予想会社の社員になるまで(7)

グリーンブックの謎

私は統計の取り方を大きく変えて、どういうパターンのときに、どのような枠番が強いのか(出やすいのか)を調べ始めました。「特定の開催日において、第1レースに特定の連番が出たときには、その日の○レースに○という枠番が出やすい」という統計結果を出すわけですが、この「出やすい」にも、「他の目に比べて出やすい」場合と「他の目に比べて断トツに出やすい」場合があります。

しかしその偏りが著しいパターンが出てくるというのは、統計データの量が少ないということを表しています。いくら10年以上のデータがあるにしても、まだ足りていないということだったと思います。

(記憶がハッキリしないのですが、そのころは確か開催日と第1レースに出た連番を、開催場ごとに分けて統計を取ってたような気がします。)

そこで私は「特定の開催日において、第1レースに特定の連番が出たときには、その日の午後(7~12レース)に○という枠番が出やすい」というように、ターゲットとなる出現範囲を広げることにしました。

私はその結果を元に作成した出目本を、「これは最強の出目本だ」と考え、週末を待ちわびました(何度打ちのめされても、毎回このように自信満々でした)。ちなみに私はこの出目本を使って、競馬予想会社を始めようなどとは思いませんでした。他人には教えず、自分だけでコソコソ儲けようと思っていたからです。

この統計を取るキッカケとなった出目本は、予想屋のオヤジが「グリーンブック」と呼んでいたように、表紙が緑色でした。しかし「グリーンブック」というのは、ある競馬予想会社が通信販売で売っていたものです。

競馬予想会社の広告がオンパレードだった週刊競馬報知にも載っていたので、競馬ファンの間ではそれなりに有名だったはずです。それが場外の露店で売られていたものと同じものだったのかどうかは、未だに謎です。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想③ 京阪杯2020の徹底予想はコチラ!