血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

牝馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 


圧倒的に走り切ったアーモンドアイがいた年の牝馬クラシック。

レース中におけるスリリングさを除けば、ルメール騎手がそうであったように、みんなが脚質への理解があるだけで、不安のあるレースなどなかった。

苦悶のレースを強いられたのは、ラッキーライラックにも勝てなかった一連の牝馬路線のトップホースたち。

裏路線組のミッキーチャームやカンタービレが、最後はラッキーライラックもろとも既存組を完全に一蹴したのに対し、アーモンドアイには別次元の話で、レースの流れさえも本当は関係ないという競馬しか、我々はこの3歳牝馬路線では見ることができなかった。

筆者はラッキーライラックに肩入れし、新馬の敗戦にケチをつけて、1年以上本命にできずに、ついに終わってしまった。

タイプの女ではないというよりも、異次元のスピードで余裕ローテの開発も手伝い、データ無視の女王が登場したことが主だった敗因である。

ディープインパクトやシンボリルドルフがそうであったように、普通に競馬をするという概念が、もはや、他の馬にはできない状況を作ってしまう名馬の存在により、レースはレースでなくなり、競走の本質である腕比べと末脚比べが展開されないのだ。

その証拠に、当然自分より前にいた馬を残す三冠戦とはなったものの、みんなで頑張って時計を作ったようなところのあるオークスで、2~5着馬がキレイに33.9-34.0で上がった以外、勝った全てのレースで、3馬身以内に上がり2番手の馬を近づけなかった。

何を意味するのかというと、その馬を完全に追い抜いているか、完全に勝負圏外にいた馬の上がりが優秀な数字という裏付けなのである。

秋華賞では3着のカンタービレが武豊騎手が策を労して、上がり3位の脚で追い詰めるも、それと同じくらいの脚を使った2位プリモシーンは6着。

プリモが桜花賞で1秒以上遅れたのに、上がりの差もプラスして、今度は0.6秒差で上がりの差は0.2。

差がつかないはずのレースで、誰よりも死角の多かったアーモンドアイに肉薄したところでこの差。

一緒に戦った馬たちは、少なくとも、季節を経ても何もできなかったのである。

 

コラム

武豊を語る

読了までの目安時間:約 3分

 


重賞をたくさん勝った、GⅠも100勝以上のユタカ騎手が、JRAオンリーの4000勝達成である。

ほぼ同時期に、先輩騎手の的場文男氏は、7000勝を優に超える勝ち星を挙げたわけだが、単純計算、週5日競馬に乗っている計算とすれば、アメリカか南関の騎手としてデビューすると、武豊は今回で10000勝である。

岡部氏でも鉄人、帝王と少なくとも同格で、関東2000勝トリオも福永騎手たちもそう。

換算すれば、上の方のクラスの騎手は立派な記録を持っている。

その中で、ダート競馬ならではということなのか、タフに沢山乗れる立場ではないユタカ騎手が、当たり前のように、50直前で4000勝達成なのだ。

評価は時代時代で小さいところで変化しているものの、大まかに言うと、その他数多存在するレジェンドというよりは神に最も近い存在となったアスリートたちと、全く同じ位置にいる人物である。

終わる前にこれなのだから、終わった瞬間、つまりは鞭を置いた時にどんな数字を残しているのかが、今からでも気になる。

敢えて、この期に及んで、武豊という騎手に注文を付けたい。

朝日杯やホープフルSを勝てなどという野暮なものではない。

「勇ましい敗者」

に、一度くらいなってもらいたいのだ。

90年代に岡部氏と大舞台で度々名馬同士とのビックマッチを繰り返し、勝ち続けることにより、その地位は確固たるものになった。

00年代前半は、今のモレイラにも引けと取らない天下無双の時代。

以後、ディープがいた時代、去った時代、その仔の時代でそれぞれ違う姿を見せてきたものの、格好いい負け方はあまり見てこなかった。

ウオッカの安田記念、キズナのダービー、キタサンブラックの秋天。

負けても様になったはずが、結局、勝っている。

負けることが圧倒的に多い世界にあって、その負け様はそのまま、名手の生き様とイコールになる。

一番勝利の高い騎手ではない現在にあって、未だ、魅せる騎手であることには違和感がある。

イチャモンのつけ方が無茶苦茶になるのが武豊。

もっと泥臭い2着が見てみたいのだが、それは叶うのだろうか。

 

コラム

JBC諸競走展望

読了までの目安時間:約 3分

 


何となく、こんなもんだろう。

今までのオッズの付き方はそうだったのかもしれない。

日本競馬で初めて、競馬場が持ち回り制で行われるGⅠ<厳密にはJpnⅠ>が、よく考えてみたら当たり前なのだが、NARの総意で中央競馬での主戦場である京都競馬場での開催となった今年。

特段、やることは変わらないから、地元枠というのがあってないような組み合わせで、邪魔になる馬がどの程度増えるか、ということがレースの展開に影響を及ぼすということを考えていれば、大方筋違いの予想にはならないはずである。

さて、京都の1900MでわざわざGⅠをするのである。

そちらの方が、中央のレースを中心に見ているファンからすると、思案のしどころになるはずだ。

08年だったか、珍しく雪での中止ではなく、芝のダート変更で行われた開催があって、非常手段以外では普段使われることのない1900Mのレースが、久々に行われることになった。

1800Mより当然、1角までの距離はとれるし、騎手とすれば乗りやすい。

言うなれば、スタンド前の1800Mか2000Mの芝での発走で、どちらがより競馬がしやすいかという話と、本質は同じだ。

これが関係者に好評で、ちょっとしたら主催者側も気を利かせて、オープン特別も定着し、最近では重賞も正式に正規開催で組み込まれるようになった。

ファンも慣れている1900M戦に、早逝のアウォーディーを除く、ゴールドドリームやケイティブレイブなどお馴染みのメンバーが登場。

まあ、サンライズノアや小倉連勝からシリウスS2着のウェスタールンドなども、馬場状態によっては肉薄できるかもしれない。

それが1900M戦の魅力。

スプリントには何と言っても、世界レベルの快速馬になりつつあるマテラスカイがいる。

レディスクラシックでは、故障明け後パッとしないものの、実力面で、小回り向きとは言えないクイーンマンボが中心だろう。

船橋で鞍上の復帰戦を勝利したケイティブレイブと南部杯のゴールドドリームらは、前哨戦を勝つのは当然。

中京を見据えた戦いとなれば、京都で強気の競馬には持ち込まない可能性はある。

狙いを見極めていきたい。

 

コラム レース予想

2歳馬選定<9月開催>

読了までの目安時間:約 3分

 


主要レース、注目未勝利クラスを回顧。

 
野路菊S カテドラル

期待値がヴェロックスの方が上でも、うまく平均ペースより緩めの展開を作ったカテドラルの上手さで、相手の末を封じたところがある。

上がり目は2着馬だが、どちらも成長力豊かなハーツクライの系統。

気難しさがヴェロックスの死角だとしたら、イレ込みまで行っていない中で、この敗戦はちょっと辛い。

 
ききょうS イッツクール

スローの一団から直線バラけて、最後は団子状態。この展開で逃げ切りの勝ち馬には、ミスプロの2×5×5という珍妙にして奇怪なクロスあり。

特別強くないのに、何だか気になる。

 
芙蓉S ミッキーブラック

新潟、小倉デビューウイン組を差し置いて、上位3頭全て、福島で勝ち上がった組。超ハイレベルではないが、そこで勝った関西馬が人気に応えたので、例年以上のレベルだったようだ。

 
カンナS ディアンドル

新馬でファンタジストと接戦。以後、小倉で逃げて勝ち上がりで、モレイラ替わりで作戦続行。雨馬場もあり、当然の逃げ切り快勝。

 
アスター賞

流れ無視の追い込みで、牝馬のグレイシアがわがままな直線独走。期待以上に柔軟性のあるA級ダイワメジャーだ。

 
ヤマボウシ賞

混戦の不良馬場を、シラオキ系のサウスV牝駒・アールロッソが逃げ切り。なんとなく、ローカル要員にも思うが。

 
サフラン賞

走る牝馬はマイルが合うというVピサのレッドアネモスの逃げ切り。バウンスシャッセの下は距離短縮が裏目。

 
9月開催の注目勝ち上がり組はこちら。

新馬

9/8 中2000 リバーシブルレーン

9/15 中1600<牝> ブルーグローブ

9/22 中1600 ルガールカルム(牝)

9/30 中1800<重> エアジーン(牝)

 
あとは、阪神のダート戦圧勝のクリソライトの弟・クリソベリルが将来有望。

未勝利

9/16 阪1600<牝> ダノンファンタジー(新馬①グランアレグリア)

9/22 阪2000(重) アドマイヤユラナス(父ハービンジャー・祖母スイープトウショウ)

9/23 阪1800 トーセンカンビーナ(新馬①カテドラル)

10/2 阪1800 エールヴォア(父Vピサ・ゴールデンサッシュ直系)

期待馬の嫌な負け方含め、ここでランキングリセットとする。

 

コラム

山が動く理由 オールカマーの分析

読了までの目安時間:約 3分

 


近20年で、

GⅠ連対実績馬の勝利

メイショウドトウ

ホオキパウェーブ

08・09マツリダゴッホ

ショウナンパンドラ

ゴールドアクター

ルージュバック

後のGⅠ優勝馬<連対馬>

メイショウドトウ

07マツリダゴッホ

09ドリームジャーニー

アーネストリー

ラキシス

ショウナンパンドラ

基本的に、フレッシュさ重視。

ここで好走して、もたもたしているような馬はGⅠには勝てない。

そういう可能性を秘めた馬は、毎日王冠や京都大賞典より少ないからだ。

メイショウドトウに関しては、異常な数のGⅠ2着の記録があるから、後のGⅠ馬と同列に扱ってもいいだろう。

同じく翌春のGⅠ勝ちとなったアーネストリーも含め、以後GⅠ2戦以内で皆勝利している。

同時に、非根幹距離型かどうかが判然とする舞台でもある。

この括りの前で登場するビワハヤヒデ、サクラローレルらが最後に勝利したのがグランプリ競走だったから、GⅡ昇格後のオールカマーは、メジロドーベルなども含めると、例外はショウナンパンドラだけとなる。

秋の前哨戦とすると、オールカマーは程よい力試しの舞台と言える。

エリザベス女王杯と有馬記念が後に控える9月唯一の古馬中距離GⅡは、フレッシュさが際どい勝負を分けるビッグレースにおいて、多くの敗退馬を送り込む一方、順調であることをまだ暑い気候の中で調整されたにも関わらず、しっかりと結果で示すことで、今後の活躍の約束手形を得られる関門のような機能も有している。

中7週以内に使うのに、最も適したレースだ。

力勝負になった今年、春のGⅠでひどい内容だったわけではない4歳馬が人気通りに好走。

上がり目はない分、堅実に来るはずだ。

 

コラム

期待値の分析

読了までの目安時間:約 3分

 


単勝1.5倍以内の重賞出走馬

東海S ①テイエムジンソク 1.3倍

*中山GJ ①オジュウチョウサン 1.5倍

 
単勝10倍以上で、GⅡ以上のレースを1馬身半差以上つけて勝利

皐月賞 エポカドーロ 14.5倍<2馬身>

青葉賞 ゴーフォザサミット 14.6倍<2馬身>

京都新聞杯 ステイフーリッシュ 12.8倍<1・3/4>

 
単勝50倍以上か、全頭数の下位1/3以下の単勝支持だった重賞複勝圏内の馬

東海S ②コスモカナディアン 100.7倍

AJCC ③マイネルミラノ 77.7倍

シルクロードS ③フミノムーン 92.6倍

共同通信杯 ③エイムアンドエンド 132.9倍

小倉大賞典 ②クインズミラーグロ 121.4倍

金鯱賞 ②サトノノブレス 89.2倍

阪神牝馬S ②レッドアヴァンセ 55.6倍

フローラS ②パイオニアバイオ 90.4倍

東京優駿 ③コズミックフォース 223.7倍

宝塚記念 ③ノーブルマーズ 12/16(40倍)

七夕賞 ①メドウラーク 100.8倍-③パワーポケット③ 138.1倍

函館記念 ③エテルナミノル 65.1倍

新潟2歳S ③スティルネス 8/11(38.9倍)

小倉2歳S ②アズマヘリテージ 114.5倍

新潟記念 ③ショウナンバッハ 116.9倍

ローズS ③ラテュロス 88.2倍

 
月2回ほどのペースで穴馬が激走してはいるが、何も、ほぼ大楽勝といえる人気薄での快勝の頻度と、実は、割り合いで言えば大差ない。

どのレースにも50倍以上の馬はいる。

それが3着までに来るかということと穴快走の確率との比較に、あまり意味はない。

 
その分、絶対来るだろうという単勝支持50%以上の重賞出走馬は、買いといえば買いだが、それより評価されなかった馬の勝率はガクッと落ちる。

レースの5分前までオッズを見ながら、断然人気馬の単勝を買うバカはいないが、結果に及ぼす影響は案外大きいのである。

これは、相手に違いが出る可能性を示しているから、コスモカナディアンの好走例と合わせて、よく考えておきたい。

 
結果だけを取れば、穴馬には血統の魅力や近走成績の優位性が隠されている。

一方、人気馬にはそういうものは案外乏しい。

本質的には、穴を拾った方が上級戦では効率のいい作戦と言える。

 

コラム

神戸新聞杯勝者の歴史

読了までの目安時間:約 3分

 


外回りの2400M戦になってから、2200M以下のGⅠで連対した勝ち馬は、

ドリームジャーニー

オルフェーヴル

ゴールドシップ

奇しくも、春秋グランプリで鬼のように強かったステイゴールド産駒のスリートップなので、これはあまり参考にならないか。

 
ここを勝って菊花賞連対というのは、

ローズキングダム

オルフェーヴル=三冠馬

ゴールドシップ=二冠馬

エピファネイア

サトノダイヤモンド

ほぼほぼ、ダービー2着馬の3戦連続好走の構図が見えていた状況で、いずれも菊花賞は断然の支持を集めていた。

 
ただ、春の天皇賞と有馬記念両方で連対しているのは、ゴールドシップのみ。

好走こそすれど、真のステイヤーが減ったという証左が、こういう傾向として現れているとも言える。

ここは菊花賞トライアルであって、長距離GⅠの能力指標を見極めるレースとしては、あまり機能していないのだ。

 
ちなみに、有馬記念も天皇賞に関しては、最近ではJC好走馬の活躍は見られるが、連対馬の多くは、秋の天皇賞2着馬やセントライト記念優勝馬だったりする。

本質的なレースレベルは、2400Mより短い距離の方が高いのである。

 
だから、長い距離に逃げようとすると、進むも地獄戻るも地獄、となってゆく。

菊花賞優勝後に活躍する馬が少ないのは、距離適性で制したわけではないから。

神戸新聞杯連対-菊花賞1番人気の馬は、数多存在するのに関わらず、上位以外の馬で活躍したのは両方勝てずに、翌春にマイラーズCを制するリーチザクラウンくらいなもの。

トライアルがトライアルとしてしか機能しなくなったことで、その後の身の振り方が難しくなってしまっているのは、火を見るよりも明らかだ。

 
今年、3歳王道路線を進んだ2頭が登場。

共同通信杯も今や、トライアル回避・直行ローテの王道と考えた場合、クラシック皆勤賞にして、菊花賞好走<大半が2戦で連対>という枠にピタリとはまるから、菊へ向かうだろうエポカドーロが神戸新聞杯を勝ってしまえば、後の活躍場所は違っても、長距離戦である菊花賞での連対はほぼ約束されている。

それができなかった場合…。本当の挑戦はここから始まる。

 

コラム

牝馬のための試練

読了までの目安時間:約 3分

 


ローズSでベストパフォーマンスの型が決まる

差すなら差す。逃げるならちゃんと先行する。

アドマイヤグルーヴが中団から差し切る形を実践し、休み明けでも逃げてそのまま押し切ったダイワスカーレットの例もそう。

本番のコース形態を考え、策を変えたような馬は、その後に成功することはほとんどない。

スイープトウショウは早仕掛けを反省し、ブラックエンブレムは元の先行策をペースに合わせて若干のアレンジをした、というような成功パターンがあっても、限りなく、ここの時点での戦法は、その馬の脚質とイコールとなる。

今は、牝馬にはタフな阪神外回り。自分のスタイルがなければ、GⅠなど臨めない。

今年の場合、先行して勝ったカンタービレと差して完敗のサトノワルキューレが、展開次第で面白い以外、大いに見どころのある競馬にならなかった。

 
オールカマーはキャラ確定の舞台

ヒシアマゾンやメジロドーベルが好き勝手にやっていた時代を経て、近年再び、牝馬が活躍する舞台になった。

1年前の秋華賞の順番通り決まったショウナンパンドラ-ヌーヴォレコルトの決着を挙げるまでもなく、休み明けラキシスの調整過程での2着や、東京巧者の印象ばかりが先行していたルージュバックのイン強襲の勝利など、普段の力を発揮するのには若干合わない舞台だからこそ、本質的なものが見えてくることは多い。

後に中山で活躍していない点でも、興味深い傾向と言える。

 
スプリンターズSに牡牝の壁はあるのか

短距離GⅠということもあり、GⅠ昇格後の平成期で8勝が牝馬というのは、他にはない傾向。

うち、GⅠ連対実績のない馬が勝利したのは、夏の重賞を連勝してきたスリープレスナイトとカレンチャンだけ。

一流馬の出現率を考えたら、香港馬も多く出走する舞台でもあり、実力のある牝馬には有利。

むしろ、変に人気になった牡馬は気を付けて押さえないと、きっと痛い目に遭いますよ、という見立てもできなくはない。

GⅠ実績を補うだけの上昇度を見せていない牝馬は、無理に追いかけない方がよい。

 

タグ :

コラム

サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 


色々ありましたが、こんなん出ました。

優勝者を中心に振り返る。よく考えてみると、前半の波乱の連続が嘘のように、最後はまともな血統の人気馬やトップ騎手の活躍が目立つシリーズであった。

 
スプリント

20pt アレスバローズ

北九州記念で好勝負することが、その先に繋がるケースは案外少ない。

優勝馬のほとんどが、アイビスSD好走馬という歴史がある。

その中で血統構成からも、新潟直千で好走しそうな雰囲気はなかったアレスバローズが、近走の勝ち切れない宝の持ち腐れ状態の差し損ね地獄を脱し、中京で目覚め、小倉で躍進をみせた。

同じ差しでも、外からと馬込みを捌いての違う戦法で勝ち切った2レースは、この夏のベストバウトであった。

 
マイル

三者痛み分け

グレーターロンドン

得意のマイルで、ハイペースに合わせて後ろからドカン。

プリモシーン

得意のマイルで、自慢の末脚を活かし、中団からスパっ。

ミッキーグローリー

自慢のパワフルボディで、平均ペースを中団から重厚に差し切り。

三者の父は全てディープインパクト。納得するしかない。皆、1番人気馬である。

 
2000

13pt メドウラーク

史上最少値でのスレスレの勝利は、唯一、2000M3戦参加で、かつ、掲示板2度以上の存在であることを考えたら、この暑い中最も厳しいカテゴリーでもあり、7歳馬の激闘を素直に称えたい。

新潟記念も雨上がりの馬場。小倉はほぼ他流試合の趣で、消耗がなかったのは、13ptへの挑戦では最大の勝因とも言える。

ある意味、七夕賞が最も、消耗が大きかった割には評価しがたいものがあった気もする。

 
騎手

25pt 福永祐一

上位争いのメンバーで唯一の未勝利・デムーロ騎手が32ptを稼ぐも、ネロのせいで…。

札幌記念しか勝てなかったが、新潟記念でメートルダールを2着に持ってきたのが勝因か。

ミルコの恨みについても、ダービージョッキーバリアで跳ね返していきたい。

ミルコの敗因は、強い牡馬に出会えなかったことだろう。昨年あたりから、そういう傾向にある。

 

コラム

暫しの復活

読了までの目安時間:約 3分

 


京成杯オータムH

ロードクエストやシンボリインディが復活し、マティリアルが歓喜から悲劇に瞬間的展開で移行する無念の勝者になってしまった舞台。

3歳馬が勝利したというのは、ロードクエスト以外にも、

レオアクティヴ<NR勝ち>

ステキシンスケクン

4歳以降の勝利も、2歳重賞の勝ち馬だったのが、

クラレント<新潟>

フィフスペトル

ホクトヘリオス

ダイナアクトレス

基本的には、夏馬が再度力を発揮したケースばかりで、2歳重賞の勝ち馬の場合、特に、8、9月の好走歴がそのまま反映されているケースが目立つ。

同時に、GⅠ出走を確実にしながら、その後、勝ち星から見放される馬がほとんど。

80年代の2頭は息長く活躍したが、近年の高速化の影響は大きく、ここに挙げた面々はいずれも、残りは未勝利のまま引退している。

ロードクエストもかなり粘っているが、もう5歳の秋になってしまった。

あと、2着には3歳馬はずっと来ていないので、これは馬券的に注意しておきたい。

セントウルS

牝馬が何度も激走している、牡馬苦戦のレース。

ただ、同じように斤量利のある3歳馬となると、ダッシャーゴーゴーとエピセアロームしか勝っていない。

GⅠ前哨戦で、高齢馬も活躍する短距離戦の影響もあるか。

しかし、3歳春のGⅠが始まる前までにオープン戦を勝っていた馬は、上記以外だと、

テネシーガール・ファンタジーS

テンシノキセキ・フェアリーS<2歳時は3戦無敗>

ゴールデンキャスト・ききょうS<レコード勝ち>

桜花賞2着時もまだ1勝馬のシーイズトウショウは、3歳時に暮れのCBC賞快勝。

カノヤザクラも3歳時にここで2着している。

近年に少ないのは、GⅠ級の馬が好走しているから。

夏競馬の延長という趣は、今はあまり感じられない。

そういえば、かつての朝日チャレンジCでは、3歳で勝った馬から、ツルマルボーイの母ガール、翌春に天皇賞を制するスズカマンボが勝った。

近年では、変わり種のトーセンスターダムのような馬も登場。

ただ、9月に出てきても、その後が続かないから、秋のステップには向いていなかった。

 

コラム

1 2 3 48