予想会社の社員になるまで(13)

3連敗で即、あきらめる潔さ

確信は夢でもありました。資金が増えたら投資額も増やすという「段階的」なコロガシで最終的には1000万を獲得するという、競馬予想会社Yの広告宣伝用の企画には魅力も感じましたが、私は予想そのものに期待しておりました。

たとえ爆発的な回収率がなくても、トータルでプラスが出る予想さえあれば、それは金脈を見つけたことになります。私が求めていたのは「買えば買うほど儲かる馬券」でしたから、普通に買っていて、若干でも利益がでれば、もう夢を掴んだも同然なのです。

そして普通に買うよりも少しだけ回収率を上げられればと思い、外れた次のレースには投資額を増やすというやり方を選んだのです。この方法は、「追い上げ」と言われる買い方ですが、投資額を2倍ずつ増やしていく「マーチンゲール法」ほど危険な投資法ではありません。しかしこれは的中率が6割もあればそれほど連敗の危険性もないだろうという想定だったのです。

しかし、その翌週、そしてその翌週と「勝負レース」は外れ、3連敗。いつもはもっと当たっているのかもしれないし、私たちの運が悪かったのかもしれません。しかし、この時点で夢も確信も消えてしまいました。

会費の有効期限は残っていたし、3連敗したのですから、普通なら「今度こそ当たるはずだ!」と最後の賭けに出るところですが、私は、そして一緒に入会したKも、もうそこの予想を聞くことしませんでした。

競馬予想会社Yの広告が誇大だったとは思いません。それより、私はそこで予想監督をしている予想家の本を読んだこともあって、そこに書かれていた競馬予想に関する理論が本物であると思っていたし、その理論を提唱した本人が確信を持って提供した「勝負レース」であれば「買えば買うほど儲かる」はずだと信じていました。

そこまで信じきっていただけに、3連敗した時点で、頭を金槌で殴られ、全てがリセットされたようでした。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想② チャンピオンズカップ予想はコチラ!
今週の注目レースを予想③ クイーン賞の予想