今週の中央・南関東・地方競馬の無料予想

競馬予想ブログ JUST – 血統と追い切りで的中率アップ

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース

敵情視察<美浦の秘密兵器に栗東調教師軍団が…>

読了までの目安時間:約 2分

 


一時期よりは、東西格差という文字が躍ることもなくなったが、今春のGⅠでも7勝-5勝と、関西馬が優勢。 例によって、交流GⅠは圧倒的な栗東所属馬の天下であり、唯一の例外は、今回は地方馬のヒガシウィルウィンが勝ったジャパンダ…続きを読む

 

ニュース

2017年 POG反省会

読了までの目安時間:約 3分

 


某雑誌のPOG企画に必須アイテムとなっている「別冊2歳馬写真一覧」を、それが目的で今年も購入したので、では昨年のはどうだっただろうかと、ちょっと見返してみたのだが…。 筆者はその冊子の中から、ソウルスターリングという才能…続きを読む

 

コラム

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 


2017年日本ダービー(東京優駿) 回顧

 

タグ :  

レース回顧

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 


2017年日本ダービー(東京優駿)予想|有利な枠順/過去10年のデータ傾向/最終追い切り/出走予定馬

 

タグ :  

レース予想

親仔制覇<ダービークロニクル>

読了までの目安時間:約 3分

 


先述のキングカメハメハ - ドゥラメンテ以外にも、この30年は親仔制覇を目撃することが多かった。 一応、これも除外対象か。 <72回>ディープインパクト - <79回>ディープブリランテ、<80回>キズナ、<83回>マカ…続きを読む

 

コラム

初制覇の瞬間<ダービークロニクル>

読了までの目安時間:約 3分

 


これは毎年、誰かが初制覇しているので、3パターンについて考えてみた。 ・クラシック初制覇がダービーというパターン<敬称略> 騎手:<54回>根本康広、<57回>中野栄治、<63回>藤田伸二 調教師:<54、57、66、6…続きを読む

 

コラム

ダービーレコード<ダービークロニクル>

読了までの目安時間:約 3分

 


87年以降に行われた過去30年のダービーを振り返り、この間に起こった様々な名シーンを回顧いていきたい。 まずは、期間中4度更新された「ダービーレコード」について、その思い出の記憶を辿っていくとする。 ・88年<55回>サ…続きを読む

 

コラム

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 


2017年日本ダービー(東京優駿) 展望

 

タグ :  

レース予想

偏り – 春に活躍するキングカメハメハ産駒

読了までの目安時間:約 3分

 


キングカメハメハは芝の一流馬ほど、春に良績が偏る。 上半期に二年続けて重賞を2勝したトゥザグローリーに、15年の同期間重賞4勝のラブリーデイ、初GⅠ勝利がシーズン末期の晩春の香港だったルーラシップ。 それに春二冠、秋はほ…続きを読む

 

コラム

春GⅠ注意報

読了までの目安時間:約 3分

 


■波乱必至の高松宮記念 誰がどうみても中心馬不在のメンバー構成。 前々週時点で発表された登録メンバーを見渡しても、軸にしたいと思う馬がほとんどいないというどうしようもない状態で、やる気が出ない。 アンパンマンと逆で、雨が…続きを読む

 

コラム

降級廃止問題

読了までの目安時間:約 2分

 


今週になり、久々に降級制度撤廃に向けた情報が表に出てきた。 JRAは予てより、勝負の根本を重視した条件戦の勝ち抜け制を原則とした事実上の降級制度廃止を検討しており、日本調教師会、日本馬主協会連合会等の関係団体との協議を進…続きを読む

 

ニュース

繋がる有馬とは – 有馬記念を勝って、翌年GⅠを2勝以上した馬は…

読了までの目安時間:約 2分

 


有馬記念を勝って、翌年GⅠを2勝以上した馬は、ここ30年で1頭たりとも存在しない。 テイエムオペラオーを筆頭に、春に1勝するのが関の山。 2着馬はどうか。 2015年までの20年で、GⅠ勝利の馬は、 マーベラスサンデー<…続きを読む

 

コラム

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 


2016年有馬記念 回顧

 

タグ :  

レース回顧

お知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 


2016年有馬記念 予想

 

タグ :  

レース予想

有馬からのスタート<ハーツクライとヴィクトワールピサの前例>

読了までの目安時間:約 3分

 


<ハーツクライとヴィクトワールピサの前例> ナリタブライアンもオルフェーヴルも海外GⅠには縁なし。出ようが出まいが、勝てなかったという事実は変わらない。 成功者の多い有馬ウイナーだが、ここを起点とするために必要だったもの…続きを読む

 

コラム