血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

GⅠロード・不世出の存在を決める

読了までの目安時間:約 3分

 

春の勝者・一例<類似の存在>

アーモンドアイ<ドゥラメンテ、ジェンティルドンナ>

レインボーライン<イチフジイサミ、モンテプリンス>

ワグネリアン<アドマイヤベガ、ロジユニヴァース>

モズアスコット<バンブーメモリー、ヤマニンゼファー>

5歳馬天国の高松宮記念やヴィクトリアマイルは、今年も順当にそうなったわけで、異常分子が発生したというようなことは、この春は少なかったように感じる。

ただ、

ノンコノユメ

スワーヴリチャード

ケイアイノーテック

らは、かなり珍しい存在である。

6歳になってフェブラリーSを制した地方タイトルホルダーでは、脚質から展開までほとんどがテスタマッタと丸被りノンコノユメは、意外や意外、古豪が蠢く条件であるはずのフェブラリーSでは、初の騸馬による勝利。

去勢文化のようなものはない日本で、数が少ないのもあるが、牡馬が騸馬になって、その両方でGⅠ勝利をした日本競馬史上初の馬となった。

スワーヴリチャードは大阪杯制覇ということよりも、右回り重賞初勝利がGⅠという馬は結構いても、4歳春に達成した馬となると初めて。

左回りの番組が秋より豊富な春に、短距離GⅠは右回りはなしで、あとは古馬王道路線のみ。

特殊な構造である2戦に比べ、大阪杯はいくらか自由が利く影響か、春では異質の結果を出し続けるレースに育つ可能性がある。

重賞初勝利がNHKマイルCという馬は、過去には、

シンボリインディ 無敗

テレグノシス スプリングS②

ロジック NZT③、アーリントンC②

ピンクカメオ 菜の花賞①

マイネルホウオウ スプリングS②

アエロリット フェアリーS・クイーンC②

と、それなりの数存在する。

が、初めて今回、GⅠ経験のあるトライアル組の馬が勝ったのだ。

一見、まるで不思議ではない傾向のようで、クラシック本戦より層が薄い以上、

シーキングザパール

クラリティスカイ

アエロリット

といった、人気になったり、厳しい展開を経験した馬が勝ち切った例はあるが、重賞連対1度のややレベルに疑問符の付くことの多いトライアル組が勝った意味は、東京1400時代の格を取り戻した証拠となり得る。

 

コラム   コメント:0

短距離路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

粋のいい若手が活躍した短距離タイトルマッチ。

やや不本意な位置取りにも見えたが、互いに、持ちうる底力を遺憾なく発揮した。

思えば、双方重要戦における中心馬に推された馬。惜しくもその時は敗れたが、その敗戦を糧に、短期間のうちにたくましく育っていった。

ファインニードルはシルクロードSの前までは、よくいる関西のオープン大将くらいに思われていたが、セントウルSで適性を見せつけ快勝したのとはまるで違う、迫力満点の押し切り勝ちで、GⅠ馬のセイウンコウセイを再び負かした。

敵は王者・レッドファルクスだけとなった本番は、自在性を見せた川田騎手の巧みなコース選択もあり、じっくりエンジンをかけて外から伸び、惜敗の女王・レッツゴードンキを競り落とした。

気迫に勝るというコンビネーションを期待したファンも多かった中、実に大人びな競馬でタイトルを獲得した彼は、その後香港へ遠征。

結果は奮わなかったものの、まだ上がり目十分の5歳馬の未来は明るいと言える。

モズアスコットは安田記念の前週に、京都にいた。

まるまる1週間、それに30分ほど足した時間が経過し、今度は安田記念に挑んでいた。

当然の伏兵評価。

それまでの重賞で人気を集めていた状況とは、まるで一転した気楽な挑戦者は、道中で揉まれるようなところもありながら、最後は意外とスペースの空いたインをついて、理想のハイペース追走からの粘り込みで再びのGⅠ獲りを目指したアエロリットを、しっかりととらえ切って見せた。

単純に考えて、周りにサンデーサイレンス系の馬がいなかったのも勝因だろうが、誰よりも弾けた直線。

ストロングリターンのレコードに並んだ走りは、キレの及ぶ領域ではないと、自ら示したようにも思う。

さすがは、3歳の頃はスピード過多で暴走特急となっていたフランケルの息仔である。

地味そうな反応を、やや派手な競馬で盛り上げた大物の父馬が、ちょっと違う形でわずかなところで勝敗を分ける短距離GⅠにおいて、いいスパイスを与えたようだった。

アドマイヤムーン然り、フランケルもそう。競馬はサンデーだけではないことを、2着馬も同系統の馬で示したベストバウトでもある。

 

コラム   コメント:0

小踊りする堅実型の騎手

読了までの目安時間:約 3分

 

内田、川田、デムーロ、ルメール

戸崎、岩田、藤岡佑、幸、福永

ここまでの春のGⅠ勝ち騎手の内訳である。

騎手のタイプというのは、簡単に線引きができるものでもないが、それはダービーではそうなるというだけの話。

執念深さというか、あきらめが悪いというか、そういう一般社会ではアウトになりそうな性質が、騎手には必要となってくる。

先に記した4名は、どちらかというと気合いの入れ方や気持ちの高ぶりに対し、意外とそのままの自分でもいいアシストをすることができるタイプ。

対して、後者はそういうことをするとほぼ間違いなく空回りする。

岩田騎手というのは、乗れている30代前半の頃のノリノリの頃でも、燃えすぎると決まって、位置取りがちぐはぐになる大レースでの敗戦があった。

今は身軽な立場だから、あの天皇賞の好騎乗も、若い頃のアクティヴさより、ベテランの味のある勝負強いレース作戦といった趣だった。

戸崎、福永両騎手は、キレを引き出すことに適した柔らかいタッチが持ち味の騎手で、それはある意味で、自在なレースを可能とする武器にもなるのだが、その点における執着のようなものが足らない。

まだ足らないのかもしれない。それを振りほどこうとしたからこそ、今までと違う積極性がクラシックで見られたともいえる。

藤岡佑介騎手は遅ればせながらの初タイトル。

幸騎手も数は多く乗るが、GⅠ戦にせっせと乗り付けるタイプではない。

互いにもういい歳になったわけで、期待される馬に大舞台での結果を求めるような勝つためのアシストは、いくらでもできるはず。

佑介騎手はステイフーリッシュでダービーに挑めなかったのが心残りだろう。あの展開である。

しかし、突然いい馬が巡ってくるということも、最近は増えてきた。

日頃の努力に加え、とても考えられたプランを実行する、重賞レースでの騎乗内容は、結果以上にサークル内では評価されているようだ。

昨年のセイウンコウセイの幸騎手替わりのようなことは、藤岡騎手の例を挙げたところで、運の良さで片付けられるてしまう面もある。

あとは、継続した結果の水準を下げない努力をするのみだ。

 

コラム   コメント:0

新種牡馬考察

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は大物は少ない一方で、オルフェーヴルのようなドカンと一発型が多い気もする。

まず注目したいのが、

グランプリボス

ジャスタウェイ

大まかに言うと逆配合。極端に適性に差がない半面、ベースとなる血の性質が全く違うから、きっと産駒のタイプも重なる部分が少ない可能性がある。

ただし、’14年のかなり厳しい不良馬場となった安田記念で優勝を争った2頭なので、ミスプロなしでノーザンダンサーが遠いというアドヴァンテージをフルに活かした、マイルベースの底力型を偶に出して、ファンを喜ばせてくれるかもしれない。

ジャスタウェイに関しては、ハーツクライの守備範囲がそのままマイルから2200Mくらいにシフトするイメージがあの決め手からも湧いてくるから、父超えの実績を上げる可能性はある。

本物を作れそうな中距離血統で言えば、

ケープブランコ

ダノンバラード

トーセンジョーダン

トーセンラー

ケープブランコはアイルランドの主要タイトルを両獲りしたガリレオ産駒。ややアメリカンなパワー型を母系に注入しているだけで、基本はゴリゴリの英愛血統。

トーセンラー以外、ダノンとトーセンはパワー型の中距離馬だったから、牝馬で走る馬が出ると、自然と繁殖牝馬の質が上がって、その血が残っていくという流れに乗れるかが重要になる。

牡馬で走る馬が出ても、その仔は牝馬しか走らないということもある。

トーセンラーにはジャスタウェイほどの迫力がない分、自身が得意とした京都のような平坦馬場への適性を感じさせる馬が生き残るか。

みんな、前に行ける馬が出せないと、生き残りは厳しい。

他では、

サダムパテック・サンデー孫世代の標準クラスとして活躍に期待

ダンカーク・なんか産駒がいっぱいいる(笑)正統派アメリカ配合馬でノーザンDなしが魅力

ベルシャザール・キング血統のお試し品でドゥラメンテの可能性を推理せよ

といった面々をカバーしておきたい。

今年のクラシックは、新種牡馬がクラシックを盛り上げた。晩成型が多そうなこの世代の新種牡馬の成否はいかに。

 

コラム   コメント:0

牡馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

終わってみれば、急成長も不敗神話も、特別なものも必要ではなかったのだろう。

ダービーで感じたのは、執念で勝利をもぎ取ろうとする気合の入り方が、時として、いつも以上に別の顔を見せる可能性があるということ。

人気の無敗馬は、共に余裕のローテ。

しかし、馬だけを仕上げても仕方ない。

騎手はダービージョッキー。渇望が彼らには足らなかったのかもしれない。

皐月賞は、ではどうだったのか。

前と後ろ、後ろの中にも前中後があり、全体の流れがあってないような展開で進行したレースは、馬群を牽引したエポカドーロと戸崎騎手の競馬になった。

雨が多く降ったこと、特殊な展開であったことも、そこは幾度となく波乱の歴史を刻んできた皐月賞であることも味方に、自在に動けるサンリヴァルや至高の中山巧者ぶりを発揮したジェネラーレウーノらが力を示し、しかし、彼らよりは強い相手であるステルヴィオとの対戦の経験値を糧に、違いを見せつけたのがエポカドーロだ。

藤原調教師も流石。実力者が脇役に徹し、若駒の才能を引き出したファインプレーにも痺れた。

そこで敗れたのが、ダノンプレミアムに最も接近したワグネリアンと、ずっと彼に乗り続ける福永騎手。

口惜しいほどにキレなかった直線に思いを巡らせ、ダービーに縁のある騎手以外の当馬陣営は、究極の仕上げを施すことを決意した。

結果、今にも掛かりそうな状態へ当日は仕上がり、騎手は差し馬を好位抜け出しの馬に作り変えた。

リスクは承知で前へ。いや、負けるならいっそのこと、失敗しそうな作戦で戦おうとした方がいいのではないか。

速い流れを予期したファンは、福永騎手の気合と戸崎騎手の作戦に多くが惑わされ、彼らが叩き合う意外なダービーを目撃することになった。

正直、レースレベルは双方大したことはない。

が、時計が優秀過ぎたり、派手過ぎたりする馬は、無敗の三冠馬以外、大成をしない傾向を今一度思い出しておきたい。

メイショウサムソンもオルフェーヴルも、時計が遅かったからこその、以後の活躍がある。

道悪の皐月賞の覇者では、ヴィクトワールピサやゴールドシップもいる。

 

コラム   コメント:0

刺激的なアレはスローだったから

読了までの目安時間:約 3分

 

サトノワルキューレとジュールポレール

フローラS

61.1<5F>12.0-11.9-11.5-11.3で、ラストは11.7秒だった。

レースの上がりは34.5秒で、勝ったサトノワルキューレは33.4秒。

断トツという数字ではなかったが、2、3位の2頭より後ろにいながら、彼女たちに最後は2馬身程度先着している。

そんな脚を使えてしまうから、オークスで普通に乗ったのでは通用しなかった。

スローだから脚を使わなかった=脚を溜めることに成功

という理屈は、結果ありきのもの。

大抵の場合、展開利か能力差が好走要因になるわけで、このワルキューレの走りに関しては、無限の可能性を示しつつ、一定のダメージを馬に与えた部分をあったように思う。

時代も馬場差もあるが、似たような決め手を発揮したディアデラノビアは、上がり33.8秒でも、走破タイムは2:01.8。

前レコードホルダーのチェッキーノはミドルラップからの自力勝負で快時計を出したから、パフォーマンスでは2分4秒弱の上がり勝負で後方一気を決めたデニムアンドルビーに近い。

オークスは負けてよかった。そういう秋を迎える可能性が大いにある。

ヴィクトリアマイル

35.2-46.8-58.3-<34.0>→1:32.3

この展開を中団待機から33.3秒でまとめ、32.9秒の末を封じたジュールポレール。

前年が、約2秒遅い5Fの展開で似た位置から33.6秒を同じ稍重で繰り出したのとでは、まる別の馬の決め手である。

体調がいいと、散々レース前に各方面で追い切りの動きを評価するコメントが聞かれたが、レース結果はそれをも上回るものだ。

ただ、ジュールポレール自身の成長というより、前が残れる流れで後続にいい脚を使わせてしまった影響も大きかったか。

レッドアヴァンセとアエロリット以外が消えるような展開ではなかったから、時計への対応力が先行馬に足らなかった面がジュールの勝因となった可能性も否定はできない。

ダービーはスローでも、しっかりと好位組の競馬になった。

ある意味、アーモンドアイやワグネリアンには、この手の脚は大舞台では使えないように思う。

 

コラム   コメント:0

POG回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

今年のクラシックは、皐月賞や桜花賞を展望する段階で、1年前の見立てと大分異なる結果に終わるだろうことが見えていた。

例えば、ここ数年このPOGごっこの総括をしてきた筆者にしても、これでは…、という感じでほとんどお手上げの状況。

アーモンドアイという実に分かりやすいタレントが、写真付きで紹介されている以外、箸にも棒にも掛からないのでは、その他6500頭余りの血統から探し当てるより他はない。

当のアーモンドアイは、筆者史上3度目となる、桜花賞対抗評価のマイPOG馬による制覇を成し遂げ、ほとんど卒倒しそうな状況。

一度2着、シンハライトのパターンも対抗であり、オークスでの回収は叶ったものの、今度はチェッキーノを▲にして、夢のPOG馬のワンツーでやや煮え切らない結果に終わったことがある。

全力のラッキーライラック推しで、全く歯が立たない直線の攻防では、ほとんど大外しだ。

アーモンドアイという馬は、1年前の段階で、すでに完成度合いが違うといった佇まいであった。

パワー全開でもおかしくない配合だけに、全体像は父がロードカナロアであることを示すようなやや胴の詰まった馬体ながら、あの決め手は、そんな体形でありあがら、トモの辺りの筋肉にも母父サンデーサイレンスの影響を感じさせるしなやかさが備わっていた。

いかにも、牝馬タイトル向きの決め手を秘めたマイラーのフォルム。

だから、新潟の1400戦で下したのだろうが、これは失敗だった。

思われているより、末の持続力で勝負するタイプ。少しスマートに作れば、同期同士の対決で消耗戦にも対応できる馬だったことは、想像できなくもない。

一方、

ラッキーライラック
<オルフェーヴル×フラワーアレイ>

ダノンプレミアム
<ディープインパクト×インティカブ>

エポカドーロ
<オルフェーヴル×(ダイワパッション)-フォーティナイナー>

ケイアイノーテック
<ディープインパクト×(ケイアイガーベラ)-スマーティジョーンズ>

ワグネリアン
<ディープインパクト×キングカメハメハ×(ブロードアピール)>

といったタイトルホルダー大多数が漏れてしまったが、低レベルではないと思う。

 

コラム   コメント:0

牝馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

ラッキーライラックのためのクラシックは、4月8日の夕刻手前、アーモンドアイのためのクラシックに変化した。

末の爆発力もさることながら、オークスで魅せた普通の競馬での強さ、双方、展開面の優位性がなかったように思える状況で、結果が3年前の牡馬二冠馬・ドゥラメンテと似たような快時計での春両獲りだったので、何一つ、そのパフォーマンスをけなす要素が見当たらない。

強いて挙げるならば、ドゥラメンテの反省をどうここで活かすか、ということか。

客観視した中で、ドゥラメンテの父でありアーモンドアイの祖父であるキングカメハメハから続く負のスパイラルは、今のところ、何も断ち切れる要素が見当たらない点で、現在までの最大の不安材料である。

完璧に近い最初のGⅠ制覇が、非王道路線からの強奪のような面があり、相手も強力だったということが、その不安点をより強調している。

ドゥラメンテのライバルはキタサンブラックとリアルスティール。

キンカメもハーツクライとメイショウボーラーである。

その他負けた馬も後に大成していることが、妙にリンクする中、今回の牝馬の中では別格評価を、例年の主力組たるJFから続く高水準ライバルのクラシック前までのハイパフォーマンスにより、殊更アシストしている状況は、危なさを秘めることを暗示している。

オークスは恐らく、血統の印象通りに、守備範囲であったとしても得意条件ではなかったのだろう。

それは、キングカメハメハ親仔も同じ。

皆が似たような結果を残しているから、秋のレース、ドゥラメンテは翌春だったが、ややガツガツ感が消えたレースをした後に、脚を痛めた。

アーモンドアイは大丈夫だろうか。

両親は丈夫なサラブレッドであった。古馬になっても強かった。

古馬になって強くなる血統なのは、キングカメハメハ産駒が証明しているが、ドゥラメンテは違った。

彼もまた晩成血統の二冠馬。

オークスの内へのモタれ方が、日を追うごとに、気掛かりになっている。

ここ20年を見ただけでも、そういう走りをした馬は高確率で故障している。

頑張らない凌ぎ方が望ましい。

 

コラム   コメント:0

ダービー 色

読了までの目安時間:約 3分

 

傾向・年ごとの雰囲気

サンデーかどうか

ブライアンズタイム、トニービン、ミスプロ系に孫サンデーサイレンスがそれぞれ2勝ずつした後、2010年にエイシンフラッシュ<ミスプロ系>が優勝。

ミスプロは今世紀に入ってからキングカメハメハが制して、直仔が2勝している。

まあ、それ以外は勝てないというのは新御三家登場後の課題なのだが、トニービン産駒がクラシック世代になって以降25回のダービーで、

サンデー系13勝<但し、’08年からは7勝>

非サンデー系<ノーザンD系含む>12勝

で、新時代の流れはイーブンというところも言えるのだが、果たして、キングカメハメハ以上に活躍する他系統がいるのかは、今後不透明である。

稍重以上の雨馬場は過去30年で7度、’84年グレード制導入後で見ても、色々事件を巻き起こしたシリウスシンボリの勝った’85年の重馬場が加わるのみ。

厳密に分析して、前日の芝の特別戦が良馬場ではなかったケースも含めると、

’89

’94

’08

で、’08年は前日の午後は不良馬場で、午前中も重馬場というにわか良馬場で、やや調子のいい馬場発表。

事実上、ディープスカイの勝ったマイルCの稍重と同質の馬場だった。

結論は、良馬場の中山皐月賞3着以内馬以外が道悪で勝つと、東京渋馬場皐月賞勝ちのオルフェーヴル以外、レース後は全滅状態という点に注意。

来るのは決まって、GⅠ人気馬と2走内で重賞勝ちの馬。

上がりとか、時計が問題にならない条件だから、皐月賞も道悪の時以外、実力馬を推すしかない。

高速馬場と時計の相関関係

21世紀になってから、2分25秒を切る勝ちタイムは、実に8回、12年以降は良馬場ばかりだから、一昨年まで5年連続で記録。

良馬場で2分26秒以上だった2回は、レースの上がりが、

’10 33.4

’16 33.8

各秒で、面白いことに、この該当10回のうち、サンデー系は5勝だったが、高速上がり部門では勝ち切れず、新記録更新の時もそう、キングマンボ系に完封されている。

ディープが大したことない年は究極の勝負になり、ディープが強いと平穏なレースになりやすいと見れば、取捨は簡単だ。

 

コラム   コメント:0

ダービー 華

読了までの目安時間:約 3分

 

ディープインパクトという宝物

ディープのスカイは置いておくとして、

’12 ディープブリランテ

’13 キズナ

’16 マカヒキ

ら、3頭の親仔制覇の産駒を送り込んだディープインパクト。

その後活躍できなかったという点では、皐月賞馬だとディーマジェスティや何とも言えない戦績の続くアルアインらが同じ括りとなるか。

どうせなら、リアルスティールやサトノダイヤモンドのように、古馬タイトルをちゃんと獲れる馬になった方が、本当の意味での価値は生み出せるはずだが、そこはダービーであり、クラシックレース。

未完成期に何ができるかを問うという意味が、クラシックレースの本質とするならば、自分の最高点をGⅠ優勝に設定できる古馬タイトルは、より高水準でなければ、誰も評価できない。

だから、3歳にやりきれることの限界に挑むことの価値が、ずっと不変なのだろう。

思えば、

’12 ③トーセンホマレボシ

’15 ②サトノラーゼン

’16 ②サトノダイヤモンド ③ディーマジェスティ

’17 ③アドミラブル

という結果も、実は見逃せない。

彼らの祖父サンデーサイレンスの場合、

6勝2着5回3着3回

という11年間に亘る記録が残されているわけだが、並ばないまでも、輸入種牡馬の孫世代がここまでやっていることが、日本競馬の新常識になっていると言えるのだ。

ブライアンズタイムは3勝、トニービン2勝で、サンデー直仔の産駒は、ディープスカイ優勝から7頭登場していて、うち3勝がディープ。

なかなか直系が育たない、それもクラシックシーズンに勝てない馬が多かったことを踏まえると、ディープブリランテ産駒は重賞も勝っているから、流れはもう止まらない状況にある。

サンデー系は即ち、ディープ系になる。

そのキーホースが、今年ついに登場する。

・ダノンプレミアム

・ワグネリアン

・キタノコマンドール

個人的には、回りまわって結局はディープではと考えている。

何故なら、昨年も3月以降に活躍した馬がダービーでは来なかったからだ。

 

コラム   コメント:0

1 2 3 44