

ニシノデイジーを超えろと、クロノジェネシスより前で勝負を、が標榜の今春の争い。

サートゥルナーリアにはスタミナ勝負を持ち込み、ダノンファンタジーには前が受けても競り負けない二枚腰が必要。

フェアリーS登録のタニノミッション、コントラチェックら良血馬、京成杯参戦見込みのカテドラル辺りに、週末は期待したい。

シンザン記念組では荷が重い。

 

タグ :       

コラム