予想会社の社員になるまで(14)

競馬に関する仕事を発見!

勝負レースの3連敗であっさりと競馬予想会社を退会。退会といっても期限が切れる前に予想を利用しなくなっただけで、期限が切れる前に「継続のご案内」なるものが届いたが、単に継続手続きをしなかっただけです。

入会にあたって電話番号の登録は必要なかったし、有名な予想家が看板になっていたので、退会の際も、しつこく電話がかかってきたり脅されたりするのではないかという心配はありませんでした。しかし、折半したとはいっても、入会金と会費、そして馬券への投資額を合わせると、結構な出費でした。

あの3連敗で、競馬で儲けようという強い気持ちがリセットされたはずでしたが、やはり懲りない性分というのでしょうか、気がつくと出目研究の日々に逆戻り。以前ほど夢を感じてガムシャラな研究ではなく、単なる競馬好きサラリーマンのしがない生活がしばらく続きました。

しかし平穏なサラリーマン生活は、ある日突然終わることになるのでした。その日、会社に行くと、朝一番で上層部から「今日で会社を閉じることになりました」と告げられ、少ない社員全員に予備手当てとかいう金一封が手渡され、すぐに会社から出て行くようにと言われたのです。私たちは考えるヒマさえ与えられず、自分の持ち物を持って会社を後にしたのです。

会社から出ると、みんなで喫茶店に寄って、いろいろと話し合ったのですが、どうも上層部が犯罪的なことをしでかしたのではないかということが明らかになりました。そういえば以前、怖そうな人たちが会社に怒鳴り込んできたとき、上層部の某が応接間に通して話をつけたことがありました。怖そうな人たちがへらへらと頭を下げて出て行ったので、上層部のやつらがただ者ではないことだけは気づいていました。

またプー太郎の日々が始まるのでしたが、今回はすぐに数種類の就職情報誌を買って早めに転職先を探し出しました。探し始めて、2週目か3週目だったと思いますが、ビーイング(その後廃刊)に「競馬関係」の社員募集があったので、さっそく応募したのです。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

今週の注目レースを予想③ 京阪杯2020の徹底予想はコチラ!