予想会社の社員になるまで(2)

あんちょこ予想屋との出会い(その2)

平均的な競馬ファンよりも馬券に使う金は多かったと思います。なので馬券を当てることに全能力を集中していたことも確か。でもそれだけでは神経がまいってしまうので、馬券売り場の中に入ったり出たり。外に出て近辺をうろついていれば、当然予想屋の威勢のいい声が耳に入ってきます。

皮がこげたいつもの焼きフランクフルトを食べながらギャラリーの一番後ろに立って聞いていると、その予想屋はなんやら小さくて薄っぺらな本をガラガラの声で売っていました。100枚はあるかと思われるワラ半紙をどさっと置いて、そこにマジックで字を書きながら本の使い方を説明していました。

当日の第1レースでどのような枠連買目が出たかによって(当時はまだ馬連は発売されていなかった)、その日の出目傾向が分かるというもので、その小さな本には開催日と第1レースの結果買目ごとに以降のレースでもっとも出やすい買目が記されていました。

予想屋は過去の実績を、実際にその本を使い、開催日が4日目で第1レースが56だったときはこのページで、ここに書いてある買目をレースごとに買っていくのだと、ワラ半紙に書きながら説明していました。なんと1点買いで1日に2〜3レースほど当たっているです。

馬が走っているのではなく数字(枠番)が走っているのだと予想屋は言います。なので人気には関係なく高配当も簡単に当たり、ギャラリーの何人かは関心してしまうのです。予想屋は開催日と第1レースの結果ごとにいろいろなパターンを、これでもかと(ワラ半紙をめくって書き込んでいきました。

過去の結果ですからたまたま当たったものだけを誇示しているのだろうと、私だけでなく多くの客は思っていたに違いありません。しかし我々の心を見通しているかのように、予想屋は当日の予想について説明を始めました。

次の話はこちら

「予想会社の社員になるまで」目次

競馬予想会社の正しい探し方 トップページに戻る


* * * * *

当サイト(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

メインメニュー

実力上位【確認済み】

■ヒットザマーク
無料的中例
2019/11/17 3連単
 14万9,320円的中
無料情報 WIN5最高配当
 398万6,970円
>> ヒットザマークの詳細

■ターフビジョン
無料的中例
2019/12/08 3連複 14点
 7,930円的中
2019/06/02 3連複 15点
 19,800円的中
>> ターフビジョンの詳細