予想会社の社員になるまで(6)

出目研究にハマる日々

当時の私は時計やラップ、距離、コース適正、血統、厩舎作戦などによる一般的なレース検討をするタイプではなく、あんちょこ(出目本)や競馬予想会社(予想屋)などを上手く利用することによって利益を得ることができるはずだと考えていました。

そして最初に熱中したのが「出目研究」だったというワケです。私が最初に取った統計は、第1レースの結果(枠連の的中連番)による、第2レース目以降の出目傾向を開催日(初日~8日目)ごとに集計するというものでした。

場外の予想屋が売っていた出目本と同様の統計を取ったワケですが、出目本と私の統計結果には大きなズレがありました。そして私の統計は長期間のデータを集計したものなので、あまり偏りが出ていないのです。

しかしいくつかのケースでは大きな偏りが出ており、これだけを買っていたら儲かるのではないかと思い、ワクワクしながら自身だけの出目本を作りました。そして週末、その威力を試すことになりました。

週刊競馬報知に掲載されていた、いくつかの競馬予想会社のことも気になっていましたが、この出目本によって近い将来、成功を手に入れることができると思い込んでいました。

しかし、思いつきで短期間で作り上げられた出目本がそう簡単に当たるものではありませんでした。毎週毎週、統計の取り方にアレンジを加え、毎週末、実践で試すということを繰り返したのです。

時には当たって儲かることもありましたが、ハズれてしまうと、その日曜日の夜からまた新たな方法で統計を取り直すという競馬一色の私生活。このような、夢と現実の間で引くに引けない状況が何ヶ月か続いたある日、あることに気付きました。

「出やすい連番」があるのではなく、「出やすい枠番」があるのだと。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想② チャンピオンズカップ予想はコチラ!
今週の注目レースを予想③ クイーン賞の予想