有馬記念予想【2019年】

長距離カテゴリーの厳しい展開を、アーモンドアイは実は経験していない

アーモンドアイの電撃参戦により、牝馬が5頭も出走する。

それに完敗の牡馬勢が多いから、人気も牝馬が上位に挙がるだろう。

とはいえ、牝馬が確実に走れるという保証もなければ、持ち味の決め手やスピードがフルに発揮されることが勝利に繋がるというほど単純なわけではない上に、春の安田記念同様、アーモンドアイが闖入者として出現した流れ。

レースに影響を大いに及ぼすが、長距離カテゴリーの厳しい展開は、実は経験していないのも怖い。

勝機は大いにあるが、そういう時ほど、インディチャンプのような本流の候補に有利に働く展開が予測される。

敢えて、ルメール騎手はきっと乗りたかっただろう池添謙一騎手に乗り替わったフィエールマンから入る。

どう見ても小回り向きではないが、あのラジオNIKKEI賞でついていけなかったフィエールマンでは、もはやない。

凱旋門賞で好位付けをした、実力派の中長距離型である。

その凱旋門賞の敗因をどう分析し、反動等を見極めていくかは重要なファクターとなるが、至極単純に、ここはローテも馬場も距離も、普段やってない競馬もその全てが敗因となったとしたい。

日本で良馬場しか経験のない馬が、本格的な道悪馬場の欧州競馬で健闘を見せることはあり得ない。

それと比べ、本質的には長いはずの春の天皇賞は、何度となく位置取りを変え、結果、後に香港ヴァーズ圧勝のグローリーヴェイズに、自ら脚を使いながら、マークさせることで消耗させながら、併せ馬の最後はちょっとまた突き放すような完勝であった。

昨年ほどの馬場ではちょっと怪しいが、昨年よりいくらか馬場の質は軽い。

母はJC参戦も、格下扱いでゼンノロブロイらに完敗のリュヌドール。

注目はその父のグリーンチューンで、これがエイシンプレストンと同じグリーンダンサー。

おまけにノーザンダンサーの3×4まで共通。

ただし、エイシンプレストンと同じようにテディ系などの異系色の強い血が重なっている一方で、グリーンチューンには、仏マイルGⅠ2勝を可能にしたミスタープロスペクターの存在が、色濃く影響いている特徴が見受けられる。

距離適性などはエイシンプレストンとそっくりだが、その大種牡馬の存在が、ネイティヴダンサーの継続的なクロスを可能にし、フィエールマンは万能のサンデーサイレンス系と相まって、小回りの中距離戦と大きな競馬場の長距離GⅠで両方好走するものの、プレストンは香港で何度も、グリーンチューンはロンシャンでGⅠ2勝など、偏りが出るのもまた傾向としてはっきり出ている。

こういう場合、中山はやはり苦手ではとなるわけだが、初の中山で快勝後、自在に様々な右回りの競馬を経験し、淀みない展開となりそうな今回の有馬記念に挑むのであれば、むしろ、コーナー6つの競馬の経験値込みで、かなりのアドヴァンテージがあるように思う。

ニジンスキーというと、スペシャルウィーク親子や2度とも勝てなかったスーパークリークの例があるから、あまり歓迎の血統とは言えないものの、相手は左回り巧者の牝馬であり、やや実力に陰りの見えている5歳牡馬、脚の使い方に注文がつく3歳などである。

力でねじ伏せる競馬を中山でしたならば、フィエールマンはあのアーモンドアイが早く仕掛けた時、唯一差し切れる力を秘めた天才として、再び脚光を浴びる可能性は大いにある。

無論、受けて立つ競馬でも交わされない、その唯一の存在となり得るのが彼だ。

池添騎手とルメール騎手は、全くの同学年。

思えば、昨年もこの二人の位置取りで勝敗が決した。

オルフェーヴルが最初に勝った時の2着エイシンフラッシュの鞍上もルメール。

その時々で、一番乗れている騎手を葬ってきたグランプリ男にもたらされた幸運の緊急参戦は、本来の狙いになかった女王の緊急参戦とは意味合いがあまりにも異なる。

引退レースを制した馬があまりにも少ないように、そもそも戦略を立てづらい有馬記念へ、目先を変えての出走そのものに、とりわけオーナーサイドの神経が疑われても致し方ないだろう。

ここは海外遠征で大失敗の男の意地を、大いに見せつけてもらいたいものだ。

追い込み濃厚も、内枠なら選択肢が増えるエタリオウの復活も近いだろうから、これもしっかりと押さえたい。

◎フィエールマン
○アーモンドアイ
▲エタリオウ
注サートゥルナーリア
△ヴェロックス、リスグラシュー、キセキ、アエロリット

有馬記念 回顧 - アーモンドアイ、動いた正面スタンド前のその根拠が一体何だったのか?

猛ペースが生んだ驚異の圧勝劇

リスグラシューが強いことはみんな知っていたが、アーモンドアイが惨敗するとは誰も思っていなかった。

速いからみんな仕掛けなかったが、アエロリットが速すぎるので、どこから動いたらいいのかわからない競馬。

思えば、池添謙一騎手が乗っていたオリエンタルアート兄弟が何度となく輝いた舞台。

その乗り替わったことがアンチの興奮を生んだフィエールマンが、まずまず理想の立ち回りをして、流石はグランプリ男という競馬をしたのだが、そういうことが通用しないレースになった。

2頭が、アーモンドアイとフィエールマンがこれから一騎打ちをするぞと思った刹那、ダミアン・レーン騎手とリスグラシューは、理想の中団待機策から、あまりにも手応えがあることもあって、わざわざ大外まで持ち出していた。

実は、勝者の2者はその時点で、その後一瞬で起きる劇的圧勝への展開を理解し、誰よりは早くそうなると悟ったのである。

それにしても、ディープインパクトやオルフェーヴル、シンボリの3頭も異様に強かった有馬という印象が、ファンの年齢問わず、様々な記録として残されていて、記憶もそれぞれに持って入りわけだが、これが有馬記念なのである。

筆者の読みも甘かったと言わざるを得ない。

結局、ここで一番強いのはリスグラシューとしないと、この結果は読み解けなかったのである。

アーモンドアイが後々、故障を理由とする敗因を挙げる可能性はあるが、動いた正面スタンド前のその根拠が、一体何だったのか、ということを突き詰める必要がある。

最近は差し返すのが当たり前だったアエロリットが失速するようなレース。

本質では守備範囲がそっくりのアーモンドアイが、そこで折り合わせることができなければ、必然の結果だったのかもしれない。

フィエールマンも自慢のロングスパートをかけて、しっかりと勝負に出たが、それは相手の手応えが…、というのもあったか。

ワールドプレミアが自信なさげに追い込んできても、しっかりとそのフィエールマンを捉え切っていた。

差し競馬の典型だったが、内から唯一伸びてきた、それでも最後は外に出したリスグラシューだけが、本当に有馬記念らしい戦い方ができたということになる。

スマートに立ち回り、直線で脚を伸ばす。

ひょろっちいバネだけは見どころを感じさせた善戦ガールだった3年前のユタカ騎手や戸崎騎手が乗っていた頃のリスグラシューではなかった、この日のパドック。

人気3頭は、その血統の持つ良さが全て引き出されていた印象で、エタリオウのやる気スイッチが入った時の漲るような好気配も不気味だった。

ただし、レースぶりがそうであったように、リスグラシューの示した完成形の理想そのものと言える、体の内から放つ自信に基づく迫力は、洋行帰りだからそうであるというほど単純ではない。

ディープインパクトもスローペースであれば、最後の有馬記念はあんなに楽勝ではなかったはずだ。

展開は作れなくても、自分が思い通りに動けるようになったことを示す前躯の成長から来る発達が、トニービンを持つ馬が共通して抱える早期の競馬への適応力の不足であり、それが快勝された時の爆発的な才能の発揮に繋がるわけだ。

苦しい競馬を繰り返した後に幸運が訪れる

ハーツクライはディープを公式に唯一負かした馬だが、今回のライバルアーモンドアイには、揉まれた経験は少しあっても、勝負所で外から被される破壊力を発揮する期待には恵まれなかった。

誰よりも苦しい競馬を繰り返した後に、このような幸運が訪れる。

4歳のトップツーには、そこまでの屈辱的な経験が乏しかったのだ。

サートゥルナーリアも東京でひどいセットアップの失敗を経験して、プライドも傷ついていた。

ようやく、真っ直ぐ走ってアーモンドアイと戦おうとした時、自分の外にアーモンドアイみたいなやつがいた…。

有馬記念というのは、ボーナストラックであって、東京で速く走りすぎた馬には苦しい。

リスグラシューが東京で好時計決着の時に、一度も勝っていなかったことがここで活かされるとは、窮屈な解釈も通るグランプリレースらしい結果となった。

有馬記念の的中配当をさらに10万馬券で増やすには?

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。

2020年11月7日 福島8R 109,670円 的中
2020年10月25日 東京12R 207,000円 的中
2020年10月24日 東京12R 117,400円 的中
2020年10月11日 新潟11R 135,700円 的中
2020年10月4日 中京6R 205,350円 的中
2020年10月3日 中山2R 877,090円 的中
2020年9月26日 中京6R 510,190円 的中
2020年9月20日 中山8R 69,540円 的中
2020年9月6日 札幌10R 461,000円 的中
2020年9月5日 小倉12R 24,810円 的中
↓ ↓
10万馬券攻略法 解説ページ

無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」

無料メルマガなのに万馬券的中!(2019年)

マーメイドS 馬単33,680円
日本ダービー 馬連11,200円
CBC賞 3連単16,300円などを的中

メルマガを無料登録する
↓ ↓
殿堂入りメールマガジン

日本一のメルマガ「まぐまぐ!」の公式マガジンにも執筆!

重賞レースの有力馬解説を公開するメールマガジン 『馬券名人養成プログラム』 は、「まぐまぐ」を通じて、 毎回3,000名以上の読者様に配信。殿堂入りメールマガジンとしても認定されております。筆者は、2004年から2005年にかけて約1年間、そして2008年度も、まぐまぐ!の公式マガジン「競馬のまぐまぐ!」(約20万部発行)に予想記事を執筆させていただきました。

メルマガを無料登録する
↓ ↓
殿堂入りメールマガジン

2019年 有馬記念 展望(2019/11/19)

何か、盛り上がりそうじゃない?有馬。って感じ…。

  • リスグラシュー
    ワンターンでこそ…、のイメージを払拭し、コーナー4つ以上の中距離GⅠをズドンと3勝。
    まあ、適当に括れば守備範囲となるわけだが、ここ2走の内容があまりにも派手。
    また、モレイラ-レーンだったということも留意すべき。
  • サートゥルナーリア
    スミヨン鞍上で、クリストフコネクションによる中山タイトル総獲りに向け、絶賛調整中の天才。
    問題はもはや、コーナーを経るごとに悪い面が出過ぎないかという点だけとなった。
    やはり、シーザリオの仔は揉まれ弱い。
  • ワールドプレミア
    これは馬の値段より、武豊の技巧にフォーカスされる展開に今はある。
    その昔、田原成貴や蛯名正義は、強敵の古馬勢を負かすポイントを押さえ、劇的な快走を見せた。
    人気にならない年ほど、菊花賞馬は怖いが、本当は名手の腕が見どころなのである。
  • キセキ
    最長間隔GⅠ勝利の記録に挑戦する舞台ではないが、その間、全く勝利がない馬となると、もはや同厩舎のカネヒキリ的な有馬劇場を期待させる何かが、ちょっと出てきている。
    凱旋門賞帰りの馬は有馬で強い。まあ、勝った馬はすでに有馬記念を勝っていた馬ばかりだが…。
  • アル共組
    ムイトオブリガード、ルックトゥワイスらが、目黒記念以来のレースでそれぞれ、着順を入れ替えて各々好走。
    JCを挟んで、その後の進路が読みづらいが、大昔の秋天-有馬ローテと考えると、伏兵の狙いはここからがいいかもしれない。

特注は、女王杯から?

特注となると、そろそろ牝馬でも面白いかなというところで、女王杯の上位3番人気内の面々は、ちょっと怖い。

パワフルさと牝馬らしい決め手が魅力。それでいて、結構揉まれ強い。

それでなかったら、4歳の長距離戦グループか。狙い目としては、彼らの安定感は最上位に取れる。

どうも、香港に行きたい馬とこちらに来たい馬で、どこか性質があべこべのような気もするが…。

スピード型は香港でもいいとは思うが。

レイデオロの動向?

レイデオロが出てくると評価が難しい。

昨年でも結構ズブかったが、それがJCでハマるかこちらに出てきてハマるかが読めない。

中山は【3102】だから、はっきりとした狙いがいいようだ。

メルマガを無料登録する
↓ ↓
殿堂入りメールマガジン

有馬記念・狂気の追い込み集(有馬記念予想参考データ)

89①イナリワン
R2:31.7

JC好走、またその前の天皇賞から続く同期のライバル対決に注目が集まる中、春に魅せた衝撃的な破壊力でそれらを撃破。

翌年も地方出身馬が制し、元号跨ぎで有馬を三連覇。

97①シルクジャスティス
GⅠ初制覇

休み明けのマーベラスサンデーと世紀の激闘を制し17年振りに天皇賞馬になった名牝・エアグルーヴとの対戦も、斤量面でもタフな戦いを求めていたという渇望感で、3歳馬のシルクジャスティスが豪脚を披露した。

00①テイエムオペラオー
危険な勝負を制す

危なげないことで面白味と最強度に疑問を呈された7連勝男のオーラスマッチは、下記追い込み有馬史でも傑出する・最も危ない勝ち方をした一戦となった。一度は見てもらいたいレース。

09①ドリームジャーニー
2歳王者による春秋制覇

元2歳王者の3歳と5歳馬が組み合わさるグランプリやJCなどは、まずあり得ない。追い込みを捨てたブエナビスタも魅力的だが、この頃から、池添騎手の凄味が出てくる。

昨年はこの経験も活きたか。

05②06①<ディープインパクト>
展開より体調と経験値という真実

11-10-8-6→12-12-11-10

改めて、勝った年の上がりを見たら、上位勢で唯一の33秒台。また、2、3位の馬が34秒台で共に死んだふり作戦だった。自分自身との戦いが肝要だったことが、これによって証明されたといえる。

有馬記念 過去ログ

有馬記念といえば、古くは秋の天皇賞組の選択であり、今は、JC組と菊花賞組の激突というか、その優位性の判断が的中のカギを握っているといっても過言ではない。

好走すると少し割り引きが必要な近年のJC組の傾向は、その昔、馬鹿みたいに時計が速くなって1か月で立て直せなかった馬の凡走とは異なり、単純にレースの質の変化に対応しきれない馬が多いことが影響している。

一方、クラシックレースの好走馬か、さもなければ、古馬GⅠ出走経験か古馬重賞勝利の戦歴を持つ馬なら通用するという、実に明快な傾向もある。

(2016年有馬記念レース展望より)

有馬記念 過去の結果

2018年 1着ブラストワンピース 2着レイデオロ 3着シュヴァルグラン
2017年 1着キタサンブラック 2着クイーンズリング 3着シュヴァルグラン
2016年 1着サトノダイヤモンド 2着キタサンブラック 3着ゴールドアクター
2015年 1着ゴールドアクター 2着サウンズオブアース 3着キタサンブラック
2014年 1着ジェンティルドンナ 2着トゥザワールド 3着ゴールドシップ
2013年 1着オルフェーヴル 2着ウインバリアシオン 3着ゴールドシップ
2012年 1着ゴールドシップ 2着オーシャンブルー 3着ルーラーシップ
2011年 1着オルフェーヴル 2着エイシンフラッシュ 3着トゥザグローリー
2010年 1着ヴィクトワールピサ 2着ブエナビスタ 3着トゥザグローリー
2009年 1着ドリームジャーニー 2着ブエナビスタ 3着エアシェイディ
2008年 1着ダイワスカーレット 2着アドマイヤモナーク 3着エアシェイディ
2007年 1着マツリダゴッホ 2着ダイワスカーレット 3着ダイワメジャー
2006年 1着ディープインパクト 2着ポップロック 3着ダイワメジャー
2005年 1着ハーツクライ 2着ディープインパクト 3着リンカーン
2004年 1着ゼンノロブロイ 2着タップダンスシチー 3着シルクフェイマス
2003年 1着シンボリクリスエス 2着リンカーン 3着ゼンノロブロイ
2002年 1着シンボリクリスエス 2着タップダンスシチー 3着コイントス
2001年 1着マンハッタンカフェ 2着アメリカンボス 3着トゥザヴィクトリー
2000年 1着テイエムオペラオー 2着メイショウドトウ 3着ダイワテキサス

有馬記念 サイト内関連リンク

メルマガを無料登録する
↓ ↓
殿堂入りメールマガジン

有馬記念 参考リンク