予想会社の社員になるまで(18)

クレームだけではない、会員さんとの対話

インターネットを使った、今のシステムとは違い、当時の競馬予想会社はほとんどのクレームを電話で受けておりました。ハガキや封書でくることもありましたが、それはごく稀なケースです(毛筆で書かれた手紙には、ちょっと恐怖を感じました)。

一流私大出身で大手企業から競馬予想業界に転身した課長は、頭の回転が早く口も達者でしたが、あらゆるクレームに対して、流暢かつ理論的に説明し会員さんを納得させておりました。私たち部下は感心して見ておりましたが、決してマネることはなく、一人ひとりがそれぞれのスタイルで対応しました。

課長を含め全員が馬券でやられた痛みを知っていたし、優しい人柄でしたので、忍耐強く対応しておりました。強引に言い負かしても、上手くできたということにはなりません。

相手が会社に不満を持ったままの状態で電話を切った場合、それは何らかの形で返ってきます。その顕著な例として、広告を掲載するスポーツ紙や雑誌の出版社、さらには先生の所属する専門紙の編集部へのクレームがあります。

今であれば、インターネットの掲示板で、有ることも無いことも書き込まれ、これがインターネットを中心に集客を行っている会社であれば、経営上、大きな痛手となります。

これらの電話は、運が悪ければ30分以上の長丁場となります。そこまで長いと、クレームだけではなく、愚痴、そして世間話や競馬談義へと発展します。そのようなことがあって、私たちは初めて会員さんのことが分かるのです。

会員さんがどのように馬券を買っているのか、他社も併行して利用していたとか、競馬予想会社を利用する方々の意外な事実が判明しました。

※広告を掲載するスポーツ紙にクレームが入るとどのようなことが起こるのかは、コチラもご参考までにご覧下さい。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想③ 京阪杯2020の徹底予想はコチラ!