ジャパンカップ名勝負

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

JC名勝負<騎手を巡る駆け引き>

読了までの目安時間:約 3分

 

05 デットーリ ルメール デザーモ
07 岩田 ペリエ 武豊
16 武豊 デムーロ 福永

05年はレコード決着。
事前からタップダンスシチーが飛ばしそうな状況が整っていたので、脚の使わせ方に加え、コース取りも結果に左右した面がある。
07年は単純明快、秋の天皇賞の結果が人気面に影響を与えつつ、宝塚記念の時から続く4着のウオッカ<四位騎手>との力比べ。よって、これも騎手の意識が、スローの展開と多頭数の争いでわずかな差を生んだ。
昨年の場合、実は、逃げ切りは何度かあったものの、1番人気でそれに応えた中での覚悟と確信の逃げという点で、それにしっかりと末脚比べで何とかしようとした結果が、大きな着差にはなったものの、上位勢は皆が力を出し切ったことが証明されるような力の決着となった。

近年はスロー偏重。よって、騎手同士の駆け引きも激化する。
騎手戦の面白みでは、07年の宝塚リターンマッチがベストレースとなるだろう。
この辺りから、GⅠ戦にメリハリをつける形で格重視の賞金における改革をJRAがおっぱじめたのだが、メイショウサムソンやウオッカは夏のインフル禍の影響で渡仏断念の経緯があり、アドマイヤムーンもオーナー変更と、話題に事欠かないメンバーが揃った。

一番は、ウオッカはこの後、上位3頭全てで重賞制覇を果たしていた武豊騎手が、人気を背負ってここで負けてしまったことが印象深い。
メイショウサムソンは凱旋門賞の件があったから、陣営が苦渋の決断で石橋守現調教師からスイッチすることになったが、元はと言えば、当時波紋を呼んだアドマイヤムーンからのスイッチに始まる話だ。
宝塚記念でそちらに岩田騎手が騎乗し、武騎手はポップロックに乗り、3着だった。
陣営というかオーナーと最大権力者たる生産者サイドの逆鱗に触れる形で、ダービーでのアドマイヤオーラ乗り替わりから顕在化した絶縁のプロセス…。
当時日本人化していたペリエが、これじゃあヨーロッパよりひどいな…、と思って来なくなったのかもしれないと、筆者はこのJCを思い出すと、いつもセットで邪推してしまうのである。
今はもっと露骨だ。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

古馬牝馬路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

春は春で雨に馬場が濡れることで、思わぬ馬が台頭することがあったが、ヴィクトリアマイルはまさにそうだった。
阪神牝馬Sがかなりタフなコンディションの中で、事実上の現役トップ牝馬であるミッキークイーンが凄まじい底力を発揮したから、いくら反応が鈍いタイプでもどうにかなってしまうだろうと皆が考えたのだが、それまでずっと惜敗を重ねてきた彼女が、久々に勝った後のレース。

前哨戦で完封した伏兵・アドマイヤリードにロスなく立ち回れ、ジュールポレールさえ捕まえるところまで至らず、掲示板を外す結果に。
パーフェクトマン・ルメールの魔術が炸裂し出した頃とはいえ、宝塚での頑張りと比べるとどうにも腑に落ちない競馬であった。
アドマイヤリードは、実績馬にマイル適性が乏しかった隙をつく、決め手の勝利。
持つべきものは、最後は自信の武器だと思い知らされる結果だった。

そして、いいメンバーの揃ったエリザベス女王杯。
宝塚記念のタフすぎるコンディションでダメージが大きかったか、今年も結局直行になってしまったが、見せ場作った。
私が一番強いんだ…。

でも、主役は上手に立ち回った馬、それも、苦も無くそういうことができそうな馬が上位を競う展開に。
別にモズカッチャンが、クロコスミアが弱いという意味ではない。
一番強いのも勝った馬だし、それを最後まで苦しめた2着馬だって素晴らしいのだ。
しかし、宝塚記念で3着する能力までは、そのどちらにもない。
それもあのタフな馬場で…。

ここ数年で最も刺激的な追い込み脚を使いながら、肝心のGⅠで3着というのは、いくら強いミッキークイーンでも、もう頑張っても頑張り切れない何かがあった気がしてならない。
その抵抗の一端が、あのヴィクトリアマイルの凡走に見られたということなのか。
無事、牧場に戻ってほしいのだが、それが叶ってもまだまだ長い繁殖生活を耐え抜けるか、早くも心配である。

3歳世代のトップホースは、既に古馬に通用している。
4歳の方が強いのでは?
いや、層の厚い5歳馬に対抗しているのは、斤量利も味方につけた年下世代だけである。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

松と竹の系統

読了までの目安時間:約 3分

 

キングマンボ系は元気だったのかもしれないが、雨馬場があまりにも多すぎた10月は、ディープ産駒が開幕週の東京、京都で重賞をジャックしたのみで、出番は少なかった。

  • 秋華賞 ハービンジャー-ハーツクライ-ハービンジャー
  • 菊花賞 ルーラーシップ-ディープスカイ-ディープインパクト
  • 天皇賞 ブラックタイド-マルジュ-ステイゴールド

 
ポポカテペトルも特殊なディープという扱い。まさに異常事態。

3レースともサンデー系がワンツーではなかったというのは、アウトサンデー血統が3連勝した08年<ウォーエンブレム-ジャングルポケット-タニノギムレット>以来の出来事であり、当時は孫世代の質がまだ不安定だったから、秋華賞はジャングルポケット、以降は勝ち馬が1番人気に推されて勝利した。
時代は移ろい、サンデー2世勢揃いの時代にこの結果。
意味合いはまるで異なる。

ハービンジャーはまだこれからの若い種牡馬だが、ほとんどは10歳以上かすでに死んでいるから、この手の不穏な気配漂う厳しい馬場状態で、人気に応える馬を出したルーラーシップのキングカメハメハのラインは、現状、松の血筋と断言できるだろう。

ルーラーシップはともかく、ドゥラメンテやロードカナロアはレースレコードを出してGⅠを勝った馬である。
サンデー系に対抗しているだけではなく、それを取り込める血統背景を味方につけ、更には、伸びしろもあり、ダートも歓迎という万能性が、今後の発展をより加速させる要素となる。

サンデー系で生き残れそうなのは、ディープを除くとなると、ステイゴールドのクラシックホースの仔出しの良さに加え、ダートのトップホースをコンスタントに送り込むゴールドアリュールなど、池江パパラインの良血種牡馬が、今後のライバルになるか。
母父シンボリクリスエス対決で、今年はキングカメハメハが勝ったが、いずれこの同系配合の耐用性も、母父ブライアンズタイムで早速チャンピオンを送り込んだゴールドアリュールには、芯の強さを感じさせる部分がある。
そして、それはスマートファルコンに受け継がれ…。
同系とはいえ、ロベルト系とけんかしてはいけない。

 

タグ :        

コラム   コメント:0

雨の功罪

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬戦は2度、牡馬混合戦は世紀の極悪馬場の菊花賞と、雨に縁のあった2017クラシック戦線。
皐月賞のファンディーナはともかく、ソウルスターリングは良馬場のオークスで再び人気に推される中、桜敗走の汚名を雪ぐ完勝で世代のトップに立つ結果となった。

裏路線から本番を制した馬は、トライアルよりも中身が濃いとされた毎日杯の1、3着馬で、3着のキセキは、春はまだ心技体が整っていなかったが、夏を経てパワーアップを示し、正攻法たる神戸新聞杯でレイデオロに追い上げての2着という結果をテコに、あの驚異の末脚で菊をモノにしたのである。
毎日杯は、皐月賞には繋がらないけれども、ダービー以降には十分間に合う早熟過ぎない馬のためのレース。
皐月賞がレコードだったから、菊の頃には、アルアインは注目される馬になっていたものの、余力は残されていなかった。

雨の桜花賞も同じ。
雨がまた降った秋華賞では、ソウルスターリング以外は全部出てきて、結局、オークス上位組の組み合わせだけで決着した。
桜花賞は距離が本質的にギリギリの中距離型だったリスグラシュー以外、距離延長で持ち味全開の馬は少なかったから、勝者のレーヌミノルはクラシック戦線全般で見せ場はあまり作れなかった。
ディアドラ=ハービンジャー、キセキ=ルーラーシップら欧州化した京都の馬場で親仔共々初GⅠ制覇に繋がった最大の要因を雨が紡いだ一方で、では、オークス&ダービーウイナーとの力関係という観点で比較した場合…。

牝馬戦線は4F以内の同一線上の争いになるから、本質面の差異は生じづらいものの、求められる能力が今年は違ったから、唯一の良馬場での勝者が自動的に女王に推される形になる。
牡馬はそうではなく、少なくともパワーがなければ勝つ意味もないので、ディープ→キンカメ→ルーラーシップの流れで、筋力の違いが結果に影響を与える競馬という推移を辿った。
在るべき形である一方、3着以内の馬は朝日杯の時から全て別々。
2度以上掲示板に載った馬は皐月賞組だったことを考えると、結局、牡牝共に京都の道悪戦はさして重要だと評価できないのである。
ロンシャン攻略が何となく遠のいた一年だった。

 

タグ :    

コラム   コメント:0

2歳馬選定<~アルテミスS>

読了までの目安時間:約 3分

 

格の高い順からどんどん回顧。
サウジアラビアRC
渋残りの馬場ながら開幕日であり、またペースも速かったことで、人気馬同士の争いに。
新馬と同じ馬場で、戦法も同じだった休み明けのダノンプレミアムがレコード勝ち。しかし、全く届きそうもないところから追い込んできたステルヴィオも、評価急落の内容ではなく、総合力勝負向きの馬がまたしても登場となった。

アルテミスS
馬場は良のままだったが、雨が降って、開催日に必ず降る雨の影響も出たのか、不良馬場のダービーの連対馬の産駒同士で決着。
左回りで直線スパートだと少し危ういところも匂わせたラッキーライラックのスケール感は素晴らしかったが、人気勢のパワーや少々足らなかった印象。距離延長でのパフォーマンスアップが成功の鍵を握る。

オープン
アイビーS
不良馬場で行った行った。勝ったコスモイグナーツはAフラ×SWで、2着はVピサ産駒で母母父ミルジョージ。クラシック向きの鋭さは必要ではなかった。
萩S
重馬場を外々からグイグイ伸びたタイムフライヤーは、ハーツ×BT×アルザオ。ロックディスタウンに負けただけの馬は、今後も要注意。
もみじS
道悪で直線グイグイ伸びた人気のダノンスマッシュは、サンデーが入っていないので信頼感が増した印象。マイルまでは強い。

500万はダート戦が熱かった。
プラタナス賞(不) ルヴァンスレーヴ<1:36.2・レコード勝ち>
なでしこ賞(不) ハヤブサマカオー<1:23.4・レコード勝ち>

新馬
京2000 /8 ジュンヴァルロ<ニューアプローチ>
京1800 /9 タングルウッド<シユーニ>
東1600(稍) /14 マウレア<ディープ・全姉アユサン>
東1800(重) /15 ギャンブラー<ハービンジャー>
東2000(重) /21 オブセッション<ディープ×スモークグロッケン>
京2000(不) /22 グレイル<ハーツクライ・半兄ロジチャリス>

レッドランディーニ(牝)…短距離型に非ず。京都マイル重馬場で圧勝が本質。
キングスヴァリュー …アウトサンデーのキンカメでそれなりに上がりの脚を使えるパワー型。
未勝利勝ちの注目馬も東西1頭ずつを挙げておく。

 

タグ :    

コラム   コメント:0

牡馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 

雨予想が外れた高速の皐月賞ウィーク。
馬場は悪くなかったが、誰も速く走れず変わった展開になったダービー。
台風に刺激され、秋華賞の雨が翌週倍増で再びターフを濡らした菊花賞。

何一つとして、レース史に日本競馬史に記録されたそれらとは、全く違うレースになった。
故に、勝ち馬は評価される。同時に、似たものを探す手間が馬券を買うファンには増えてしまった。
同じものがないのだから、違う何かを見つけることも難しい。

前年のレコードがまさか翌年、それもちょっと切ない牝馬1番人気の年に更新された皐月賞。
毎日杯の結果は重要だとされ、それでも人気になることはまずない裏路線組<皐月週に関してのみ>のアルアインは、マイル路線からの転戦で評価もそれほど高くなかった。
が、ファンディーナが厳しい展開に対応できず、代わって、馬込みから叩き上げて上がってきたペルシアンナイトとの叩き合いは、見せ場十分。
軽くはない競馬だったが、距離延長では…。

青葉賞独走でアドミラブルが本命視されたダービー。
軽いレースではないが、しかし、色気がみんなにありすぎて、本当は差し馬と思われるマイスタイルがドスローの逃げ。
動けるのは誰だ…。
動いたルメール・レイデオロと、最初から好位付けに成功していた四位・スワーヴリチャードの叩き合いは、動いた前者の勝利。
記録がいろいろ生まれたレースながら、人が目立つダービーは、あまり歴史的評価が得られない。

さて。
キセキだけが道悪適性を凌駕した激走で突き抜けた菊花賞。
思えば、毎日杯の3着馬で、古馬戦2連勝はもっと評価されて然るべきだったはずなのだが…。
数年に一度クラスの台風と長雨を降らせた前線の影響で、馬場が極めて悪化した。
外を伸び伸び走ってくるイメージがあった馬。
ただ、毎日杯はうまく内を突いて上がってきた。前走の神戸新聞杯も同じ。
この馬場さえこなせれば…。
思った通りの適性だったクリンチャーや望外も時計勝負は苦手そうなポポカテペトルが後方で2着争いをしていた。
勝ち馬だけ、違う世界が見えていたのかもしれない。

各々の個性はどう活かされていくのか。それが分からない年も珍しい。

 

コラム   コメント:0

菊花賞的穴馬の傾向

読了までの目安時間:約 3分

 

10 ⑦-①(ローズキングダム)-<⑬76.0倍 ビートブラック>
・ダービー馬回避
・スローの前残り
・ビートブラック:前走阪神2400(稍)1000万①/ダートデビュー

08 ①(オウケンブルースリ)-<⑮37.7倍 フローテーション>-⑨
・ダービー連対馬回避
・猛ペース→超中弛みの変則的な消耗戦
・フローテーション:萩S(稍)①、スプリングS② 京都1戦1勝

06 <⑧44.2倍 ソングオブウインド>-②-③
・①2.0倍 メイショウサムソン<好位抜け出し・4着>
・レコードペースの超ハイレベル決戦
・ソングオブウインド:前走神戸新聞杯③<中京2000>、ラジオNIKKEI賞②(重)/ダートデビュー

05 ①-<⑥50.3倍 アドマイヤジャパン>-③
・ダービー上位組ほぼ安泰
・常識的な長距離戦の流れ
・アドマイヤジャパン:前走神戸新聞杯⑤、京成杯①(不)/キャリア全て芝2000M以上

04 <⑧45.1倍 デルタブルース>-④-⑥
・①2.7倍 ハーツクライ<後方から伸びきれず・7着>
・ダービー勝ち馬以外ほぼ安泰
・常識的な長距離戦の流れ
・デルタブルース:前走中山2500M 1000万①/道悪【1101】(着外は重馬場の京都マイルの新馬戦)

02 <⑩36.6倍 ヒシミラクル>-<⑯91.3倍 ファストタテヤマ>-③
・①2.5倍 ノーリーズン<スタート直後落馬・中止>
・ダービー上位組回避
・猛ペース→中弛みの変則的な消耗戦
・ヒシミラクル:5月初勝利後の2戦目、阪神2200M 500万①は、宝塚記念のタイムを凌ぐ開催ベストタイムでのもの。3勝馬。
・ファストタテヤマ:京都【2001】 全て重賞、着外のシンザン記念の勝ち馬はタニノギムレット。

01 ⑥-<⑪114倍 マイネルデスポット>-③
・①2.3倍 ジャングルポケット<中団から伸び一息・4着>
・ダービー上位組安泰
・2000M通過2分7秒台の超後傾ラップ
・マイネルデスポット:京都【1131】 最低着順4着、初勝利が京都2200M逃げ切り、前走京都2400M 1000万③の走破タイムは2:24.3。

今世紀の穴傾向は単純。
京都、道悪、長距離実績がオッズに反映されていなければ、ドンと買い!である。

 

タグ :     

コラム   コメント:0

牝馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 

雨の日は何かが起こる。
大本命は敗れ、その後はすぐに立ち直る。その繰り返しが、今年の競馬のトレンドになっていた。

レーヌミノルの快走は、直前のフィリーズレビューでの浜中騎手の失態があり、牝馬GⅠ請負人たる池添騎手に変更されたことが大きかった。
速い馬である彼女に、道悪でもハイペースを演出したカワキタエンカの作ったリズムが、ダートでも戦えそうなタフさを秘める血統の力も借りつつ、出し惜しみなしの正攻法の手に勝機を見出した。
結果、ソウルスターリングは伸びきれず、またしてもリスグラシューが追撃してきた。

そのJFコネクションがようやく解けたのが、続くオークスだった。
快速ではないマイル時計連発の本命馬が、ここ最近オークスで不発に終わることはなかったから、それぞれチャンスありの展開は十分に予想されたが、この距離で今度はスローで折り合い、正攻法で戦うとなった時に、ルメール騎手の経験と技量が、他のライバル勢に見劣る可能性は全くなかった。
大方の支持通り、距離が持ちそうなモズカッチャンやアドマイヤミヤビを引き連れ、馬場の真ん中に堂々のウイニングロードを築いたのである。

前2戦と比べて歴史も短ければ、雨が多い季節は過ぎているはずなのに、軽いはずの2週目の京都の馬場が、かなりの水分を含んだ重馬場となってしまったオークス同窓会の秋華賞は、ハービンジャーの間にハーツクライが挟まる、ヨーロピアン・キングジョージ決着。
スペシャルウィークとマキャヴェリアンという日本では重の鬼を生む血統を二つも搭載したディアドラは、ご褒美ついでに、泥だらけのゴール後の姿に符合するような戦績を引っ提げ、3歳牝馬戦線を締めた。

才能に恵まれた馬が多く、堅実派のリスグラシューや裏の牡馬路線から秋華賞登場のファンディーナには出番はなく、真っすぐにキャリアを積み重ね、しかも勝ち運も持っている本格派の血統の馬だけにチャンスがあった。
ラビットランは、1800戦に活路を見出すのがいいように思うが、それは日本には少ない。
この世代の牝馬は、まだまだ仕事場を広げることができる才能に溢れている。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

最強のオールスター

読了までの目安時間:約 3分

 

現在10月の開催であるGⅠ3戦のG制導入後の勝者を集め、妄想オールスターを脳内で開催することにした。

秋華賞<プラス古馬タイトルor古馬混合GⅠ2着>
ファビラスラフィン
メジロドーベル
ファレノプシス
ファインモーション
スイープトウショウ
ダイワスカーレット
アパパネ
ジェンティルドンナ
メイショウマンボ
ショウナンパンドラ
ヴィブロス
<11>
テイエムオーシャン
カワカミプリンセス
ミッキークイーン
*補欠:二冠牝馬

菊花賞<プラス古馬タイトル>
シンボリルドルフ
ミホシンザン
メジロデュレン
スーパークリーク
メジロマックイーン
ライスシャワー
ビワハヤヒデ
マヤノトップガン
マンハッタンカフェ
ヒシミラクル
デルタブルース
ディープインパクト
オルフェーヴル
ゴールドシップ
エピファネイア
キタサンブラック
<16>
ナリタブライアン
セイウンスカイ
サトノダイヤモンド
*補欠:3歳有馬記念1番人気(抽選2/3)

天皇賞(秋)<高速決着勝者>
ギャロップダイナ
サクラユタカオー・R
タマモクロス
ヤエノムテキ・R
レッツゴーターキン
ヤマニンゼファー
ネーハイシーザー
サクラチトセオー
バブルガムフェロー
*補欠:1分58秒台<抽選2/9>
レーティングでは、タマモクロス・バブルガムフェローが有利か。

エアグルーヴ
ヘヴンリーロマンス
ウオッカ・R
ブエナビスタ
<牝馬>
スペシャルウィーク・タイ
テイエムオペラオー・タイ
シンボリクリスエス・2度ともタイ
ゼンノロブロイ
ダイワメジャー
メイショウサムソン
エイシンフラッシュ
ラブリーデイ
モーリス
<クラシックホースor本命馬>
カンパニー・タイ
トーセンジョーダン・R
ジャスタウェイ
<トニービン枠>
<16>

基本的に、3レースとも別カテゴリーだから、まず重複することはない。
勝ち馬と2着以下の印象深い敗者がそうなることはあっても、見事にメンバーが散った。
近年の高速決着と低調さに呼応するように、ペースもだいたい想像のつくものになりそうだ。

秋華賞 ダイワスカーレット
菊花賞 オルフェーヴル
天皇賞(秋) ジャスタウェイ
らをイチ推ししたいが、こういう特殊なレースでは正攻法は案外不利だ。
ちゃっかり者のサンデーや惜敗の多い馬が狙い目と考える。

 

コラム   コメント:0

予感

読了までの目安時間:約 3分

 

走るごとに良くなる馬は結構多いが、走る馬の中には、走るごとにパフォーマンスが大きくダウンする馬がいる。
スタミナ型にそういうタイプは少ないから、どうしてもグランプリレースの頃には気配落ちというか、どうしても疲れが溜まってしまうキタサンブラックのような馬は、基本的に頑張って長距離をこなしているのであろう。
メイショウサムソンもそうだったが、決め手でサンデー系やスピード優先の血統の馬に挑む<挑まれる>時に、得意とされる中距離戦ではフレッシュでさえあれば、どこからでも来いとドンと構えて自分の勝負に徹することはできるが、以降は、そのガッツが消耗の原因に繋がってしまうというケースが続いている。

秋天直行は、今回に関しては大いに叩き台の意図を感じるキタサンブラックは、2000M以下のレースで【4110】という好成績。
これまで休み明けのレースで連を外したことはないから、実績をそのまま信用する方が賢明なのかもしれない。
さすがに、前哨戦はパスしたが連覇の懸かるJCを前に回避は有り得ない。

走った後に伸びる海外組。
若い馬が後に出世するケースは多いのだが、一定の共通項があって、GⅠ馬として挑戦した場合は、総じて、2000M以下のタイトルを持っていると、ヴィクトワールピサやジェンティルドンナの例に止まらず、オルフェーヴル、ゴールドシップなどが最晩年に一旗揚げる激走をすることもあったりと、総合力を下支えする効果がありそうだ。

サトノダイヤモンドはどうだろうか。
菊花賞、有馬記念を連勝。ディープインパクトは皐月賞からGⅠ勝ちの記録が始まった影響なのか、本番で策を変えざるを得ない展開に持ち込まれてしまって、更には、レース参戦の事実まで否定された。
道悪に夢を奪われた大遠征ではない渡仏の結果は、有馬記念で出る。それが21世紀の系譜。
速くはないことを示した日本と、重厚ではないことを示したフランス。
グランプリ連覇でしか、もう力は示せない立場になった元天才が、スピードの開眼を見せる可能性が出てきた。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

1 2 3 37