再度、夏のクラス編成について

さて、今週から競馬が変わります。 毎年恒例、夏のクラス編成です。2歳馬が新馬デビューし、3歳馬は古馬と一緒に走ることになります。 3歳馬と古馬のどちらが強いのでしょうか?

1000万で上位争いをしていた馬が500万に降級してきたりするので やはり総体的には古馬が有利。これは統計的にも明らかです。ただ、クラス編成後の古馬が有利でありすぎたため、3年前に 『 世代間の基礎重量差に関しての改善』という処置がとられました。

だから4年以上前のデータは、あまり参考にできません。 この処置で古馬に対して3歳馬の斤量が比較的有利になりましたが、月が替わるごとに徐々に斤量差が減ってきます。 有利な斤量で出走できるうちに使いたいと、それにあわせて予定を組む厩舎もあるでしょう。

斤量に敏感な馬にとっては、かなり重要なポイントですから 馬券戦略上も知っておいて損はないと思います。 『 世代間の基礎重量差に関しての改善 』に関しては、当時JRAの詳しい方にお聞きして書いたページがサイト内にありますのでご覧下さい。 (一応、記述内容は2002年のものですのでご注意ください。)

『 世代間の基礎重量差に関しての改善 』

.............................................

先週のプロキオンSは、◎ニホンピロサートに見せ場なし。

鞍上の小牧太は「〜稽古が強すぎた影響があった」と振り返っておりますがサイレンスボーイが引っ張った超ハイペースを好位で追いかけたことも敗因のひとつだと思います。

夏競馬の注意点。

確かに、直前で目一杯追い切った馬には注意が必要です。 特にこれからの時期、ローカルへの長距離輸送を考えたら、軸にはしにくいパターンです。関西では現在、阪神開催で問題ありませんが、栗東から福島への輸送は一番キツイです。

栗東から新潟・小倉へは比較的短時間で輸送できますが、 これが中 1週となると、ほとんど「消し」です。夏競馬はローテーションで目に見えない「消耗」を推測しましょう。

※このコラムは、2005.06.15及び2005.06.22に発行したメールマガジン「馬券名人養成プログラム」に掲載したものです。

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方

無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法です。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中実績から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

メインメニュー

競馬必勝法メニュー

競馬予想コラム

メルマガ登録ほか

殿堂入りメールマガジン

世界の子供にワクチンを 日本委員会