オーシャンステークス2021【予想】|過去10年の傾向/予想オッズ/最終追い切り評価

競馬ブログ JUST – 全レースの的中率と収益UP

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース

オーシャンステークス2021【予想】|過去10年の傾向/予想オッズ/最終追い切り評価

読了までの目安時間:約 10分

 


オーシャンステークスの予想と出走予定馬の最終追い切りを評価していきたいと思います。
有力な登録馬の過去成績を見ながら鉄板軸馬とされる外厩仕上げの本命馬や消去法で消すべき馬、本命をも超える可能性のある穴馬をデータ分析!

歴代勝ち馬のサインを見逃さず過去配当を超える払い戻しを狙っていきましょう。

オーシャンステークス予想2021 - 過去10年の傾向とデータ

・1番人気
【3・2・2・3】

→カレンモエの想定だと、
<芝1200M以下の連対率が7割以下の場合/重賞昇格後の15年>

人気馬はそれなりに来るし、ヘンテコな決着も多いという割には、スピード競馬の本質がはっきりと出ていると言えなくはない。
根幹距離のレースだけに、実力なり血統なりに人気の根拠があったならば、わざわざ軽視する必要はない。
一方、道悪になるとそういうものがリセットされ、途端に荒れやすくなる。
実力をつけた5歳以上の馬では崩れることは少ないものの、良馬場での波乱とは違って、設定タイムが必然的に平凡になるために起こる事態だけに、何かしら調子が狂うのは仕方がないと考えるしかない。

 

・4歳重賞連対馬

【1・0・0・10】

該当馬/ビアンフェ

→今年は多いオープン未連対の4歳馬

【1・0・0・9】

この期間、4歳馬は3勝しているが、あとはオープン特別ですでに勝ち星のあった後のG1馬であるモズスーパーフレアなので、半端な着順に食い込んでこないあたり、狙いははっきり定めた方が得策。
今年はあまりハイレベルではない組み合わせなので、やや目先を変えてきた1400巧者のヴェスターヴァルトに期待を持っている。
傍流血脈の直系だけに、戦績に安定感はないが、短距離戦は種牡馬の優劣より単純能力の比較が目的の主であるからこそ、厳密には血統は関係しないことも多い。
まあ、日本競馬の名馬列伝にたびたび登場のオグリキャップの一族であるシュリリー系の末裔だけに、底力が問われる場面で軽視はしない方がいいか。

 

・前年スプリンターズS組の取捨/新潟開催となったケースも含む

<1~4着>…③アウィルアウェイ

<5~8着>… 登録時点でゼロ

<9着以下>… ⑪エイティーンガール、⑫キングハート、⑭ダイメイフジ、⑯ビアンフェ

→上位3番人気以内という括り方でバランスをとると、
<上位入線組>
【2・1・1・3】

<下位入線組>
【0・2・0・1】

3番人気くらいならありえるアウィルアウェイは、妙味はともかく、引っかけておかないと痛い目に遭うかもしれないから、押さえるしかないか。
上位入線していた馬が下位評価のことはないが、その真逆のケースはないわけではない。
当然、凡走して当然の低評価もあるから、人気面で妙味のありそうな重賞実績のある馬の巻き返しには一応注意。

・ナックビーナス<昨年まで4年連続2着>やダイメイフジばかり来るので考えてみた。

<ナックビーナスのヘイルトゥリーズン系>
→単勝、複勝回収率は、ともにお釣りがくるくらいの余裕をもって100%超え。

理解の仕方としては、その他の中距離重賞における圧倒的なステータスが反映されているとするよりかは、絶対数の多さからくる「多様な好走パターン」による穴快走の確率論の問題であろう。
裏を返すと、ヘイルトゥリーズン系が大手を振って、短距離重賞界隈を賑わせるにはタレントの信頼度が物足りたいともできなくはない。
その象徴がナックビーナスであり、頑張り甲斐なく…、という結果からも、人気のミスプロ系を勝たせ、同系の人気薄を引きたてる内容は、その前に散々勝てなかったハクサンムーンの結果も反映されているように思える。

今年は孫世代も曾孫世代も盛大にパーティー状態のサンデー系が、品行方正のロードカナロアにガチンコ勝負を挑むといった構図。
見どころはこれまで縁のなかったディープの関連血統かもしれない。
勝手にそう思っているだけだが…。

<ダイメイフジのミスプロ系>
→ここ5年で4勝も、上位に絡む馬で度を越した低評価馬の逆襲という構図は一切なし。

2016年に勝ったエイシンブルズアイが最も評価が低かったというくらいで、これが単勝で11倍の5番人気馬。
実績相応で、レースも実力勝負の様相であったから、妥当な決着に思えた。
この際、スプリンターズSで連対実績のある2頭が続々入線し、だからといって、人気を裏切った4着ネロは後に京阪杯を逃げ切り連覇、5着の1番人気だったアルビアーノも高松宮記念では高速決着の中健闘して3着。

むしろ、この路線の本流だからこそ、質の高い重賞級のそれなりの状態にある馬は近年ほど安定して走っているので、G1実績があるような馬が昨年のようには出走してこない今年は、近走の内容を吟味した方が良さそうだ。

-ここは血統云々より、去勢のタイミングの妙に期待を寄せたい-

敢えて、リスクが大きいことは承知の上で、去勢後初戦の4歳馬・ビアンフェを狙ってみたい。
挑戦的であるから、という理由では物足りないが、決して、近年増えた騸馬なった重賞ウイナーの復活勝利に乗ったわけではない。
早いから、である。

「決断」の仕方は色々あるが、それは格の高い重賞を勝ってしまえばそれはそれでもう、種牡馬となれる可能性を捨てると同義である牡馬の活躍馬を去勢することは、あまり日本では好まれない風潮にあった。
が、現地で馬産をしていない香港では、多数輸入されるオセアニア地区で生産された馬の特性や、競馬の目的に合わせられた騸馬が活躍馬ほど程多く、馬産に関わることはないとして牝馬など存在しているか疑問なほど、見聞きしない。
欧州圏や日本では、既知の通り、牝馬ばかりが活躍している。
香港でもそれは同じ。芝のレースで、トレンドは牝馬なのである。

ナニを奪うことは人間の判断なのだが、そもそも、誰でも種牡馬になれるわけではないから、キズナの初期の活躍馬とはいえ、同血や類似形も多いサンデー系×ストームキャットの配合から、長期展望を見据えたこの判断は、好意的に受け取れなくもない。
9戦3勝、うち重賞を2勝というビアンフェの未来を突き詰めた時、競走馬としての可能性を展望するには、違う捉え方が必要と考えるのは、ある意味で自然なことであろう。

正確には、どのタイミングで手術を行ったかは不明だが、スプリンターズSから5カ月ばかり経過している。
時に、立て直し等に時間を要するタイプも多いわけだが、極めて順当に、かつ目標に合わせたセッティングが無駄なく施されたと判断して差し支えないだろう。
秋だって、初の古馬相手の戦いで、自分の競馬はしようと粘っていた。

プラスアルファを展開に求めるかはまだ、この去勢の判断が正しかったのか判然としたために、どうにも推理のしようがないが、前走のスプリンターズSで33秒を恐らく切った前半の位置取りは、今まで一番の先行であり、そこが古馬G1初挑戦だったとすれば、型に拘っただけの内容であろう。
度外視云々以前に、能力評価の俎上に乗せるような材料ではない。

ただし、この先はこれをこなすための破壊力も備えなければならないタイプなのだから、陣営の狙いのポイントは番手での折り合いに終始しているはずだ。
ところが、恐ろしいほどに先行型が少ない組み合わせ必至で、多少のゲートの失敗があったくらいで、安定して33秒台中盤で逃げてきたビアンフェには、身体的なダメージが<この場合、大幅体重減は問題ないとされるが、前走は560kgだった>表面的に見えないので怖い半面、普通の状態にあったなら、不利な要素はほとんどないように思える。

普通に出てしまえば、楽々先行は可能であり、マイペースが信条のコントラチェックが過度に絡む構図もこの距離だけに、まずないだろう。
強気に行きたい伏兵はこういう時ほど登場だが、ビアンフェには周知されたスピード能力というのがある。
若いのであれば、変わり身も大きく期待できる存在となるビアンフェには、このチャンピオンコースでの快走こそ、未来へ向けた足掛かりとなるのである。

場合によっては、ここまで前走比マイナス体重なしの馬だけに、デビュー時の502kgくらいになっても不思議はないが、似たような体形で香港をジャックした2005年のスプリンターズS優勝馬・サイレントウィットネスはそこを勝った時、558kgでの参戦だった。
ちなみに、香港で連戦連勝だった時は570kg台もザラだった彼は、翌年連覇を目指してテイクオーバーターゲットを追いかけた時が576kg。
今回はともかく、慣れれば相応の体重に戻る。騸馬の馬体重にはあまり敏感である必要はないが、コロナのグラフと一緒で、長いスパンで成績表を見た時、そのポイントではどうだったかを分析することで、大舞台での出番が見えてくる可能性はあるから、ちょっと気にしておきたいところでもある。




↓【注目】皐月賞の無料買い目はこちらで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

馬券名人考案!誰でも簡単に【少点数で万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使うことにより、点数を絞りながら誰でも同じように300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETしていく方法を考えてみた。

>>2ヵ月間におよぶ実力検証記事を公開中。

4月18日(日)は中山12Rにて3連単94.4倍がまたも的中しており、2ヵ月検証の間にトータル収支は197万円を超えました。

   今週の勝負レース

 


タグ :  

G3 オーシャンステークス

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方