シンクタンク 競馬予想会社ピックアップ解説

競馬予想会社のスタッフ経験もある管理人が注目した会社としてシンクタンクをピックアップ解説します。

■正真正銘、創業20年の老舗

創業○○年と謳いながら実際はできたばかりというインチキ老舗が最近見受けられますので、創業○○年という文字には騙されないように注意が必要。

しかしこのシンクタンクは正真正銘、創業20年の老舗。競馬暦30年の私(当サイト管理人)の記憶的には、もっと古くからあるような気もします。

一般論として「老舗だから予想も当たる」とは言い切れませんが、これだけ歴史があるのだから「悪徳ではない」ということは高い確率で言えると思います。

シンクタンクの予想実績とその内容を解説
>> 参考実績

まずは無料メルマガを登録して、入会は実力をチェックして納得してからです。

■元騎手・元調教師らによる無敵の陣容

シンクタンクには、オールドファンの皆様がよくご存知の元騎手や元調教師ら競馬関係者が名を連ね、その確固たる人脈を活かした情報力を売りにした競馬予想会社です。ライバル社の追随を許さない豪華な布陣で、まるで高級官僚たちの天下り先のような感じさえしてきます。所即する主だった競馬関係者は下記の通り。

  • 増沢末夫(シンクタンク最高顧問)
    国民的な人気を得たハイセイコーの主戦騎手で、当時、中央競馬の人気上昇の立役者。ローカル開催での逃げ・先行に定評があって、夏の新潟・福島、裏開催では「増さん(まっさん・増沢氏の愛称)から買って儲けた」という方も多いのでは?
  • 境征勝
    元調教師。美浦トレーニングセンター所属。現役時代の主な管理馬は、サクラセカイオー(エプソムカップ)、システィーナ(京都牝馬特別)など。
  • 安田富男
    「穴男」として知られた騎手でしたが、1987年には59勝でリーディングトップ10入り。グリーングラスで制した菊花賞ほか重賞38勝の実績を誇ります。
  • 平井雄二
    元騎手としは安田富男氏とは同期の仲でしたが、騎乗は障害レースを中心としていました。引退後は調教師に転身したが2011年に引退。
  • 中野渡清一
    名馬マルゼンスキーの8戦全勝すべてで鞍上を勤めました。1989年、美浦トレーニングセンターに厩舎を開業し、通算195勝。

■総勢380名以上の情報提供者?

2014年10月に掲載されたニュース記事風の広告がbiz-journalに掲載され、その内容によれば、「トレーニングセンター(トレセン)内外に総勢380名以上の情報提供者」がいるとのことで、本当であれば大手競馬専門紙をも上回る情報力とえいます。

しかし「元騎手や元調教師による直接取材には疑問」とワールド競馬WEBの記事で書かせていただきましたが、公正競馬を標榜するJRAが特定の競馬予想会社に東西のトレーニングセンター内で直接取材を許しているということではないと思われます。

>> シンクタンク公式サイト

メニュー

実力上位【確認済み】

■プレミアム〜極上投資競馬〜
2016/7/31 小倉6R
3連単 3万8,270円 (32点)
2016/3/12 阪神7R
馬 連 5万3,130円 (11点)
2015/7/25 福島6R
3連単12万9,910円 (36点)
などを【無料予想】で的中。
※( )は買目点数
>> プレミアム〜極上投資競馬〜の詳細

■ハイブリッド
2016/6/4 東京4R
3連単 2万2,150円 (30点)
2016/4/10 阪神6R
3連単 3万8,330円 (30点)
2016/2/21 京都7R
3連単 2万4,070円 (30点)
などを【無料予想】で的中。
※( )は買目点数
>> ハイブリッドの詳細