気になる枠順の有利・不利

普段は枠順を気にしない競馬ファンも、ある特定のコースについては神経を払うようです。例えば外枠が有利な中山のダート1200M、内枠が有利な阪神の芝1600Mなどです。

中山ダート1200Mは、スタートしてダートコースに入るまでのしばらくは斜めに横切る芝コースを走るため、芝の部分を長く走ることができる外枠が有利となるのは理論的にも明らかです。

また、阪神芝1600Mはスタートしてすぐにコーナーを迎えるため、外枠の馬にとってはよほどの好ダッシュを決めないかぎり、いきなりコーナーの外をまわるという大きな距離ロスを生じるコースです。

以上のように枠順による有利・不利の大きなコースで公正な競馬ができるのかという問題もありますが、新潟の直線1000Mのようなコーナーのない競馬もハッキリ言って面白くありません。大事なことは、枠順の有利・不利についての正確な判断をすれば、他の競馬ファンより自分が有利になれるということです。

枠順についての基本的な考え方

前述のような極端な例だけでなく、その他のコースもスタートしてから最初のコーナーまでの距離がよほど長くないかぎり、内枠と外枠が平等というわけではありません。そしてこれは出走馬の脚質とともに考えなければならない問題です。

中山のダート1200Mなどは例外ですが、よほどハイペースとならないかぎり内々を走る内枠の逃げ・先行馬が有利、これが基本です。同じ内枠でもスタートの悪い馬や追い込み馬は、内に包まれる可能性が高く不利な場合があります。

しかし、出走各馬の脚質がばらばらで、いわゆる縦長の展開となった場合は別です。下手に外を回ることなく徐々に好位に進出できる差し・追い込み馬に有利となる場合もありますので、展開をシミュレーションする必要が出てきます。

外枠でもっとも不利となるのは逃げ馬と先行馬です。コーナー手前で自分のポジションにつけるために、たいていの場合、思いっきり脚を使わなければならないからです。しかし場合によっては楽に先手を奪えることもあります。それは内側に先行力のない馬または差し・追い込み馬などが揃ったときです。こうなると楽に先手を奪い、おまけにマイペースとなれば、この上なく有利となります。

また、気性の悪い馬や馬群につつまれることを苦手とする馬が外枠に入り、今までにない力を発揮する場合など、枠順による有利・不利を考える場合、さまざまな要因がからみあいます。

どのコースでも枠順別の統計(出目)が出ていますが、鵜呑みにするのは禁物です。できるだけ出走各馬の脚質を考え、展開をシミュレーションしながら枠順が有利か不利かを考えるべきです。

「タダの裏情報で【万馬券】をGETする方法」など
貴重な記事満載!!
競馬必勝法各論TOPページ

メインメニュー

競馬必勝法メニュー

競馬予想コラム

メルマガ登録ほか

殿堂入りメールマガジン

世界の子供にワクチンを 日本委員会