競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

2015年 牝馬クラシック②

読了までの目安時間:約 2分

 

アネモネS勝ちのテンダリーヴォイスに、この時のような一瞬のキレが必要なレースでの出番は感じても、直線の長いコースでスロー(の公算大)のGⅠが合う印象は受けなかった。

一応、FR快勝のクイーンズリングについては、3連勝中でもあるからマークは必要。
ミルコが調教からきっちりコンタクトをとったことで得た感触が、初の1400、極端な体重減、前走から少し開いてしまったレース間隔など、山ほどあった敗因を吸収する無理のない騎乗に繋がり、力で他をねじ伏せる結果になった。
距離延長に不安は何一つない血統だが、格上がり、相手強化では反動がもろに出ても不思議ない。

アルビアーノは快速型なので、完全別路線組の参戦が混乱を招くことも想定されたのだが、無理をせず5月の東京に照準を合わせるという陣営のコメントが、先週半ばに発表された。これにより、大よその想定表は完成した。
JFの前からずっと仲良く好走を続けているココロノアイ・レッツゴードンキや、クイーンC快勝のキャットコイン。
キングカメハメハにステイゴールドだけだと、少し不安な春にもなりかねないが、ディープ産駒もいれば、父ハーランズホリデイの(外)も秋になればこちらの路線を展望している可能性があり、桜花賞の先が既に見えてくる、楽しすぎる未来が透過され想像できる状況は嬉しい。

日本馬が毎年挑戦している海外のビッグレースへの実質的な挑戦権奪取に、この桜花賞の結果が影響するのはほぼ間違いない。
現状ハイレベルなメンバー構成の上、ルージュバックとキャットコインの持つスター性はかなりのものだ。
マイルの持ち時計なり牡馬相手の年明け重賞勝ちなりといった箔のついた実績が、賢明なる競馬ファンにどう評価されるのか。
単勝オッズの変遷にも注目したい。

 

レース予想

競馬学<血の魔法>

読了までの目安時間:約 2分

 

・ミトラ<1400オープン特別勝ち→2000以上重賞連続連対>
母は短距離で3勝。東京芝1400Mレコード走の根拠。
一方で、時に名うての砂巧者を出すシンボリクリスエスの産駒でもあり、福島記念の勝因は、一族にメイショウサムソンがいる血統背景も影響していると推察される。

・アドマイヤデウス<フェブラリーS勝ち馬の本質>
祖母はステイヤーズS2着のアドマイヤラピス。叔父がアドマイヤフジだから、皐月賞の穴候補に上って何ら不思議なことはない。が、父はダートで2年以上一線級の活躍を見せた馬。こういう場合、父の本質的な部分がより反映される場合が多い。

・アンバルブライベン<ステイヤーからスプリンターという共通項>
上の2頭をごちゃ混ぜにしたようなのが彼女。
米産なのに英セントレジャー勝ちのキングマンボ産駒である父ルールオブローは、産駒が意外な短距離適性を示す。ペイシャオブローも1200オープン2勝。
母チェリーコウマンもウインターSというダートの長距離重賞を制しながら、この結果。

共通点は、父がスタミナ勝負になる舞台でスピードを武器にGⅠを制したこと。
ルールオブローは、マイルGⅠ覇者の系譜を受け継いだ万能型種牡馬のキングマンボ。
上記の日本で走った2頭も、速さやしなやかさをサンデー系の及ばない領域でフルに発揮した同期の華。

僅かな差が距離適性に大きな影響を及ぼす今の競馬は、時計の速すぎない短距離戦や時計の求められる中長距離戦で、ままこういう不可思議な出来事が巻き起こる。
彼らは素晴らしい結果を出した。サンデー系全盛時代に歯向かった無頼派と穏健派の血が、サンデー系のキレに立ち向かう渋とさに繋がったのであろう。
魔法にかかっているのは、先入観に囚われた我々人間の側なのかもしれない。

参考:競馬必勝法各論

 

コラム

地味なのに派手

読了までの目安時間:約 2分

 

日曜日に行われた重賞2競走で2番人気だった馬が、ともに好走。それも極端な脚質ながら、双方スローペースとなった展開を一方は利して、もう一方は完全に逆らう戦法で自分の出来る仕事をやりきった。

また、昨秋に初重賞制覇を成し遂げた点も全く同じ。一体、どうなっているのか?
まあ、週末大爆発のキングカメハメハ産駒がメインでは大人しく3着止まりで、信じるものは救われるという意味では渋めの炸裂の仕方に収まったのも、やはりアンバルブライベンとワイドバッハの充実ぶりがあってのこと。
できれば、シルクロードSのメイショウツガルの方が来てほしかったのだが…。

更に、彼らにはもう一つ共通点がある。
それがタイトルの通り、地味なのに派手な仕事をするという地味な部分の根拠である「在来牝系」出身の隠れ良血馬ということ。
今さらだが、2つのゴールシーンを振り返ってみると、それはキングカメハメハより必然性があったように思う。

シルクロードSを逃げ切ったアンバルブライベンは、母が東海ウインターSを制したチェリーコウマンとはいえ、ツルマルガール・ボーイ親仔やネーハイシーザー、フェブラリーS好走馬を何頭も送り出したエスサーディ系の中では完全に傍流という位置づけ。
近親は、今や皆がチェリーコウマンとその兄弟の子孫だ。
ワイドバッハも似たようなもの。国内指折りの大繁殖牝馬・アストニシメントの末裔で、オークス馬チトセホープを出したエベレストの亜流。

昨年のGⅠシーンでは、サンデー系の猛威をこれ以上なく体感したが、非サンデーの血が東西の重賞でワンツー。
少しずつだが、確固たる対抗株が蠢き出したようだ。

 

コラム

ダートと長距離の血 – JRAダートGⅠを両方勝った馬にはステイヤーの血が入っている

読了までの目安時間:約 2分

 

中央のダートGⅠを両方勝った馬は5頭。双方で連対したことのある馬は、これに3頭加わり計8頭いる。
うち、シーキングザダイヤ以外の7頭の共通項として、父か母父が芝の2400M以上のGⅠを自身若しくは産駒が勝っている。例外はどこにいってもGⅠを勝てなかった馬。

旧JCダート時代の勝ち馬は、クロフネ・カネヒキリ以外皆このステイヤーの血が入っている。
例外の2頭は、前者が砂不敗で後者が3着を外したのがドバイWCと2年半ぶりの実戦で前が詰まって何もできなかった武蔵野Sだけという最強クラスの馬。

フェブラリーSは、馬場改修を挟んで微妙に変化した。
03年中山1800戦を勝ったゴールドアリュール以降の勝者は、前記のカネヒキリや昨年覇者コパノリッキーなど例外は多いが、以前6年で3頭から以後11年間で7頭が該当に増加。
同じ競馬場の安田記念が、改修後の共通する期間で同一の傾向を示している点からも、単なるスピード型では太刀打ちできなくなった。

ただ、逆に菊花賞の傾向も変化をしている。
セイウンスカイが98年に革命的なレコード更新を達成以降、レースレコードが発生するたび、
06年ソングオブウインド・父エルコンドルパサー<主な産駒・ヴァーミリアン>
14年トーホウジャッカル・父スペシャルウィーク<帝王賞馬・ゴルトブリッツ>
という、ダート向きの傾向も示す種牡馬の産駒が勝っているのだ。

事の真相は、芝中距離の充実とその枠から漏れた種牡馬の再就職場所を端的に示した結果だということ。
悲しくもあり、生存競争の在るべき姿でもある。

 

コラム

競馬学<大レコードの本質>

読了までの目安時間:約 2分

 

僅か0.2秒の差で、まるで別次元の展開になるのが競馬の奥深さだ。中山の2000Mでは、つい先日歴史的レコードタイムが刻まれた。
A:15・中山金杯<革命> 1着ラブリーデイ
<59.4-(58.4)=1:57.8>
異常なラップのない力勝負<古馬重賞的>

B:14・皐月賞<極限値の再確認> 1着ロゴタイプ
<(58.0)-60.0=1:58.0>
典型的なレコードラップ<GⅠ的>

類例に古馬の主要2000重賞のレコードも併記しておく。
天皇賞(秋)
11・トーセンジョーダン(56.5)-59.6(現日本R)B
参カンパニー59.8-(57.4)<勝ち馬の上がり:32.9>(コースタイR)
11年産経大阪杯
ヒルノダムール59.3-(58.5)A
Aは馬場状態の影響が大きく、Bは総合力が求められる。

直線平坦だと、
13・秋華賞・ショウナンパンドラ(58.0)-59.0
08・札幌記念・タスカータソルテ(58.4)-60.2
旧中京では、
04・金鯱賞・タップダンスシチー(58.2)-59.3
その他もパターンは一定。全てB。

中山2000で2分を切るようになってから、今回初めて完全な後傾ラップによるレコード決着になった。長距離戦と似た傾向で、上がりの脚が極限値の場合が多い。ラブリーデイは34.2秒。超スローでも速いくらいの脚だから、このタイムを破るのは困難かもしれない。2着だったロゴタイプの皐月賞でのラップが前傾ラップレコードの限界であることを前提とした論理だが、少なくとも金杯でのレコード更新に関しては、空前絶後の大記録である。
コース形態からも、記録更新にはテンからラップを削るしかない。

 

コラム

名種牡馬の血筋 – サイヤーズファミリーの本質

読了までの目安時間:約 2分

 

秋のGⅠ7勝で、再度その価値を高めることとなった種牡馬・ディープインパクト。

ドイツでの熟成期間を経たハイクレア系は、ウインクリューガーや半姉のレディブロンドが、兄弟とともに代表産駒に数えられる。

底流には、別流でラウンドテーブルなどもおり、活躍馬を多く出す良質の種牡馬が多い。

ティルナノーグは、大まかな意味では同族配合ということになる。ただ、一族であることが、即活躍の基準になるとは限らない。

姪にあたるロカの出遅れ自滅に、単純ならざる血の宿命を見た気もする。あれは、恐らく一族に眠る狂気の一端だったのではないだろうか。

ハマるとディープのような馬が出て来る。これがサイヤーズファミリーの本質なのだ。

ロイヤルサッシュ系が秋口のスピード競馬で台頭。サッカーボーイを中心に、ファイントップ系の継承者・ディクタスの血を受けた子孫が、平成の競馬を盛り立て続けている。

今はその血を、ステイゴールドが大量生産体制で鋭意拡散中。個性派が続々登場している。

配合パターンを問わず大種牡馬同士の配合から互いのいいところを得たハーツクライは、根源的なバックボーンでは前記2頭に劣るが、母父トニービンがハイぺリオンのクロスを持っていることもあり、その血をかき集めるとよく走る。

晩春のGⅠを盛り上げた産駒がまさにそれ。

これらサンデー系の要素をちょっとずつ持ち合わせているのがキングカメハメハ。

ダートも配合次第ではチャンピオン級を出すし、有馬記念2着馬も送り込んだ。

芝GⅠでは、そのほとんどが限定戦であるとか、時計が両極端な時に台頭するので、軽い競馬向きのディープと共通点は多い。

 

コラム

2014年 古馬戦線 検証<短距離路線>

読了までの目安時間:約 2分

 

ジャスタウェイの秋競馬は、他流試合に終始した。ただ、ここに入れられない馬である。
不良馬場での春2戦、時計の掛かった新潟戦。でも、マイルCSはレースレコード。路線の混迷は例年通りだった。

主要前哨戦の連対馬が上位を占めた高松宮記念。
当時コパノリチャードは、名実ともにトップスプリンターであった。逃げなきゃダメなタイプでも、足下への注意力が必要な馬場状態だったので、逃げることへ馬が執着しなかった。いかにもミルコの得意そうな形。阪神Cはその再現に。
そんなリチャードが全く競馬にならなかった新潟・スプリンターズSは、その時芝での戦いに目途を立てたスノードラゴンのレースになった。
外差し傾向の馬場で、大外枠を引き当てた。中京でも17番枠。父も安田記念は18番枠。ああ、後藤騎手も傍にいたような…。
13番人気なら、絶対奮起するだろう条件の揃った出来レースであった。

結局、安田記念好走馬が勝ったマイルCS。地味な役回りに徹したダノンシャークの男気を見た。
富士Sは7着。前に行ったら止まる。
テン乗りの騎手には、その最小限の情報だけあればよかったという結果になった。直線でのダノンシャークに、在りし日のオグリを思い出した。

今年は香港組もまずまず良かった。
ミスブロンズメダル・ストレイトガールはGⅠで3回目の3着になった。
香港スプリントが一番スムーズに競馬できる舞台だったのだろうが、結局本格派の集う舞台でも、爪の甘さを露呈してしまった。きっかけにしないといけない。
グランプリボスの香港マイル3着に、ジャスタウェイを苦しめたGⅠ馬のプライドを見た。
サンカルロも去り、若い世代の活躍が待たれる。

 

コラム

有馬記念(2014)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

3強がそれぞれの持ち味を活かして、その前には最近パッとしなかった春先の主役がいた。

「世界一を競う舞台に挑まなかった第四の女」
思えば、宝塚の道悪を苦にするところがあったから、4歳夏の時点でロンシャン行きを諦めていた。メイダンの2400Mでは崩れなかったのに、だ。

あり得ないローテーションをとってきたのは、やっぱりジャスタウェイの方だったのだと、1角を回った時に思った。枠の有利不利がはっきり出る競馬とはいえ、ゴールドシップをスローペースで前に見る位置に押し込められたのは痛かった。
何もさせてもらえず、最後は風船が萎んでしまうかのように、坂を上った時に馬は諦めてしまっていた。

そんな馬に、ジェンティルが2度負けたからと言って、自身がGⅠを勝てなくなったわけじゃなかった。
今年のジャパンカップで再戦するまでのGⅠ勝ち星の差はイーブン。それも2つずつだから、単純に下降線に入ったといわけではなかったのである。はあ…。

ジェンティルとは何度も戦ってきたが、中山で不覚をとったゴールドシップ。器用に見せて、全くそうじゃない競馬観を持つ不肖の男は、自ら上がって行く自分のスタイルを忘れてしまったかのように、この日はおとなしい競馬に終始した。
岩田騎手とは合うようだが、好スタートを決めた割に、普通に走っているのを見て、これでは勝てないと確信した。

個性こそ違えど、父の域に達する唯一の方法論は、GⅠの勝ち星で少なくとも同じにすることだった。多くのファンが7つ目のタイトル奪取に思う、感謝と有馬らしい出来レースへの幸福感。
何にも代えがたい時間を、殿堂入り確信の手応えと共に、皆で共有させてもらった。素晴らしい。

父の域に届かなかったとするならば、日本人騎手では制御できない気難しさの系譜なのだろうか。
結果だけを見れば、そう言われかねないクリスエス-エピファコネクションの怪。エピファネイアには、器用に戦うことはできなくても、スタミナがみんなよりあるはずだったのだが、それを活かすことはできず。
逃げられる器用さがない分、レース場のランドマークに成り下がってしまった。速さは父には及ばずが証明されてしまった。

直線、皆が外を見ている時、ジェンティルドンナと戸崎騎手だけが、外からの豪脚一閃のみを注意する余裕があった。有馬ではよく走る血を持つトゥザワールドを連れてきて、2分35秒と時計を要した競馬を、完全に自分だけのものにできたのも、有力馬で唯一消耗をしていなかったことが要因であったのだろう。
ただ、愛しき彼女の首を振る姿をもう見られないというのは、喪失感が大きい。さよならでは寂しい。
ごきげんよう。

有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

レース回顧

有馬記念(2014)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

話題の抽選会の映像を生で拝見することができたから、尚のことそう思うのかも知れないが、
「有馬らしいな」
というのが、正直な枠順発表後の感想だ。
一番最後に、16番と言うためだけに苦笑いしながら蛯名騎手が画面に映し出された時には、世の中帳尻が合うようにできているものだと、妙に感心してしまった。

抽選のやり方は色々あるだろうが、そもそも有利不利があるコースなのだから、多様な方法論を選択して出し尽くした時には、今回のやり方が固定化される可能性を感じた。
「だって、内枠をみんなとりたいと思っているに決まっているじゃないか」
有馬記念にまどろこしい方策は必要ない。どんな枠でも、展開次第の競馬なのだから、力の足らない馬にしか枠順は重要ではないのだ。

さて、普段よりは発走枠のことを熟考する場合が多いこのレースを、一応、3分の1くらいの馬が思惑通りの馬番を得られたときに起こり得る展開から読み解いていくと、やはり、力勝負になるのではないかと仮定することができる。
皐月賞2着、有馬記念優勝、中山記念圧勝。
13番枠から外に、ある意味ではくじ運悪く、やや不利な枠を頂戴してしまった今年のGⅠ勝利馬3頭は、少なくとも他馬よりは今の中山の馬場状態を味方につけられるはずだ。
皆道悪で複数回GⅠの好走歴を持っていて、かつ勝利時のインパクトは強烈な個性派ということにも共通項がある。
正直言って、内に先行馬や位置取りによって着順が変わりそうな馬が集中しているこのレースは、力を発揮しやすい競馬だと思う。
まあ、気性面からくるやや難儀な脚質の3頭なのだが、揃って上位に食い込むことは間違いないようにも思う。

人気馬が数多く上位を占めた時、この有馬記念にはマイル実績のある馬がよく来る。
最初にオグリが勝った時は、サッカーボーイが繰り上がって3着になった。ナリタブライアン圧勝時は、2着に同期の2歳女王ヒシアマゾンを連れてきて、歴史的2歳王者であるグラスワンダーがグランプリ3連覇を決めた時は、史上初の秋の古馬GⅠ3連勝を目論んだスペシャルウィークと、翌年自分だけの時間を作るテイエムオペラオーを同時に負かした。
ディープがラストランを圧勝した時の3着はダイワメジャー。ブエナビスタが有馬記念で中心視された時は、決まってその年にマイルGⅠを勝っていた。

歴史に学ぶ、ではないのだが、もし上位勢が人気馬ばかりなら、一番崩れないのがジャスタウェイだろう。
どの馬にもチャンスが生まれた競馬で、堅めに収まりそうな予測を立てた以上はこの傾向は無視できない。
もちろん、1枠にそのマイルGⅠでの実績馬が奇しくも共に入るという珍現象が発生しているから気にはなるが、ジャスタウェイとの比較となると…。トーセンラーは狙おうとは思っていたので、買い目には加えるが。

順番は、15-13-14。が、そもそもハイレベルの混戦で、不確定要素が展開次第で無限に想定できる舞台なので、完全敗北はないように立て目も漏れなく押さえたい。
ミーハーもいいところだが、現状府中では力が足らなかったと思われるジェンティルと出遅れるくせに内枠時に好走歴が集中しているダービー馬には重点配分する。何せ、その年の2400M重賞好走馬は6年連続で馬券になっているので侮れない。
良馬場限定では、15年以上この傾向が続いている。まあ、当たり前ではあるが。

各馬に対しては、様々な思い入れはあるのだが、それを語るのは陣営がノーサイドとなるレース後の方がいいだろう。
今はまだ、みんな戦闘モードでそれどころではない。
直前のホープフルSは、中山男・蛯名正義跨るフォワードカフェに穴をあけてもらいたい。今回は好位につける手もあるだろうし、父の名にも縁を感じる。

有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

レース予想

解血策 – エクリプス系を3分割、その分配率がパフォーマンスにどのように影響するのか?

読了までの目安時間:約 2分

 

この秋は、総合力の問われるGⅠレースが多い。
その結果を精査するため、方向性を定めて掘り下げていく中で、血統的見地から解析するのが最も合理的なのではと感じた。
春より種牡馬の偏りはないから、個体差を明確化しやすい側面もある。

今、主要血脈を形成するエクリプス系を大まかに3分割し、その分配率がパフォーマンスにどのように影響するのかを研究している。
事のついでに、そのリトマス試験紙を使って、傾向分析をしてみようと思う。
3枚の用紙の概要は、
ハイぺリオンを送り出し、健康なままタフな競馬に連続参戦することを可能にしたハンプトン系と、
時代を席巻した血筋が最後に残した超ド級の底力を持つリボーの源泉たるセントサイモン系。
そして、ファロスーネアルコのラインを中心に様々な国でチャンピオンサイヤーを送り込むメジャー系統のファラリス系の3種類。

春の時点では、セントサイモンの絡みが少なくて、ハイぺリオンやファイントップの系統が5代以内に入っている馬が多く活躍した。
が、秋はセントサイモン系の入っていない馬が、スピルバーグとラキシスしか勝っていない。これ、時計が遅かった2戦。

コパノリッキー・ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリー・ジャスタウェイら5代以内にセントサイモン直系のない春の主役たちは、これらもやや時計を要する展開で底力を示している。
アウトセントサイモンの共通点である、時計が少し速いと負けてしまう性質がよく表れている。同時に、ファラリス系の融合性も比類なき者であることを実証している。

中山と阪神の急坂コースでのGⅠが2つ残る中、この傾向が変質する可能性は大いにある。

 

コラム