競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

シーザリオの研究

読了までの目安時間:約 3分

 

まあ、ロードカナロア違いで、サートゥルナーリアさんが渡仏の方向のようで、無事、皐月賞も勝ったことですし、ダービーをステップにその次のレースがどこになるを考えるためにも、今一度、シーザリオという偉大なる母についての考察を行いたいと思った次第であります。

ロードカナロアについては、強い短距離型がもっと出てから、しっかりとその特性も見極めた方がいいように思う。

父/母父/<血統特記事項>/主なGⅠ勝ち鞍

・シーザリオ

スペシャルウィーク

サドラーズウェルズ

<ノーザンダンサー5×3等>

05優駿牝馬、アメリカンオークス

・エピファネイア

シンボリクリスエス

<ヘイルトゥリーズン4×5×6・同系配合>

13菊花賞、14ジャパンC(12ラジオNIKKEI杯2歳S)

・リオンディーズ

キングカメハメハ

<ノーザンダンサー5×5×7×6×4>

15朝日杯FS

・サートゥルナーリア

ロードカナロア

<ノーザンダンサー6×6×8×5×6×4>

18ホープフルS、19皐月賞(現役)

敢えて、ラジN杯について書き加えたのは、そこまでの過程が母仔揃って同じようなところがあるから。

シーザリオとその産駒の軌跡はそのまま、日本のサドラーズウェルズ代表・オペラハウスの産駒の成功例に、実によく似ている。

端的に言うと、この血が入っていると最終的には、5歳時のオペラオーのようになってしまうのだ。

もう一方の成功者であるメイショウサムソンも、似たような運命を辿った。

サドラーズウェルズには、4歳までで燃え尽きる宿命があるのだろう。

スタミナを早い段階で問われると無類の強さを見せるロベルト系のブライアンズタイムという種牡馬がいた。

が、中でも出色の戦績を残したナリタブライアンやサニーブライアンは、ここから期待したい場面で故障している。

クラシックで成功しているというだけで、サドラーズウェルズの後継者の将来性を期待するのは危険なのである。

それをどう裏切ってくれるか。ダービーは負けられない。

上がり目を考えたら、不利かなんかで負けるのもありなのだが、やはりそれではつまらない。

参考:競馬必勝法各論

 

コラム

プリンシパル爆弾と裏スジ

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のコズミックフォースの激走が記憶に新しい、全くもって忘れられたトライアルホースになることが大半のプリンシパルS組。

ダービー2、3着馬は数少ないものの、強烈なレースにおいて、その存在感を示している。

96①→② ダンスインザダーク<1人→継続>

98②→③ ダイワスペリアー<7人→15人>

02②→③ マチカネアカツキ<4人→6人>

09②→③ アントニオバローズ<1人→8人>

18①→③ コズミックフォース<1人→16人>

ダイワスペリアーは、後にメジャーがそうなったように、トライアルまではローテがハードになることも考えて、ダートを中心に使われたリアルシャダイの産駒。

マチカネアカツキは東スポ杯とRたんぱ杯2着で、ダービーは叩き2戦目。

前後して考えると、画期的裏ローテの先駆者である。

ダンスインザダークはそもそも、皐月賞を使えなかっただけであり、東京を使うということを優先した面もある。

全ては武豊のために、そして、自分が勝つために…。夢は最終的には叶ったわけだが…。

近2例は、共に地味にダービーに繋がってくることの多いシンザン記念と京成杯の好走馬。

しかし、この5例に絡む名馬物語は、彼らが輝かないにせよ、強烈なレースと評するに相応しい歴史的熱戦の当事者になっただけでも、価値が大いにある。

フサイチコンコルドとスペシャルウィーク、スペシャルウィーク産駒のリーチザクラウンらで挑んだ、武豊史の一端が見られるダービー物語。

そして、怪我から復帰した直後に勝ち切った最初のGⅠタイトルとなった02年のタニノギムレットと歩んだハードな春。

唯一、ユタカ騎手が関係していない昨年のワグネリアンの時も、父の主戦だったことに加えて、母、母父、母母での騎乗経験もある金子ブランドのデザイナー的役目を担っていた点では、縁がないわけではない。

その後ダービー5勝の武豊騎手が、有力馬に乗っている時に来るのだとすれば、彼が打ち立てた金字塔を塗り替えるようにして、それを建て替えてしまったルメール騎手が、昨年の勝利騎手だったことも、何かの因果があるのだろう。

参考:日本ダービー予想

 

コラム

香港チャンピオンズデー総括

読了までの目安時間:約 2分

 

ナックビーナスは、初重賞制覇にも貢献したモレイラ騎手騎乗のビートザクロックが、隙のないレース運びで快勝したこともあり、直線では伸びを欠いて6着と敗れた。

チェアマンズスプリントプライズは、香港競馬の総決算的意味合いもあるから、実績最上位のミスタースタニングがいないとなれば、尚のこと、地元勢とすると負けられない状況にあった。

良馬場の勝ち時計は1:08.26。

スプリントは厳しいというのは、今も昔も変わらない。

で、マイルにはビューティジェネレーションとかいう、異星人みたいな怪物がいる。

また勝った。9連勝。1:33.63。

これは来ますよ、奥さん。

仕方ない。QEⅡだけしか勝ち目がなかったか…。

3頭とも実力馬だし、チャンスはある。いや、エグザルタントがいた。

GⅠ馬5頭をねじ伏せたウインブライトが、最近、やけにキレる。

果たして。インから器用に抜け出して、勝ってしまった。

パートンのエグザルタントも、マーフィーのリスグラシューも、ムーアと化した松岡正海に、見事にしてやられた。

人馬一体。おまけに1:58.81という、香港競馬の新時代を告げる沙田競馬場のレコードタイムを叩き出した。

ディアドラの下降線は気になるものの、こちらは宝塚記念の有力候補がわんさかいるという組み合わせだったように思う。

アジアの東の端っこで、近代競馬の祖国である英国に範を取ったレース体系やそのノウハウを活かし、今、世界基準の最新版を発信する場所に作り上げるまでに昇華させた競馬関係者の尽力と情熱には、一ファンとしても頭が下がる。

素晴らしい未来が待っているはずだ。

 

ニュース

1番人気との兼ね合い<天皇賞(春) 何故本番は勝てなかったのか>

読了までの目安時間:約 3分

 

近20年の春天1番人気馬の成績はなかなかのものである。

03~18【21211】

99~02【3010】

計【51311】

複勝率5割未満では、買う価値があるかどうかの問題になってくる。

1番人気 前走・着順/人気

・阪神大賞典 2010/1016→【3026】

⑤ゴールドシップ 1/1

⑪オルフェーヴル 2/1

⑨アサクサキングス 1/2

④アイポッパー 1/2

①ディープインパクト 1/1

⑥リンカーン 3/3

⑬リンカーン 1/1

③ダイタクバートラム 1/1

③ナリタトップロード 1/1

①テイエムオペラオー 1/1

①スペシャルウィーク 1/1

<菊花賞→有馬→阪大→春天の4連勝は、一例もなし>

この3GⅠをストレート勝ちした馬は、

マンハッタンカフェ

シンボリルドルフ<下記参照>

・日経賞【0002】

⑫ゴールドアクター 1/2

⑬トゥザグローリー 1/1<阪神2400>

優勝例

フェノーメノ 1→1、5→1

マンハッタンカフェ 6→1

ライスシャワー 1→1、6→1

ミホシンザン 1→1

シンボリルドルフ 1→1

・大阪杯<産経大阪杯> 1000・1112【2112】

②シュヴァルグラン 13/4

<①キタサンブラック 1/1>

⑦キズナ 2/1

④キズナ 1/2

③アサクサキングス 3/4

①テイエムオペラオー 4/1

現在の主流路線だけに、信頼度は高め。

10⑥フォゲッタブル 1/1<ダイヤモンドS>【0001】

2番人気以下

15勝<②7勝/③1勝/④以下7勝>

1番人気2、3着時の組み合わせ

18 2-①-4

08 3-2-①

02 2-3-①

上位人気総崩れ

04 10-4-5

05 13-14-4

09 12-4-5

時代はスピードと消耗の軽減が主軸、ということか。

 

コラム

平成の出世レース・一捻りで妙味あり

読了までの目安時間:約 3分

 

青葉賞

14④ゴールドアクター

13⑤アウォーディー

12①フェノーメノ

09⑩ワンダーアキュート

02①シンボリクリスエス☆

☆天皇賞(春)

勝ち馬前走

阪神大賞典<12>

①91 92 97 98 99 00 06 08 15 18

②以下

12⑩ビートブラック

89⑤イナリワン

日経賞<6>

①93 13

②09

③以下

14⑤

02⑥

95⑥

大阪杯<7>

①90 07 11 17

②16

③以下

03⑦

01④

他GⅡ<3>

10京都記念②ジャガーメイル

96中山記念①サクラローレル

94京都記念①ビワハヤヒデ

その他<2>

05大阪-ハンブルクC③スズカマンボ

04ダイオライト記念②イングランディーレ

宝塚記念直結度

春天勝ち【6518】

17⑨

16③

15⑮

13④

12⑨

10⑧

09⑦<近10年は不振>

春天負け<巻き返しは12例/勝ち馬逆転はうち7回>

18④

15⑧→<鳴尾記念①>→①

<14⑦>

<13⑤>

<12⑪>

<09③>

<01②>

<97③>

<96⑤>

<93②>

92⑦→<新潟大賞典①>→①

<91④>

その後の展望<古馬主要レース勝ち馬限定>

当該年(近10年)

17<①キタサンブラック 秋天、有馬①>/②シュヴァルグラン JC①

<16①キタサンブラック JC①>

<09③ドリームジャーニー 有馬、宝塚①>

翌年

17⑫レインボーライン 春天①

16③シュヴァルグラン JC①

<13①フェノーメノ 春天連覇>

11<②エイシンフラッシュ 秋天①>/⑦ビートブラック 春天①

09⑤ジャガーメイル 春天①

<当該年/翌年>(平成30年間)*春天参戦年

春天-/91<連覇>・96・00<連覇>・03・09・11・13<連覇>・16<連覇>

宝塚89・91・92・93・94・95・00・01・03・06・09/92

秋天99・00・04・07・11・17/16

JC92・99・00・04・06・16・17/16

有馬89・92・96・00・04・05・06・07・17/92・16

新潟大賞典

12⑪トーセンラー

09⑤アーネストリー

近年は青葉賞や春天のイレギュラータイトルぶりが露わになっている一方、ズレを中央場所で修正した時の新潟大賞典組の破壊力など、晩成型に必要な関門であるのは確かだ。

 

コラム

キャリア3戦での皐月賞制覇のサートゥルナーリアか 東京優駿展望

読了までの目安時間:約 3分

 

何を見て、ダービーを論じるのか。

早デビューの才能に対する先入観をなくすところから、ファンの修正は始まる。

6月デビューながら、無傷というこの上ない形容をなされる存在となったサートゥルナーリアは、わずかにキャリア3戦での皐月賞制覇となった。

デビューから最長の時を経て、アグネスタキオンやディープインパクトら、暮れデビューの3戦無敗馬より、夏の新潟1000M<旧コース、ローカル一般の右回り戦>から菊花賞まで負け知らずだったシンボリルドルフよりも、遥かにデビューは早い。

格段に調教技術が上がったと同時に、ダービーだけではなく、クラシック全体を総体的かつ、順序立てて攻略する術を、能動的にだけではなく、受動的にも現実に落とし込むことができるようになった。

個々の才能に合わせつつ、人間が勝手に作った枠に対する過不足のない十全の準備が、サートゥルナーリアとグランアレグリアの成功パターンによって、今確かに確立されたのである。

受動的とはこの場合、馬自身に起こるアクシデントによりレース選択が変更されるパターン。

両ギニーホースにそれは当てはまらない。

道程における勝ち負けでは、×ありなしと別れるが、狙いは全く同じ。

クリアすべき課題を年末までに仕上げてしまう。彼らの場合は、人間の理解した理想形の体現という意味で、能動的である。

ある意味、勝手に思うがままの展開に持ち込めた、という話。

今や普通である、2か月開けローテは、昔はビワハヤヒデもやっていたが、倍近くそれが開いても平気な時代にあって、2月重賞経由者は、もはや凡人の類になる。

しかし、ダノンキングリーもアドマイヤマーズも、クロノジェネシスとビーチサンバらが、完全に終わったわけではない。

鮮やかな東京でのレースぶりは、本番でこそ見劣る結果となったことで、評価急落である一方、第一戦はノーカウントの時代も、今と昔では、時計が速くなったことで、返って先祖返りの傾向にある。

オークス、ダービーを向けての準備。

少なくとも、皐月賞で余裕のローテで挑んだ面々を軽視しては、まず失敗の第一原因になると感じる。

青葉賞は混戦なので、どうせならピンシェルの登場を望む。

 

レース予想

ネプチュナイト快走<2つの記録を同時達成>

読了までの目安時間:約 2分

 

日曜日の京都競馬は、前日から快時計連発の芝のレースに加え、サトノギャロスが3歳未勝利戦のダート1200Mで記録した1:11.6という桁違いのスピード決着で始まったこともあり、メインのマイラーズCも、昨年のレコード決着と同等クラスの時計になるかもしれないと皆期待はしていたのだが、グァンチャーレが逃げるような展開でレースの上がりが極端になったというくらいで、ただひたすらに、ダノンプレミアムの強さが際立つだけの結果に終わった。

その代わりと言うとおかしいが、特別一番手の9R比良山特別<芝2200M/1000万下>では、マイル戦のメインより3秒ほど速い5F通過のアゲアゲな展開から、先入観のなかったテン乗りのシュタルケ騎手が駆ったネプチュナイトが、正攻法での抜け出しで猛然と追い込んできたチャロネグロらを全く寄せ付けず、3年前にグリュイエールが記録した時計を0.2秒上回る、2:09.7の新日本レコードを樹立した。

また、管理する友道康夫調教師は、02年の開業から20年弱で通算500勝をこのレースで達成。

ハルーワスウィート3姉弟・妹を筆頭に、ダービー馬2頭を同時期に誕生させるなど、2000M以上のクラシックディスタンスにおけるコンスタントなGⅠ優勝の印象深さからも、もう誰もが認める名伯楽の域に達していると言える。

まだ50半ばの師である。当然、折り返し点の小さな記録に過ぎない。

馬自身はダンビュライトの一つ下の弟。

今年はユーキャンスマイルがいるが、来年は彼が春天の有力馬になる。

 

ニュース

裏GⅠルート・新潟大賞典

読了までの目安時間:約 3分

 

メジロパーマーの例

前年にGⅢハンディキャップ戦の札幌記念を制しておきながら、天皇賞に行くわけでもなく、福島に行くわけでもなく、京都・阪神の障害コースに赴いたメジロパーマー。

飛越が低すぎて…、という逸話は有名な話だが、翌春の春の天皇賞前に、芝1400MのコーラルSで逃げての4着という珍妙な記録を残している。

そして、あの世紀の対決をリードホースとして盛り上げ、今度は旧右回りコースの2200M戦だった新潟大賞典に参戦し、骨っぽい相手に4馬身差圧勝。

直後にマックイーンもテイオーも故障で回避の宝塚記念を快勝する。

大久保正陽調教師は、ナリタブライアンの故障後のローテで、皆を驚愕させた末に、再度故障のきっかけを作って、それは大変な非難を浴びたわけだが、このオセアニア方式のパンチの利いたレース選択は、実は、4年も前に実践されていたのである。

酷いレースからの巻き返し

一番良くなかったのが、12年11着のトーセンラー。

翌年のその頃は、フェノーメノとのパワー勝負に挑んでいたはずなのに、オルフェーヴルに菊花賞で好き放題やられてしまってから、その時の上位3頭が揃いも揃って、ぞっとするようなレースを繰り返し、みんな同時に潜伏期に入ってしまった。

ただ、日経賞の頃から、ウインバリアシオンが元気さを取り戻して、いつもくらいの走りはできるようになったから、鳴尾記念を経てトーセンラーも、また宝塚のオルフェーヴルの復活劇もあったのだ。

全4勝が京都外回り戦のトーセンラーにとって、ここでもそのあと使った新潟記念でもそう、加速装置がない茫洋たるコース形態が、異常に向いていない面はあったのだろう。

以降、武豊騎手を背に、きさらぎ賞の時の輝きを取り戻していくわけだが、あまりにもらしくない姿は、当時、痛々しく感じたものである。

今年は準オープン勝ちの組が、外国人騎手騎乗可能の条件が整ったため、人気になりそうだが、一息入ったローテなので、左回り巧者で妹が重賞馬になったばかりのアストラエンブレムが怖いものの、休み明けでも決め打ちで勝負できるミッキースワローが有利で、かつ、上がり目もありそうな組み合わせだ。

 

コラム

平成の出世レース・やっぱり谷間重賞なんですね

読了までの目安時間:約 3分

 

福島牝馬S

11⑥レインボーダリア<新潟>

 

フローラS<☆オークス馬>

17①モズカッチャン

10①サンテミリオン☆

 

01②レディパステル☆

90①キョウエイタップ②ダイイチルビー

89⑤ライトカラー☆

 

マイラーズC<!安田記念馬>

18②モズアスコット!

12②13③ダノンシャーク

阪神

08①09②カンパニー

<変則中京1700>

94①ノースフライト!②マーベラスクラウン④ネーハイシーザー

 

GⅠ馬続々登場となった謎の塊現象と、3歳馬がいないことによるリピーター率の高さが影響をしている部分と合わせて、3年周期くらいでいいリズムに変わることがある古馬重賞に対し、大物がいても、結局、好走することがないと先が見通せないオークストライアルのフローラSと、キャラはどれも似たり寄ったり。

 

理由がないとGⅠには届かないということと、ここに名の出てこない2着3着まではあった馬の多さから、この企画で最も拾いづらい裏番組的重賞群が連なる、非GⅠ向き連峰ウィークとここでは名付けておく。

必要な要素が大体備わっていて、時計もそれなりに出る日曜の2GⅡが、これでもかと本番はおろか、後々のビッグレースに繋がってこないのは、近年では特に、はっきりと表れている傾向。

 

春には間に合わなくても…、という言い訳は、もはや、路線外たる福島牝馬S組にしか当てはまらない。

裏を返せば、底力勝負になりやすいからこそ、このGⅡで結果を残してから、あとのプラスアルファをGⅠでブラッシュアップするしかないという、本質的な前哨戦の意味合いはあるのだろうが、にしても、情けない傾向である。

 

派手な配合の馬が活躍しない舞台であることを象徴するように、ミラクルアドマイヤ、サクラトウコウといった、なかなかに地味な血統だけで種牡馬になった馬の代表産駒が、ここに登場する。

サンデー系でもゼンノロブロイとか、ニジンスキー、トニービン、ブライアンズタイムなど、今だとピントがずれている配合の馬への密かな期待が、やがて実を結ぶことを祈るのみだ。

 

コラム

福島牝馬Sのスター

読了までの目安時間:約 3分

 

連覇

12 13 オールザットジャズ<タニノギムレット>

 

ヴィクトリアマイル好走

09①→② ブラボーデイジー<クロフネ>

15⑤→③ ミナレット<スズカマンボ>

 

リピーター

09①10② ブラボ―デイジー

11<新潟>12② コスモネモシン<ゼンノロブロイ>

オールザットジャズ

 

GⅠ馬

10①レジネッタ<フレンチデピュティ>

良馬場で1分46秒台が平均的な勝ちタイム。

先行残りが多いようで、決め打ちの差し追い込みタイプが高確率で連に絡む。

 

福島重賞の基本形を体現しつつ、案外、ローカル戦が多い牝馬路線だけに中京や札幌にコネがあるようで、季節柄もあるのか、直前の中山牝馬Sとしか繋がりが生まれない、ローカル重賞の本質的な独立性も、目立った傾向として出ている。

単純に平坦馬場という感じでもないから、中山と形態が似ていることが影響しているのかもしれないが、京都、阪神で好走してきた馬も当然、上位争いには加わってくる。

 

ミナレットのイメージが、みんなの考える福島牝馬S向きの象徴的存在のように思えて、末脚自慢のオールザットジャズが唯一の連覇馬。

牝馬限定の別定重賞というのは、意外とリピート率が低い。

斤量激増の原因が、前年の実績にあると同時に、牝馬は年ごとに好不調がはっきりと出やすい面があるからだ。

 

スター誕生を予感させたのは、そんなオールザットジャズと新潟開催の時のフミノイマージンだったが、大一番には縁はなかった。

勝ち馬のほとんどがダート兼用の種牡馬の産駒であり、ディープ産駒にはフィールドであるはずの1800重賞で勝ち星がない重賞が、この福島牝馬Sと特殊条件になりやすい札幌2歳Sだけ。

父似の馬が体型の面でもそれが現れた時に、思われているよりもずっと、小回り向きの一瞬の末脚がそれほど使えない。

 

なるほど、特殊化した牝馬が多いはずもなく、オープンレベルの絶対数が牝馬の方が少ないから、リピーターもローカル要員もあまり生まれないのだろう。

春の牝馬重賞は、やはり一筋縄ではいかないのである。

今年はレベルが高そうだが、秋以降に期待か。

 

コラム