春の天皇賞 コラム

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

春天転換期

読了までの目安時間:約 3分

 

2017

史上最高の春の天皇賞だと、筆者は断言する。

王者が制し、その後にもGⅠ馬が続いた。これがあったから、負けたけれどもJC制覇に繋げたシュヴァルグランの転機だったという考え方もあっていい。

面白かった。

ヤマカツライデンの果敢な大逃げと、キタサンブラックを知り尽くした武豊騎手の強かにして積極的な勝負への姿勢。

追う側の狙いと伏兵の戦い方など、見るべきものはたくさんあった。

不発の関東馬は残念だったが、地元関西の有能な古馬が実績に見合った走りを見せ、レースを締めた。

ある意味、終始狙い通りのイン溜め→直線鋭伸を目論んだアドマイヤゼウスの伏兵らしい走りも、惜しいというところまでは見せたが、普通に考えて、前年の京都大賞典2着馬。

その前に自分の持ち味を消されるような負け方をしていたから100倍のオッズも、結果だけ見たら、ビートブラックやカレンミロティックを忘れたのか、という話であったように思う。

坂を上っている時から、後ろの動きに左右されず、本来自分がとるべき「直線入り口で内に馬を置かない先頭グループにいる」というスタンスを踏襲した武騎手は、やはり、普通の思考回路ではない。

誰がどう考えても速いわけで、後ろだって追いかけるので精一杯。

勝負の常道ならば、下りは我慢である。

しかし、前がタレることを計算に入れて、それでも、伏兵のイン強襲や追撃者の理想的な追い上げを許さないために、誰でも踏み入れることのできないゾーンに、自ら好敵手を誘ったのである。

この馬なら大丈夫だと思って…。

3:12.5はキタサンブラックのものである。

しかし、その時計で走らせたのは、紛れもなく武豊。

直前の大阪杯がかなりの楽勝で、あまり詰めて使うことはない馬に中3週のローテを課しながら、ハードに攻めた調教は圧巻だった。

そりゃ、宝塚は走らないよ。

鞍上が見ていたのは、シャンティイで走るイメージ図だったのだろうか。

そう考えると、あの仕掛けにも合点がいく。

ここまで明確な「仕掛け」は、自信の表れだったのかもしれない。

鞍上にも意地がある。

この辺りから、武豊は通常運転に回復したように見受けられる。

 

コラム   コメント:0

春天隆盛期は武豊史<90年代~オペラオー連覇>

読了までの目安時間:約 3分

 

菊花賞はレコードタイムの更新が4度あった。

しかし、このレースにおけるそれは、大レコードへの挑戦と同時に、究極体になるために必要な洗礼の意味合いもあった。

物語は前述のパーソロン戦争の前、スーパークリークやイナリワンなどの活躍でもわかるように、武豊の年ごとの成長を見るための図解という側面も孕む。

彼が一流になったから、レースも盛り上がった。先輩も意地を見せた。が、それがなくなったから、06年のディープ・レコード走を境に、勝ち運からも見放されていったのだろう、と、今では思うこともある。

マックイーンの三連覇と武五連覇を封じたのは、究極の敵役を演じ続けた的場均のライスシャワー。

それが途切れることで、岡部、的場、ほぼ同期の横山など、なかなかに勝負強い名手に手こずることになる。

結果的に、勝てそうな馬に乗っていなかったということになるが、それはちょっと前の彼の立ち位置とデジャヴュする。

トップガン×田原の期待に応えない乗り方でレコード勝ちするあのレースは、20代の武、横山を大いに刺激した。

後にダービーでおめでとうございますと声をかけた兄弟子・河内にラストシーズンを意識させる存在となったメジロブライトが制した時は、騎乗さえせず。

ただ、彼に先越す形でダービージョッキーになった武豊は、愛しきパートナー・スペシャルウィークで、正攻法でのブライト斬りを99年に達成する。

これが彼自身、5度目の春の盾奪取。

この頃からだったろうか、一つのゴールから、通過点とされてきたのは。

翌年、再び武を悩ませる絶対安定王者・覚醒版テイエムオペラオーと相対することになる。

ちょうど一年前は、アドマイヤベガでいいとこどりしていたのに、自分が今までそうであったことを逆に痛感させるかのごとき、和田なる当時は若造に好き勝手やられる始末。

その始まりはこの春天。

普通にいい位置につけられ、簡単に勝たれる。

ディープで制するまで、再び雌伏の季節を過ごす中で、年間200勝という金字塔を成し遂げるなど、どんどん成長した武豊は、紆余曲折を経た後、究極の春の天皇賞を体現するに至った。

 

コラム   コメント:0

春天激突史

読了までの目安時間:約 3分

 

激突と言っても、色々ある。古馬最高の栄誉を懸けた争いだけに、臨戦過程にはそれぞれの名馬たちのキャラクターが凝縮されている。

例えば、三冠馬リメイクマッチラウンドⅢとか。
 

'85 優等生対クラッシャー

菊花賞の勝ち方がまるで違うから、断然ルドルフ有利と騒がれていた。

そもそも直接対決で連敗中だったシービー。

捲って出るも…。

最初からいい位置を取れば簡単なのに、と言わんばかりのルドルフの勝ち方が、今度はルドルフ自身のドラマを作っていく。

宝塚回避、秋天での不覚、アメリカ遠征の屈辱…。どんな馬にもドラマがある。本当に強かったルドルフは、あの有馬ではなく、ここまでだったような気もする。

 
世紀の対決 '92

マイバブー系の傑作が2つの才能を生んだ。

シンボリルドルフ直系

メジロアサマ-ティターン-マックイーンと続く、ネアルコの血をできるだけ排除したメジロ血脈。

人気は不敗のルドルフ直仔・トウカイテイオーだったが、実力では一枚も二枚もマックイーン。

何せ、マックは一年間古馬の中で揉まれてきたのだ。

結果もマックイーンが圧勝。ついて来いよと言わんばかりの王者に、見事に付き合わされたテイオーは、骨折明け2戦目の影響もあってか、直線で完全に失速した。

が、マックイーンも以後故障。秋はテイオーが様々違う表情を見せ、ファンを魅了するのであった。

 
世紀の不発 '12

1強評価を受けたオルフェーヴルだが、最近の話、あの阪神大賞典の人馬のリズムを著しく崩した3角逸走は、伝説の中にまだ取り込まれる前の新鮮なストーリーとして、皆が覚えている。

春天の後の宝塚記念が鮮やかすぎたから、このレースでの単なる不発には、意外なほど印象が残っていない。

外を回って、前と離され過ぎて、無駄に大外を走って伸びきれず。

何の意味があったのか。

有馬の快走に繋がったかもしれないが…。

クラシックホースの悲哀は、先輩たちの辿った道でもある。正式に潜伏期に入り、たまにフランスでやる気を見せるも空回り…。

ある意味、もうGⅠ馬・オルフェーヴルは終わっていたのかもしれない。

 

コラム   コメント:0

1200GⅠの解剖

読了までの目安時間:約 3分

 

血統分析

ファインニードル

アドマイヤムーン

ハクサンムーン

アドマイヤムーンは女傑・ヒシアマゾンの一族であり、ニアークティックのクロスを持つ。

その産駒である2頭は、質の高い牝系の出身で、かつノーザンダンサーのクロスやニアークティックの継続クロスとナスルーラ直系の血を母父に持つ。

先輩は母がナス系同系配合、後輩はネイティヴダンサー直系のシャーペンアップのクロスを持ち、パワーの補給源を確保している。

サンデーの存在感の差の分だけ、適性に違いが表れているようだ。

 
勝ち時計の差異

中山だと遅くても8秒まで。

中京は道悪も合わせると8.5秒くらいが普通。

最近はミスプロ系ばかり勝っているが、平均タイムが1秒違っても、その近辺で決着するとミスプロの人気馬、そうでないと別の系統が勝つ流れ。

ロードカナロアは両方でレコード勝ちだから、同じような結果を出せた意味を、香港での快走で示している。

それにより、基準が明確になったと言える。

 
連続性

・レッドファルクス

ミスプロ系×サンデー牝駒の最強配合。伯母スティンガーも似た性質。

左回りが合うし、右回りだと一芸で勝負できる舞台が合う。

・宮記念連覇は難関

キンシャサノキセキが旧中京と変則阪神で連覇達成。

5歳時2着の際の1:07.1を超えることなく、タフな条件の高松宮記念を連覇。

が、歴史に違いがあるようで、今では7年ほどしか歴史に違いのないGⅠ戦として春秋チャンピオン戦の差は、4歳馬に厳しい高松宮では7、8歳時に制したキンシャサしか2勝以上の馬がいない。

リピーター色が薄いわけではないが、3月という時期が、その遠因になっている可能性がある。

 
ガチンコスピードマッチにしたいなら、新潟とか中央場所だと京都が合っているだろうが、他国の時計水準を考慮したら、その価値も含め、中京<特に改装後>だとか秋の中山はベストに近い条件。

何度も来ている種牡馬や実力馬、または時計の条件に左右されるか否かなど、意外なほど、事前に知れているものが結果に反映されるケースがほとんど。

不良だと逃げ切りオンリーの近年の傾向を踏まえれば、まず馬柱をよく見ろ!ということを勧めたい。

 

コラム   コメント:0

新最強世代列伝

読了までの目安時間:約 3分

 

'15<天才とそのライバルの生き様>

クラシックホース

レッツゴードンキ

ミッキークイーン

ドゥラメンテ

キタサンブラック

(ショウナンアデラ>

(ダノンプラチナ>

(クラリティスカイ>

フ1 高0 大1 春2 V0 安0 宝1 ス0 秋1 エ1 マ0 J2 チ0 有1

サトノクラウン

シュヴァルグラン

ドゥラメンテ

(ルージュバック)重賞4勝

構図は'12世代とよく似ている

ただ、チャンピオンとしての在り方がまるで違う。

オークスで、

レッツゴードンキ、ミッキークイーン、クイーンズリングらと

ルージュバックが対決し、ミッキークイーンが制した。

しかし、古馬になってからは2着ルージュバックより下の着順に入った馬が活躍。ミッキークイーンはレッツゴードンキより歯痒いレースを続けていった。

対するルージュバック。春二冠1番人気は重圧だったが、以降もゴーイングマイウェイで、時たま牡馬の準エース級を倒しては、周囲を驚かせていた。

天才馬らしく、新馬を負けても重賞1戦目を負けても二冠馬になってしまったドゥラメンテ。

大暴れの皐月賞と終始お行儀のいい競馬でレコード走のダービーとのコントラストは、至極上質なライバルの翻弄され具合で、よりその素養が浮き彫りとなった。

皐月賞

②リアルスティール<16ドバイターフ①>

③キタサンブラック<GⅠ7勝>

⑤クラリティスカイ<NHKマイルC①>

⑥サトノクラウン<16香港ヴァーズ等>

内容的にはダービーの方がワンサイドだったから、そこで着順を上げた組はその後ボロボロ…。

キングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービンという配合。

飛び切りの血統馬たるドゥラメンテは、ある意味異質な存在である。

生まれた年が悪かった馬は、ディープやルドルフの同期と同じくらい存在した。

敵失は一切ない世代。

自分が強いから輝いたという流れは、バランスのいい勝ち鞍とシュヴァルグランのようにドゥラメンテより先にオープン好走実績がありながら、ずっと後になって活躍するという結果でも、読み解くことが可能。

天才は天才らしく早々に幕を引き、いつまで経っても強くなり続けたキタサンブラックも高い評価を受けたこの世代は、新最強世代と呼ぶに相応しい才能の宝庫である。

 

コラム   コメント:0

ヒント スピード型の分水嶺

読了までの目安時間:約 3分

 

どうして速い馬にならなかったのか。

どうして、そのまま中距離タイプに育たなかったのか。

ロードカナロア

サクラバクシンオー

思えば、サクラバクシンオー産駒で最初に重賞を制したのは、今やクラシックの登竜門として実際の格以上の価値を誇るきさらぎ賞の勝者・メジロマイヤーだった。

すぐ後に高松宮記念を勝つショウナンカンプが登場したから、メジロマイヤーがしばらくして、また同時期に行われる小倉大賞典を勝ったことなど、もうほとんどの人が忘れていることだろう。

プリンスリーギフトを3本とも5代以内に持つ彼が、皐月賞に挑んでいるのだ。

結果は伴わなかったが、3歳春に路線を短距離に定めた父とは、やはり異質な道を進むことになる。

ロードカナロアはいったいこの後どうなっていくのだろうか。

主な活躍馬は、

<同父のエース>

ステルヴィオ

アーモンドアイ

<今一つ?>

ダノンスマッシュ

アンヴァル

アンフィトリテ

何となく、イメージ通りの馬ほど、明けてからの本番に向けた戦いの中で、ポカが続いている印象は拭えない。

本格派に育つ系統という素地は、すでに母父としてクラシック路線で結果をまずまず出しているストームキャットの血を持つことで、能力を担保されている。

しかし、サクラバクシンオーがそうであったように、本質で距離延長を好むタイプは、なかなか古馬になってからは苦戦することが予想される。

第一、気性的に距離不安が付きまとうのが通常だろう。

万が一にも、3歳春の2400タイトル奪取は有り得ても、菊以降の古馬長距離タイトルに縁があるようには思えない。

ディープインパクトはサンデーサイレンスよりも長距離カテゴリーへの適応が遅いようで、ライバルのスタミナが平準化したことにより、一昨年はついに菊花賞馬が誕生した。

一方、短縮条件では今年もシャイニングレイが伏兵ながら人気より走らなかったし、ゆっくり動いていく方が合う父似の馬の方が結局走る。

互いのいいとこどりであるロードカナロアに、べらぼうに得意な条件があるわけではない可能性を感じる。

まだ本物に育ちそうな短距離型は出ていない点は重要だ。

 

コラム   コメント:0

春の名勝負

読了までの目安時間:約 3分

 

'07皐月賞

ヴィクトリー-サンツェッペリン-フサイチホウオー

チューリップ賞の劇的展開は象徴的で、牡馬の線が細かった印象もあるクラシック。

桜花賞を制するダイワスカーレットに1勝1敗だったアドマイヤオーラは、同じアグネスタキオンを父に持つこともあって、当初から注目される存在だった。

ブエナビスタは生まれてまだ一年くらいの時期で、今となれば、兄のアドマイヤジャパンより脈ありの評価が適当か。

無敗のフサイチホウオーは、戦いを重ねるごとにジャングルポケットの傑作と言われた血統馬。

ラジオNIKKEI杯の斜行は物議を醸したが、共同通信杯もきっちり勝っていた。

中心馬はこれ。ダービーもこれで堅い、という雰囲気だったのだが…。

そのホウオー斜行時のレースでいじめられることなく、逃げ粘ろうとしたのがヴィクトリー。

行くしかない馬にしたくなかったが、若葉Sで行くことにしたから、乗り替わりの田中勝春騎手は迷うことなく先手を奪った。

金杯楽勝のシャドウゲイトで幸先のいいスタートを切っていた鞍上は、いつになく燃えるところがあったことをよく覚えている。

やればできるじゃないか!

まだ若かった松岡騎手は、トライアル不発で見下された評価に甘んじた京成杯馬・サンツェッペリンに乗っていた。

京成杯実力勝ちの内容をみんな忘れてしまったのか。

レースはヴィクトリーが行って、つかず離れずのサンツェッペリン2番手。

以下大きく離され、ヴィクトリーが行くんだから、それは速くていずれ止まるだろうと思っていた。

筆者は本命だったから、妙にリズムのいい先行に期待感が増した。

直線に入っても、もうひと伸びしたヴィクトリー。

サンツェッペリンは渋とい脚が魅力の馬だから、前が厳しくても粘れる。

中団から追いかけた人気勢は、決め手は上でも、こういうタフな展開の経験値には乏しかった。

結果、強い競馬をした前の2頭のデッドヒート。

逃げ粘りと差し返しで、ヴィクトリーが血統の力で制したようなレースだった。

ブライアンズタイム産駒はこれでこのレース4勝目。

ナリタブライアン以外、⑪、⑮、⑦人気という結果通り、クラシック戦線に大きな穴を開け、激闘の幕が上がった。

 

コラム   コメント:0

先行型ディープの研究

読了までの目安時間:約 3分

 

ワグネリアンやマウレアがクラシックに挑む今年。

絶対数の増加とともに、差し馬以外の活躍馬の質も向上している。

 
今年の先行型の重賞勝ち馬

ダノンプレミアム

母父インティカブ<ロベルト系・ヘイルトゥリーズン同系配合>

カワキタエンカ

母父クロフネ<ノーザンダンサー-ヴァイスリージェント系>

 
歴代の活躍馬

ヴィルシーナ

母父マキャヴェリアン<ミスタープロスペクター系>

ファンディーナ(現役)

母父ピヴォタル<ノーザンダンサー-ヌレイエフ系>

エイシンヒカリ

母父ストームキャット<ノーザンダンサー-ストームバード系>

ディープブリランテ

母父ルーソヴァージュ<ネヴァーベンド-リヴァーマン系>

ミッキーアイル

母父ロックオブジブラルタル<ダンチヒ-デインヒル系>

 
その気になれば速かったのがカワキタエンカとエイシンヒカリ。

しかし、総じて快速型というより、器用にスタートを決められる気難しいタイプが大半で、差し馬の安定感とは一線を画している。

その意味で、ダノンプレミアムのこれまでのパフォーマンスは高く評価されて然るべきだろう。

番手から抜け出すタイプというのは、途端に本当の時計勝負への対応力を持つ場合が多いが、それは自在型の証であり、下げても味が出ない一方、どんなレースでも対応できる高い持続力を武器とする。

それはどの血統でも同じであるから、サンデーサイレンスよりも早く先行型が出ているわけではない一方、いつまで経っても一流馬が少なかった印象とは、その点で明らかな違いがある。

ミッキーアイルは早くから短距離路線に絞ったローテを組み、結果を出した。

ヴィルシーナは底力型で、かつタフな馬場を好むタイプではあったが、ヴィクトリアマイルの連覇は偉業と言える。

逃げ馬が増えるかはともかく、パワー満点のディープは、サンデーの秘める本質的なスピード能力の継承者であり、最後に生き残る系統を形成する可能性を持つ。

得てして、本物とはそういうものなのである。

先行型ディープの全ての成功パターンを踏襲するダノンプレミアムが、クラシック戦線で連対もかなわないというシーンは、ほぼ想定しなくてもいいだろう。

 

コラム   コメント:0

新最強世代列伝

読了までの目安時間:約 3分

 

'12<鬼と淑女、そしてライバル>

クラシックホース

ジェンティルドンナ

ゴールドシップ

ディープブリランテ

(ジョワドヴィーヴル)

(アルフレード)

(カレンブラックヒル)

フ0 高0 大ー 春3 V4 安1 宝2 ス1 秋2 エ0 マ0 J2 チ2 有2

ヴィルシーナ

ストレイトガール

フェノーメノ

ジャスタウェイ

春天はともかく、ヴィクトリアマイルに関しては4連覇である。

こんな記録は、2連覇×2とかでないと発生しないはず。

連覇は多い。

ジェンティルドンナ JC

フェノーメノ 春天

ゴールドシップ 宝塚・阪神大賞典は3連覇

早くから対戦していた面々には、牡牝の王者との早期での対戦が、後々に活躍するきっかけになった。

ジェンティルドンナ

チューリップ賞-ハナズゴール

桜花賞-ヴィルシーナ

ゴールドシップ

ラジオNIKKEI杯-ハタノヴァンクール

共同通信杯-ディープブリランテ、スピルバーグ

東京優駿-フェノーメノ、ジャスタウェイ

この世代の名馬を掘り下げると、決まってGの2頭が出現する。彼らはまた、オルフェーヴルとの衝撃的な出会いを機に、よりそのスケール感が増していった感もある。

フェノーメノは薄っすら当たって、あとは見たこともない幻の男。

ただ、ジャスタウェイやハナズゴールが最初の対戦でジェンティルドンナを切り捨てたのは、後の海外GⅠ制覇の足掛かりになったはずだし、意外と強敵がいた牡馬路線は、ゴールドシップがいなかったり沈むときに、かつて後塵を拝した組の面目躍如の走りもレースを盛り上げたことがあった。

どう切り取っても、Gのどちらかが出てくる。

5歳以降の引退馬が多い中、異常な粘りを見せたストレイトガールは、ヴィルシーナの奇跡の復活の翌年から、目覚めの連覇を達成。

スプリンターズSの平凡な勝ち方になど、もはや誰も興味を示さない中、6、7歳でのVM連覇を達成し、永遠を掴んだ。引退レースが一番強い。

彼女の有馬記念は、東京マイル。オルフェーヴルやシンボリクリスエスとリンクする何かがあった。

長く活躍した馬が多かった一方、完全に棲み分けが図られたことで、古馬王道GⅠすべてを複数回制覇した。当然最高記録。

道理で、ドラマチックな馬が多いわけだ。

 

コラム   コメント:0

学習能力とその習熟度

読了までの目安時間:約 3分

 

ダノンプレミアムを褒める。

素晴らしい競走馬であると同時に、レース内容に狡猾ではない強かさが見て取れる。

文武両道、多言語対応のアスリートといった佇まいである。

ディープインパクトも大いに賢い馬であったが、それは父サンデーサイレンス譲り。

まさに、一子相伝である。脚質は隔世遺伝の節も見られるが。

マルゼンスキーやグラスワンダーなど、異常なレベルの傑出した天才などは、生まれた時から違うものを示すことがある。

彼らは共に、自身が勝てなかった東京2400Mのタイトルホルダーを送り出し、その枝葉の中から、また違う配合で、自分と似た才能の持ち主を孫の世代から輩出した。

チヨノオー全兄・サクラトウコウ産駒のネーハイシーザー、スクリーンヒーロー産駒のモーリスである。

これらは最初から速かったが、しっかりと競馬を覚えた後、古馬になってから中距離部門の王者になっている。

古馬のゆっくり成長型とは、天才から生まれるものなのか。

2、3歳限定GⅠの非連対馬で、古馬以降で中長距離GⅠ2勝以上の芝馬は、早熟性が増した近年の傾向通り、実に少ない。

グレード制導入後

・タマモクロス

・イナリワン

・サクラローレル

・カツラギエース

・メジロパーマー

・タップダンスシチー

・アドマイヤムーン

・ラブリーデイ

・ジャスタウェイ

・モーリス

・オグリキャップ

完全な中距離型を除き、総じて正攻法で戦う馬ばかり。

クラシック級ではないと言える馬が多かったところで、自力でレース組み立てられるタイプにしかできない芸当と言える。

クラシックは万能性が求められる。

古馬になって持ちうることができるものを、すでにダノンプレミアムは持っているのだろう。

時計勝負にも、スローの我慢比べにも対応してしまった。

あとは、成長力ではなく能力の持続性が問われる。

ダノンプレミアムの活躍は、即ち、中内田調教師の経験値になり、またその実績が名馬を生む原動力になる。

夢は大きく広がりつつある。同時に、ナリタブライアンのような燃え尽き方は、何とかして避けてもらいたいのだが…。

日本の高速馬場が、時に恨めしくなるのは、何処も同じか。

 

コラム   コメント:0

1 2 3 42