予想会社の社員になるまで(8)

ついに万馬券的中!しかも2点で!

私はいくつかの予想会社に目をつけて、週刊誌の広告は毎週チェックしていました。「こんなに当たっちゃうのかよ~」とワクワクしながら、どこに入会しようかと選んでいた記憶があります。予想会社に入会する競馬ファンの多くが、最初はこのようにワクワク感をもたれているのではないでしょうか。

しかし私はそんな逸る気持ちを抑えながら、もうひとつのワクワク感である自作の出目本を持って毎週末を迎えました。

週末が来ると(完全週休2日制ではなかったので、競馬は日曜のみということもありました)、第1レースの枠連の結果を自宅で確認し、午後のレースが始まる前の昼休みに渋谷場外に到着。事前にチェックしておいた専門紙「勝馬」を見ながら最終決定を行いました。

勝馬の予想家のなかで私が特に重視していたのは二宮さん、古川さん、田島さんの予想で、その方々の◎印と出目本で指定された「強い目」を絡めた馬券を購入しました。

そのようなことを何ヶ月か続けていましたが、やはり改良型の威力で、それなりに当たるようになってきました。統計の取り方に大きな変更はありませんでしたが、毎回小さなアレンジは加えておりました。

そして忘れもしない、8月の新潟開催(3回新潟4日目)のことです。その日の午後、出目本には「6枠」が強く出ることが示されていました。

私は第7レース以降、6枠を軸に馬券を買い続けました。第7レース、第8レースとハズした後の第9レースは6枠からの2点流し。6枠は△が1つしかない、全くの人気薄でしたが、これが見事に2着。12,000円台の万馬券を僅か2点で的中させることができたのです。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想② チャンピオンズカップ予想はコチラ!
今週の注目レースを予想③ クイーン賞の予想