血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

7歳ミツバが初タイトル

読了までの目安時間:約 2分

 

例年にも増してタフなコンディションになっている東日本地区のダート競馬ではあったが、ベテランの揃った川崎記念では、それはあまり影響はなかったようだ。

ただ一点、断然の支持を集めたケイティブレイブは、持ち味を出したものの、伸びきれなかったというのは残念ではあった。

30日に川崎競馬場で行われた第68回川崎記念は、3番人気のミツバが直線で先行する人気2頭の間をこじ開けるように伸び、最後は自慢の末脚で置き去りにし、このレースで差しタイプの馬がつける着差としては限界に近い2馬身半の完勝で、GⅠ初制覇を達成した。

勝ちタイムは2:15.0。

重賞は盛岡のマーキュリーCを連覇しているくらいで、実績ほどは多く勝っていないが、3勝目で大金星を挙げた。

レースは、好発を決めたサルサディオーネをコパノチャーリーが追いかけるも、快速自慢ではないので、最初から掛かっていたオールブラッシュが押し上げるように前をつつき、サルサディオーネらには厳しい展開に。

2番枠からいつものリラックスしたリズムで好位抜け出しを狙ったケイティブレイブだが、3角辺りでオールブラッシュが先頭に立ち、やや離されかけた時に動かざるを得なくなったところを、不気味にインからミツバが追いかけてきた段階で、どうも勝負があった気もする。

和田竜二騎手は4年ぶりに騎乗したにも拘らず、味な競馬で、馬のいいところだけを引き出した辺りなど、さすがはベテラン、ファイタータイプの騎手らしいベストライドではなかっただろうか。

先行型の2頭を差し合いに誘ったような進路取りは、若い騎手には、是非見習ってほしいものである。

 

ニュース

平成の出世レース・超A級馬のための関門

読了までの目安時間:約 3分

 

東京新聞杯

'18①リスグラシュー

<'14⑪ヴィルシーナ>

<'13⑪リアルインパクト>

'12⑤ダノンシャーク⑬サダムパテック

'10③エーシンフォワード

'08①ローレルゲレイロ

 
きさらぎ賞

'16①サトノダイヤモンド

'14①トーセンスターダム

'12④ジャスタウェイ

'11①トーセンラー③オルフェーヴル

'99①ナリタトップロード

 
クイーンC

'17②アエロリット

<'16①メジャーエンブレム>

'15②ミッキークイーン

'12①ヴィルシーナ

'11①ホエールキャプチャ

'04①ダイワエルシエーロ

3歳重賞も素晴らしいが、東京新聞杯で負けた組の活躍も目覚ましい。

負けていたのに、その後すぐに立て直してという馬は、ほぼ例外なくマイルのビッグレースで結果を出しているということでも、東京マイルの格が確かなものだと再確認できた。

さて、サトノダイヤモンド、オルフェーヴル、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、スペシャルウィークなどなど、厳しい場面でのビッグマッチで真価を発揮した優駿たちの前哨戦となってきたきさらぎ賞を、改めて、解析してみる。

ジャスタウェイはまだ本格化まで1年余の時間を要したが、それは2戦目のここで3着だった父ハーツクライとまるでそっくり。

トーセンラーが走りすぎた時に、オルフェーヴルは何かを体得したかのように、次戦以降連戦連勝で有馬制覇まで突き進んだこともある。

トーセンスターダムは日本に適鞍があまりなかっただけであり、実力は早くから評価されていた。

サトノダイヤモンドは世紀のスター誕生かと、ここでは騒がれた。

アエロリットが快時計決着の2着。

ミッキークイーンは著しい細化により極限状態の中で、猛烈な追い込みで2着。

これはレースレコードであったから、ここ4年続けて、昨年のテトラドラクマの1:33.7を再評価するまでもなく、時計に裏打ちされたスケール感というファクターが、はっきりと結果の分析を直接的に決定づけている面は否めない。

同時に、超スロー勝ちのヴィルシーナや道悪快勝のホエールキャプチャは、即戦力の評価を得つつ、長い時間の活躍に繋げる安定感をここで証明している。

 

コラム

雨と雪 東京新聞杯 平成史

読了までの目安時間:約 3分

 

積雪延期

'01 日→火<土日開催を月火にスライド>

①チェックメイト<その他 01ダービー卿CT①>

'14 9(日)→17(月)<2週連続の週末降雪で3重賞が大幅繰り下げ開催>

ホエールキャプチャ<12ヴィクトリアM①>

季節柄、数年に一度の大雪が降る時季の開催である以上、共同通信杯などでも残雪の中で名馬が蹄跡を残すシーンも数多く競馬史には刻まれてきたが、それと同時期の東京新聞杯も、その手の話題に事欠かない。

特に酷い、この2レースに関しては、JRA対南岸低気圧というあり得ない構図が見えてくる。

天皇崩御や天災には素直に空気を読んで中止の措置をとるが、雪が降ると途端に、エリートのプライドがむき出しに見えることは多い。

'14年の2週連続のケースでは、翌週の2重賞の順延を開催前に決定する、ある種の超法規的措置のような手段を講じ、月日、翌週の月開催でGⅢ3戦を強引に消化した。

何もそこまで頑張らなくても…。

'95 ダート変更

①ゴールデンアイ<その他 '93函館記念①>

これなんかは、昭和の時代ではよく見られた光景ながら、平成のダート変更は'98年のエルコンドルパサーにインパクトがあまりに鮮烈で、こちたは全く目立たない。

サーペンフロ産駒でダート戦からキャリアをスタートしたゴールデンアイが、重賞は芝で制しながら、その後停滞。

前々走ウインターSでライブリマウントらに蹂躙されたのち、金杯好走後に、芝馬のダート戦で皮肉にも重賞2勝目。

オープン格下げながら、重賞史にはしっかりと名を残した。

アドマイヤコジーン復活、従兄弟・スクリーンヒーローの激走に触発されたように、ここで一気に才能を開花させた彼らが制した東京新聞杯は、強烈な不良馬場。

それこそ、昔ならダート変更のレベルの荒れ馬場だった。

ノーザンテーストの血筋が大いに影響していたのかもしれないが、後藤浩輝、田中勝春といった、そこまで今一つGⅠに縁のなかった面々に再びのチャンスを与えてくれたパートナーの力強い走りは、レースを彩る名タレントだったと思う。

 

コラム

新馬回顧<1/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

雪予報による前日・夜間発売の中止が、いよいよ3歳戦の勝負所が迫っていることを示すように映った東京開催初週。

ダートの番組だけでなく、貴重な芝の未勝利クラスはどこも除外ラッシュで、厳しい生存競争の一端が見て取れた。

中京のマイル戦も16頭立て。

裏開催ながら、重賞の行われる土曜競馬ではあったが、ローカルが主戦場という騎手が、貴重な1勝目を懸け、せっせと仕事をした。

外枠からスムーズに運び、ゴール前では伸び方が明らかに違ったのが、父ジャングルポケットでホーエルキャプチャの近親でもあるピースワンパラディ。

気鋭の大竹調教師、丸山騎手とのコンビで、桶狭間より怪気炎が上がったと見る。

明らかにマイルは短い印象があった。

中央場所では、ダートの短距離戦が行われた。

東京1400快勝は、ローレルゲレイロの近親でもあるダンホーキラー。小さな牡馬らしく、勝負根性を武器に戦うタイプに思える。

京都では1200戦。福永騎手らしく、スマートに立ち回って、キンシャサの人気馬・シュガーサンダーが勝ち上がった。ソヴィエトスターの一族だからというのもあるが、捉えどころがなさそう。

日曜日は人気の外国産馬が奮闘。

東ダ1600独走の断然人気馬・カフェクラウンは、カジノドライヴと同じマインシャフトの仔。

一応ブライアンズタイムの一族に括られるが、恐らくは、快速アメリカンであろう。

京芝1800では、ホッコーブレーヴの下に一撃を食わされそうになってからの粘りが際立った、ノーネイネヴァー産駒のユニコーンライオンが、差し返しての勝利。

米産・英デビュー・仏GⅠ勝ち、米移籍という、せわしない若駒時代を過ごしたスキャットダディ産駒の父だけに、重厚なイメージの愛産馬のイメージとは違うキャラだろう。

さて、東1800で弾けたジャスタウェイ牝駒・アイワナビリーヴなのだが、時計も上々、2着以下が距離不適と血統に起因するスパート力の差が、ヘイロークロスの保持で決定的な結果として現れたようで、見た目通りに、父の足跡を辿っていきそうな才能という印象で間違いなさそう。

父母共に南半球血統だから、ミニジャスタウェイ筆頭株に決定。

 

レース回顧

根岸S -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

恐るべき若きスターの能力の再認識と同時に、オイシン・マーフィーという素晴らしい騎手の適応力の高さを示した、人馬ともに重要な意味合いを持つキャンペーン競走になった。

マテラスカイは自慢のスピードを活かして走らせようとしたものの、武豊騎手とは15歳の春から一緒の蛯名騎手が乗る伏兵であるレッドゲルニカに、終始追い回される事態。

それでいて、タフなダートとはいえ34秒後半程度の先行力しか示せず、直線半ばで失速だから、筆者も無残な予想しておいて何だが、天晴れな負けっぷりである。

それに対して、急進勢力の最右翼たるコパノキッキングは、大いに置かれていたここ数戦とは異なり、タフな馬場の中団追走で、マーフィー騎手の手腕を絶賛せざるを得ないと観念したと同時に、直線の展開もその時点で、十分に予想がついた気がする。

1:23.5→35.0-48.5

上がりは36.4秒。

直線でタフな展開が予想されながら、単純な先行残りはなくても、行く一手では何もなせてもらえない可能性のあった特殊な馬場状態で、決して、極端に上がりが速くならなかったのは、この展開でも平均的な流れだったということに、異論を差し挟む余地はない。

よって、もっと本当はすんなりした展開でスムーズに抜け出してきたかったはずのサンライズノヴァが、モーニンに差されるというまさかの事態に巻き込まれることとなった。

内の方が砂が重たくないので…。

よくある地方の名手が勝つために体得した、経験に基づいた勝負手を、今回は内枠の特注馬であったクインズサターンとユラノトが敢行。

外からの伸びが皆の推理に適合しなかったと同時に、東京1400ではこの2頭は今回買いだろうという馬たちが、やや人気になりすぎた割にちゃんと来たくらいで、では、11番枠のコパノキッキングは一体…、となるわけだ。

終いでユラノトに決定的な着差をつけたわけではないが、不利な外枠方面から怒涛の追撃で、やや内が有利に展開したレースを、見事にクラッシュ。

いや、カペラSで見せつけた破壊的すぎる強靭な末脚よりも、はるかに強力な決め手であったと、これで断言できるのだ。

前走の2、3着馬も、抜け出してくるまでは内にいたか先行した馬。

こういうことができるのは、やや実績に先入観のあるマテラスカイの方に分があると踏んでの予想だから、それを覆すのは誰かとなって、天才コンビのキッキング&マーフィーであったことに、今更ながら、感服すると同時に大いに納得である。

本物に育つチャンスを得た若き才能が、近年のダート路線における超重要レースとなった根岸Sを制し、そのステータスを力でもぎ取ったのだ。

若くして去勢されたアメリカ産馬が、まだ新馬戦の組まれている時期に、未勝利戦からデビューし、そこを圧勝。

それは昨年の2月4日であった。

ちょうど1年。マーフィーなる若き天才騎手を得た時、また違う形で弾けることになったのは、何も小林オーナーの強運だけではないだろう。

機は熟した。

アエロリットは斤量利に誘われて挑戦した芝のタイトル戦で見せ場なく終わったが、ダート1000Mで2戦続けて57秒台で走れるコパノキッキングならば、今後の展望は大いに開けたと言える。

マーフィー騎手の更なる飛躍を期待しつつ、夢のある根岸Sらしい結末に、今年もなった。

 

レース回顧

1 2 3 8